Author 福田 博雅|
Published Date 2000-06-10
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Volume volume7
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author 糸島 耕太郎|
Published Date 2000-06-10
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Volume volume7
Content Type Departmental Bulletin Paper
FullText URL papyrus_025_015_022.pdf
Author 園井 大介|
Abstract  2017年3月に学習指導要領が告示され,私たちのが進む教育の方向性が示された。世界的な潮流と同様に,我が国の進むべく教育の方向性は,資質・能力の育成と言ったコンヒ・テンシーの育成である。算数科においては,「数学的な見方・考え方を働かせ,数学的活動を通して,数学的に考える資質・能力を育むこと」が示され,その趣旨を生かした授業改善が求められる。また,これからの社会は,限界のある「個」で,ものを創り上げていくのではなく,「個」のカを生かしながら,「チーム」で「個」のカを何倍にも高め,「チーム」として倉切上げていく能力がこれからの社会には必須である。そこで,本研究では,新学習指導要領の趣旨を生かすため,第6 学年の「場合の数」における「働かせる数学的な見方・考え方は何なのか」,「培われる数学的に考える資質・能カは何であるのか」について明らかにし,協働的に創る算数の授業について考え,実践し,その実践がどうであったかについて考察していく。
Keywords 数学的に考える資質・能力 数学的な見方・考え方 協働的に創る算数
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Published Date 2018-11-24
Volume volume25
Start Page 15
End Page 22
ISSN 1341-3155
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006549296
Author 金光 一雄|
Published Date 2000-06-10
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Volume volume7
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author 杉本 尚平|
Published Date 2000-06-10
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Volume volume7
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author 伍賀 康晶|
Published Date 1994
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Volume volume1
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author 曽布川 拓也|
Published Date 1997-06-14
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Volume volume4
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author 曽布川 拓也|
Published Date 1997-06-14
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Volume volume4
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author 山野 定寿|
Published Date 2008-11-01
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Volume volume15
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author 圓井 大介|
Published Date 2016-10-22
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Volume volume23
Content Type Departmental Bulletin Paper
FullText URL papyrus_025_038_044.pdf
Author 黒崎 東洋郎|
Abstract  予測困難な未来社会を能動的、協働的に切り拓き、社会貢献できる資質・能力が求められ、算数科にあっては、「数学的な見方・考え方を働かせ、数学的な活動を通して、数学的に考える」という資質・能力の育成が強調されている。新しい算数教育では、「数学的な見方・考え方」を有機的に機能する道具として位置付け、数学的に考える資質・能力を育むことを意図している。位置付けが変更された「数学的な見方・考え方」ではあるが、位置付けを変更した目的は何か、働かせるべき機能をもつ「数学的な見方・考え方」とはどのようなものか、どのように機能する「数学的な見方・考え方」を育成すべきかなど、探究すべき課題が多い。そこで、本研究では、「数学的に考える」資質・能力を育成する道具である有機的な機能をもつ「数学的な見方・考え方」の育成方法を探究する
Keywords 数学的な見方・考え方 機能 数学的に考える力
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Published Date 2018-11-24
Volume volume25
Start Page 38
End Page 44
ISSN 1341-3155
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006549299
FullText URL papyrus_024_047_052.pdf
Author 富永 雅|
Abstract 本年度、2017年3月に小学校学習指導要領が、続く6月にその解説が改訂された。中でも、新たな領域「Dデータの活用」での第6学年における学習事項では、現行同様、度数分布表・柱状グラフが扱われるとはいえ、統計的な問題解決活動や結論の妥当性についての批判的な考察が取り入れられ、新たな教科書には大きな改変が見込まれる。 本稿では、現行の教科書に関する分析を更に行い、また次期学習指導要領・同解説を精査し、特徴や問題点を吟味する。このことは次期教科書に求められる対応につながる考察となる。
Keywords 小学校学習指導要・同解説 データの活用 算数科教科書
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Published Date 2017-11-11
Volume volume24
Start Page 47
End Page 52
ISSN 1341-3155
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006365522
Author 曽布川 拓也|
Published Date 2001-06-09
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Volume volume8
Content Type Others
Author 上尾 晃生|
Published Date 2015-10-31
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Volume volume22
Content Type Departmental Bulletin Paper
FullText URL papyrus_027_1_10.pdf
Author なかがわ, まさき|
Abstract 現行の多くの中学校1年生用の教科書の中で取り上げられている「水汲み問題」について,その内容の数学的な豊かさ,面白さを概観し,併せて,この問題が持つ教材開発の可能性について考察する.
Keywords 水汲み問題 最短経路問題 最大・最小問題 初等幾何学
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Published Date 2021-03-12
Volume volume27
Start Page 1
End Page 10
ISSN 1341-3155
language 日本語
File Version publisher
Author 森金 永二|
Published Date 2009-10-31
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Volume volume16
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author 森金 永二|
Published Date 2008-11-01
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Volume volume15
Content Type Departmental Bulletin Paper
FullText URL papyrus_024_009_014.pdf
Author 山崎 湧太|
Abstract  本研究の目的は,深い学びの実現を目指し,数学的に考える資質・能力を育成するための授業づくりを追究することである。新学習指導要領が公示され,育成すべき数学的に考える資質・能力などが明らかになった。深い学びを実現させることで,その資質・能力を児童に獲得させる必要がある。本事例研究では,特に第5学年の「整数Jについての事例研究を取り上げる。2カ年にわたる授業実践から深い学びを促す数学的活動の工夫が,「整数」の性質としての理解の獲得につながることを明らかにする。
Keywords 「深い学び」 「数学的に考える資質・能力」 「数学的活動」
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Published Date 2017-11-11
Volume volume24
Start Page 9
End Page 14
ISSN 1341-3155
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006365517
Author 森金 永二|
Published Date 2006-10-28
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Volume volume13
Content Type Departmental Bulletin Paper
Author 楠 博文|
Published Date 2006-10-28
Publication Title 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
Volume volume13
Content Type Others