JaLCDOI 10.18926/61635
FullText URL rkiyo56_071_078.pdf
Author 川端 美穂| 小田 成一| 岩谷 諭|
Publication Title 研究紀要 : 岡山大学教育学部附属中学校
Published Date 2021-03
Issue issue56
Start Page 71
End Page 78
language 日本語
Copyright Holders © 岡山大学教育学部附属中学校
File Version publisher
NAID 120007004123
JaLCDOI 10.18926/61634
FullText URL rkiyo56_061_068.pdf
Author 武田 聡一郎|
Publication Title 研究紀要 : 岡山大学教育学部附属中学校
Published Date 2021-03
Issue issue56
Start Page 61
End Page 68
language 日本語
Copyright Holders © 岡山大学教育学部附属中学校
File Version publisher
NAID 120007004122
JaLCDOI 10.18926/61633
FullText URL rkiyo56_051_058.pdf
Author 三村 悠美子|
Publication Title 研究紀要 : 岡山大学教育学部附属中学校
Published Date 2021-03
Issue issue56
Start Page 51
End Page 58
language 日本語
Copyright Holders © 岡山大学教育学部附属中学校
File Version publisher
NAID 120007004121
JaLCDOI 10.18926/61632
FullText URL rkiyo56_041_048.pdf
Author 坪田 智行| 小池 かおり| 山本 芳幸| 岩田 和徳|
Publication Title 研究紀要 : 岡山大学教育学部附属中学校
Published Date 2021-03
Issue issue56
Start Page 41
End Page 48
language 日本語
Copyright Holders © 岡山大学教育学部附属中学校
File Version publisher
NAID 120007004120
JaLCDOI 10.18926/61631
FullText URL rkiyo56_033_038.pdf
Author 猪木 実奈子| 川本 芳弘| 高田 誠| 横林 慎也|
Publication Title 研究紀要 : 岡山大学教育学部附属中学校
Published Date 2021-03
Issue issue56
Start Page 33
End Page 38
language 日本語
Copyright Holders © 岡山大学教育学部附属中学校
File Version publisher
NAID 120007004119
JaLCDOI 10.18926/61630
FullText URL rkiyo56_025_030.pdf
Author 渡邊 晶| 三村 脩祐| 米林 哲郎|
Publication Title 研究紀要 : 岡山大学教育学部附属中学校
Published Date 2021-03
Issue issue56
Start Page 25
End Page 30
language 日本語
Copyright Holders © 岡山大学教育学部附属中学校
File Version publisher
NAID 120007004118
JaLCDOI 10.18926/61629
FullText URL rkiyo56_015_022.pdf
Author 三竿 香織| 釼持 太一| 川上 尚俊| 松森 典子| 後藤 亨朗|
Publication Title 研究紀要 : 岡山大学教育学部附属中学校
Published Date 2021-03
Issue issue56
Start Page 15
End Page 22
language 日本語
Copyright Holders © 岡山大学教育学部附属中学校
File Version publisher
NAID 120007004117
JaLCDOI 10.18926/61628
FullText URL rkiyo56_003_012.pdf
Author 主題研究部(研究主任 竹島潤)|
Publication Title 研究紀要 : 岡山大学教育学部附属中学校
Published Date 2021-03
Issue issue56
Start Page 3
End Page 12
language 日本語
Copyright Holders © 岡山大学教育学部附属中学校
File Version publisher
NAID 120007004116
JaLCDOI 10.18926/61624
Title Alternative Development of teaching materials for improving communication skills in Corona disaster
FullText URL biess_5_296_305.pdf
Author NAKAYAMA, Yoshikazu| HAYASHIDA, Kei|
Abstract コロナ禍によって大学のアクティブラーニング型授業は大きな方向転換を余儀なくされた。学生のコミュニケーション力を目指して開講していた岡山大学の教養科目の授業でも、従来の双方向型コミュニケーション実践を軸とした授業内容を大幅に改める必要に迫られた。そこで、コミュニケーション力を下支えするメタ認知力の育成を目的とした、日々の生活のリフレクションを通した考察を行うための教材を開発した。その後、教材を活用した授業を実践し、授業の前後、学生へのアンケート調査を行った結果、本教材を用いた授業を行ったことにより、学生のメタ認知力が向上したことが明らかになった。
Keywords 非認知能力 コミュニケーション力 メタ認知 リフレクション
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2020-12-30
Volume volume5
Start Page 296
End Page 305
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120007004130
JaLCDOI 10.18926/61623
Title Alternative Support for Parents in Disaster Areas of “Heavy Rain in July Heisei 30” Effects of Parent Program for Parents who Need Support in Raising Their Children.
FullText URL biess_5_283_295.pdf
Author HARADA, Shin| KARINAGA, Yuko| MOCHIZUKI, Naoto| KARINAGA, Hirochika| SUJII, Masatsugu|
Abstract 「平成30年7月豪雨」は,西日本を中心に多大な被害をもたらした。大災害で被災した子どもたちの心は長期にわたって影響を受けることが知られているが,子どもたちへの支援を考える上では,その保護者への支援も欠かせない。本研究では,平成30年7月豪雨の際に特に被害の大きかった地域において,被災から4か月後の11月に,子育てに支援が必要な保護者を対象としてペアレント・プログラムを実施すると共に,情報交換会を行った。全6回のプログラムを実施した結果,大半の参加者の抑うつ得点が低下した。今後,有事の際での事後的な支援対応だけではなく,平常時から孤立しがちな保護者への支援体制を予防的に構築しておくことが求められる。
Keywords 平成30年7月豪雨 ペアレント・プログラム 被災地支援
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2020-12-30
Volume volume5
Start Page 283
End Page 295
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120007004129
JaLCDOI 10.18926/61622
Title Alternative Development of Placement Test Questions in Moodle for the Japanese Language Course
FullText URL biess_5_271_282.pdf
Author 内丸 裕佳子| SUWA, Muneue|
Abstract 岡山大学の全学日本語コースは現在,「全学日本語コースWebシステム」という独自のシステムを用いて,学内限定でオンラインによるプレースメントテストを行っている。このシステムの廃止が予定されていること,COVID-19の影響で学内への立ち入り制限が想定されることから,現システムに代わって学外からでも受験できる手段の準備が望まれている。そこで一つの解決策としてMoodleを用いたプレースメントテストの問題作成に取り組んだ。本稿ではMoodleによる聴解テストと文法テストの作成について紹介するとともに,今後の課題を述べる。
Keywords プレースメントテスト Moodle 全学日本語コースWebシステム
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2020-12-30
Volume volume5
Start Page 271
End Page 282
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120007004128
JaLCDOI 10.18926/61621
Title Alternative Revision of Japanese Language Course Web System at Okayama University Associated with the Curriculum Change
FullText URL biess_5_257_270.pdf
Author 内丸 裕佳子| BANNO, Eri|
Abstract 岡山大学では留学生用全学日本語コースの履修登録や成績入力は大学の履修登録システムに組み込まれていない。そのため,教員が主体となり,2006年度に履修登録・成績入力システムとして「全学日本語コースWebシステム」を開発した。本システムは日本語コースを取り巻く環境の変化に合わせ,修正や新たな機能の追加を繰り返しながら現在まで運用を行っている。本稿では,2013年度以降に行った改訂に重点を置きながら,全額日本語コースWebシステムの機能を紹介する。今後,さらなるシステムの見直しが求められており,本稿は新システム構築のための資料としての意義を持つ。
Keywords 日本語コースWebシステム システム改訂 カリキュラム変更 4学期制導入
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2020-12-30
Volume volume5
Start Page 257
End Page 270
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120007004127
JaLCDOI 10.18926/61620
FullText URL biess_5_249_256.pdf
Author MAHMOOD Sabina|
Abstract Japanese Universities are becoming a popular choice for International Baccalaureate (IB) students, including National Universities. Okayama University is a Super Global National University (SGU) in Western Japan, which started IB admissions in 2012, and presently hosts 70 IB students including 11 graduates, in 11 faculties and 1 special program. Through continuous follow up of enrolled IB students over a period of almost 9 years, Okayama University has discovered some special characteristics in IB students, which has been embedded in them through their IB education and made them a holistic, global citizen. As a Japanese National University, Okayama University is hopeful that the increasing presence of IB students, who have critical thinking skills, a unique process of learning and an abundance of communication skills, will bring in a new wave of students on campus, in classes and club activities, who can influence international mindedness and help to globalize the university from a local point of view. This report, is an attempt to find similarities between the IB Learner Profile, which lies at the heart of all IB student characteristics and the 21st. Century Skills, which are essential characteristics in developing youth in the age of the internet.
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2020-12-30
Volume volume5
Start Page 249
End Page 256
ISSN 2432-9665
language 英語
File Version publisher
NAID 120007004126
JaLCDOI 10.18926/61619
Title Alternative Individual Research Project as a course in the EPOK Course Curriculum
FullText URL biess_5_240_248.pdf
Author OBAYASHI, Junko|
Abstract 短期留学プログラムEPOKの受入においては、多様化しうる受入留学生の目的やニーズに対応する学習(履修)コースの拡充が必要である。とりわけ、過半数が英語圏からの交換留学生であるEPOKでは、英語を使用言語として運営しており、履修コースに置いても英語による授業の拡充は第一の課題である。本稿では、交換留学生にとって必要十分な学習プログラムを模索するうえで、個別研究(Research Project)科目を活かす工夫に注目する。特に、EPOK修了カリキュラムにおいて必修科目と位置づけ、大半のEPOK生が履修する個別研究科目(EPOK Research Project)の開講、留学生の取組みを概観する。中でもリサーチのトピックに表れる留学生の関心分野は履修コースの拡充という課題に示唆を投じてくれる。5年間のEPOK Research Projectの成果と課題を振り返り、留学生のニーズに合う個別研究科目の改善を図りたい。
Keywords 交換留学生受入プログラム 留学生教育 個別研究 留学生の関心テーマ
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2020-12-30
Volume volume5
Start Page 240
End Page 248
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120007004141
JaLCDOI 10.18926/61618
Title Alternative A Study on Syllabi for Korean Courses (as a Second Foreign Language) at National Universities in Japan
FullText URL biess_5_220_239.pdf
Author Lee, Ankoo|
Abstract 本稿は、日本の国立大学における初修外国語としての韓国語教育の現状について、各大学の教養課程シラバスを調査・考察したものである。開口状況に関しては、文部省のデータを用いて、公立・私立大学との比較やほかの初修外国語との比較を行い、初年次授業のみならず、2年次以降の開講状況についても調査した。さらに、科目名や週あたりの授業回数、使用教材を調べ、先行研究とのデータとの比較、分析を試みた。授業目標については、言語機能や場面・タスク、検定試験、学習内容、学習活動、異文化理解に関わる記述に分類し、CEFRや国際通訳韓国語教育標準模型(4段階開発分)、韓国語能力試験(TOPIK)、そしてハングル能力検定試験の評価基準との比較を行った。
Keywords 国立大学の韓国語教育 初修外国語としての韓国語授業 シラバス調査 授業目標
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2020-12-30
Volume volume5
Start Page 220
End Page 239
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120007004140
JaLCDOI 10.18926/61617
Title Alternative A Study on the Korean Sentences in "Saikan-Korinsuchi" and "Kosei-Korinsuchi" published in Meiji Era
FullText URL biess_5_199_219.pdf
Author JIN, Namtaek|
Abstract 本稿では、明治16年刊『再刊交隣須知』(再刊本)と、この再刊本を底本に約20年後に刊行された明治37年刊『校訂交隣須知』における見出し語と韓国語文の対応関係を分析して示している。明治前期の再刊本では部門配列(66個)が増補本系交隣須知の体制と同じであるが、明治後期の構成本では再刊本の部門や見出し語を整理して、59部門になり、再刊本の3012項目に対して校訂本には2801項目になっている。再刊本の2758項目と校正本の2761項目が対応するが、2361項目は大きな変化は見られない。また、再刊本と校正本の各項目間の対応表や見出し語感じが異なる項目などを付録で提示した。
Keywords 朝鮮語学習書 再刊交隣須知 校訂交隣須知 浦瀬裕 前聞恭作
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2020-12-30
Volume volume5
Start Page 199
End Page 219
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120007004139
JaLCDOI 10.18926/61616
Title Alternative Practice and Learning Outcomes of Social Cooperation Education Courses Aimed at Fostering Entrepreneurship
FullText URL biess_5_179_198.pdf
Author YOSHIKAWA, Miyuki| SUZUKI, Mariko|
Abstract 2018年12月より「SiEED(シード)」という名称でスタートした岡山大学起業家精神養成プログラムは、2020年3月末をもって寄付講座という形を終了した。全学教育・学生支援機構基幹教育センター実践部門では、その方針を引き継ぐ形でアントレプレナーシップ(起業家精神)養成を試みる科目を開講し、「プロジェクト・セロ(実践編)」と名付けた。 本稿では同名称で開校した2科目の授業について、授業実践と履修者の意識と行動の変容に関する考察を報告する。授業では企業経験のある協力者を学外から招き、課題解決型学習(PBL)の題材を提供していただいた。授業内では複数のグループを編成して課題解決のための企画立案に取り組み、企画立案プロセスは実務経験のある教員が始動した。自己評価アンケートの結果、学生には実行力、課題解決力、ストレスコントロール力が備わったという意識変容が見られた
Keywords 実践知 アントレプレナーシップ 課題解決型学習 学修成果 社会人基礎力
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2020-12-30
Volume volume5
Start Page 179
End Page 198
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120007004138
JaLCDOI 10.18926/61615
Title Alternative A Narrative Analysis of Organizers for the Vietnam Festival in YAKAGE Town: an Activity to Visualize Existence of Vietnamese Technical Intern Trainees
FullText URL biess_5_165_178.pdf
Author NAGANO, Masumi|
Abstract 本稿では,地方部在住のベトナム人技能実習生を巻き込んだ地域のイベントの企画運営者2名のインタビュー分析を通じて,活動の経緯とその広がりのあり方を解明することを目指した。分析の結果,もともとベトナムや技能実習生とかかわりのなかった一個人とその所属先の団体が,その地域で働く外国人の若者に対するホスピタリティと地域活性化への思いを原動力として,人的ネットワークを拡大しながら,イベントの実施に至った経緯が明らかになった。また,複数回のイベント実施により,それまで「顔の見えない」外国人であった技能実習生の存在がその地域で可視化され,彼らとの共生を目指す他の活動へと広がりを見せていることが示された。
Keywords ベトナム人技能実習生 地域活性化 多文化共生 SCAT
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2020-12-30
Volume volume5
Start Page 165
End Page 178
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120007004137
JaLCDOI 10.18926/61614
Title Alternative Development of online Japanese short-term programs on the theme of SDGs
FullText URL biess_5_149_164.pdf
Author MOHRI, Takami|
Abstract 本稿では、2020年10月6日から11月21日の7週間にわたって実施されたCLS日本語オンラインプログラムについて報告する。このプログラムの開発に当たっては、2020年度はSDGsの3つのテーマを中心に据えたカリキュラムデザインを行い、既存の教科書を使用しない内容重視の日本語教育を展開した。加えて、授業での活動にはDeep Active Learningのプロセスを援用し、学習者の理解の深化とコンピテンシーの育成を目指した。プログラム終了後に各クラス担当教員にフィードバックを依頼した結果、本プログラムにおいてクラスを運営した感想と評価、改善点についての詳細なコメントがあり、今後の新たなプログラム開発の方向性が示された。
Keywords SDGs 日本語短期プログラム 内容重視の第二言語教育 Deep Active Learning オンライン
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2020-12-30
Volume volume5
Start Page 149
End Page 164
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120007004136
JaLCDOI 10.18926/61613
FullText URL biess_5_134_148.pdf
Author Dong Kwang, KIM|
Abstract Since the outbreak of the Covid-19 a year ago, we have been living a drastically changed life—a new “normal.” One area in which this new normal is conspicuous is teaching and learning. Amid the rage of the spreading pandemic, schools and universities around the world had no choice but to switch to an online mode of teaching as the only viable option to deliver education. The sudden change to the online mode of teaching caused much confusion among teachers as they bore the brunt of the Covid-19’s assault on their established patterns of teaching. They often experienced intense feelings of anxiety in getting the new technology to work and crafting classes online to be as meaningful as possible. The story of this baffling experience of teaching needs to be told. Also, the students’ responses to new modes of learning need to be recorded.
Keywords impact of Covid-19 on higher education technology global studies teaching and learning experiences student engagement
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2020-12-30
Volume volume5
Start Page 134
End Page 148
ISSN 2432-9665
language 英語
File Version publisher
NAID 120007004135