JaLCDOI 10.18926/bgeou/46912
Title Alternative Essai sur la Pensée Educative et Religieuse de Ferdinand Buisson (5)
FullText URL bgeou_130_099_106.pdf
Author Onoue, Masanobu|
Abstract 本稿では,ビュイッソンの公教育思想をあきらかにする基礎的作業の一環として,ウィーン万博およびフィラデルフィア万博における道徳・宗教教育の視察報告の特質について検討した。報告書でビュイッソンは,(1)おもにアメリカ合衆国の公立学校における道徳教育の新たな展開をとりあげ,(2)公立学校の公共性と世俗性―特定宗教の排除―の原則を確認し(3)特定宗教によらない新たな道徳教育確立の模索を紹介し,(4)その基本を,道徳的模範となるべき教師の個人的努力におき,具体的事例による直観的方法を重視する傾向を,とくに強調して紹介していることをあきらかにした。
Keywords ビュイッソン ウィーン万博 フィラデルフィア万博 道徳教育 宗教教育
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2005-11-15
Volume volume130
Start Page 99
End Page 106
ISSN 0471-4008
language 日本語
File Version publisher
NAID 40007104814
JaLCDOI 10.18926/bgeou/46911
Title Alternative Nutritional Status of Disabled Athletes - Dietary and Supplemental lntakes -
FullText URL bgeou_130_051_057.pdf
Author Miura, Koji| Ishiyama, Taizo| Orita, Yasushi| Ochi, Eisuke|
Abstract 近年,サプリメントと呼ばれる栄養補助食品が,日常生活でもスポーツの世界でも非常に流行し,サプリメントについて正しく認識していくことはスポーツ選手にとって重要である。また,近年障害者スポーツの人気が高まり,岡山でも全国障害者スポーツ大会を目指し,医科学サポートを展開している。そこで本研究では,岡山県の身体障害者スポーツ選手を対象に,栄養摂取状況・食生活・サプリメントに関する調査を行った。その結莱,スポーツ選手 として適切な食事・食生活が送れているとは言えず,サプリメントに関しては積極的に使用していという現状が明らかになった。今後は単なる食事や栄養指導だけでなく,スポーツ選手の食生活やサプリメントに関する指導も含めた栄養サポートが必要である。
Keywords サプリメント 障害者スポーツ バリアー 栄養サポート
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2005-11-15
Volume volume130
Start Page 51
End Page 57
ISSN 0471-4008
language 日本語
File Version publisher
NAID 40007104809
JaLCDOI 10.18926/bgeou/14163
Title Alternative A study of admission and continue to fitness club
FullText URL 139_111_119.pdf
Author Tokunaga, Toshifumi| Katsube, Sono| Kobori, Hiroshi|
Abstract 岡山県にある商業スポーツ施設Oスポーツクラブは現在 つの事業所を持っている。Oスポーツクラブのそれぞれの事業所の顧客に対して入会動機、継続要因等のアンケート調査を行うことにより、事業所別に顧客獲得のための要因を明らかにしようとした。 その結果、それぞれの事業所は周りの自然、社会環境の違い、また、事業所自体が持っているハードの違いなどにより、顧客の入会動機、継続要因は異なることが明らかとなり、それぞれの事業所別にその事業所にあったソフトウェア―(顧客対応)が必要であることが示唆された。
Keywords フィットネスクラブ 入会動機 継続要因 事業所別ニーズ 顧客獲得
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2008-10-25
Volume volume139
Issue issue1
Start Page 111
End Page 119
ISSN 0471-4008
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308207
JaLCDOI 10.18926/bgeou/14161
Title Alternative Home economics evaluation research that aims at accomplishment of a goal as subject (1) : The idea of the academic training, and the location and problem of the Home Economics shown in 2008 version course of study
FullText URL 139_101_110.pdf
Author Sato, Sono| Kawahara, Hiroko| Hirata, Michiko| Kobashi, Kazuko| Harada, Syogo|
Abstract 本報は、平成18年10月に「高等学校必修科目未履修問題」をもたらした平成10年版学習指導要領に示された教育理念が、平成20年3月末に告示された新学習指導要領でどのように捉えなおされ、その中に家庭科がどのように位置づけられたのか。さらに、家庭科が学校教育の目的達成のために寄与するためには、どのような課題が存在するのか、という観点から、文部科学省の新学習指導要領関係の資料を分析した。その結果、①新学習指導要領では、平成10年版学習指導要領の教育理念[生きる力]を踏襲して教育課程・内容の改訂が図られていた。その中に、②小・中学校の家庭科は、従前どおり「教科」として位置づけられ、②[生きる力]を構成する「豊かな人間性」「健やかな体」をはぐくむための教科として、家庭科学習指導要領の目標・内容が示されていた。しかし、④中学校家庭科では、保育学習と被服学習の目的を学ぶ内容が欠落しているため、⑤教科として目指すべき他教科では代替できない「家庭生活を営む力の育成」と「人格形成」が達成できないという問題が理論的に明らかになった。その課題を解決するため、本継続研究では、岡山大学附属中学校で取り組まれている保育学習と被服学習の目的を学ぶための授業開発研究を踏襲し、その学習がどのように「人格形成」に結びつくのかを心理測定尺度の適用により検討する評価研究を試みる。
Keywords 平成20年版学習指導要領 家庭科 教科のねらい・原理 評価研究
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2008-10-25
Volume volume139
Issue issue1
Start Page 101
End Page 110
ISSN 0471-4008
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308469
JaLCDOI 10.18926/bgeou/14160
Title Alternative About Guidance for a Student's Chorus Singing in a Natural Voice: On the Basis of Guidance in MIRACULUM Chorus of Kodaly School
FullText URL 139_091_099.pdf
Author Mushiaki, Masako|
Abstract 日本の学校教育にハンガリーのコダーイ・メソッドを取り入れる際の問題点について、MIRACULUM 合唱団の指導法を中心に検討を行った。その結果、合唱における発声の捉え方について、声のための発声練習だけではなく、和声感を養い、ピッチの正確さを高めていくための発声練習に指導の重点が置かれていることがわかった。本稿では、コダーイ・システムを日本の音楽教育に活かし、児童・生徒の自然な声を引き出す合唱指導について、次のような提案を行った。1)幼少時から民謡やわらべうた等の母国語の音楽へ親しませること、2)ソルミゼーションによる移動ドの発声練習を取り入れること、3)必要に応じてハンドサインを取り入れること、4)和声的・非和声的な音感を養う発声練習を取り入れること、5)グローバルスタンダードな発声(頭声的発声)を獲得させること。
Keywords コダーイ・メソッド 合唱 発声 指導法 自然な声
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2008-10-25
Volume volume139
Issue issue1
Start Page 91
End Page 99
ISSN 0471-4008
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308161
JaLCDOI 10.18926/bgeou/14159
Title Alternative Support for those with person of advanced years through the making of ceramic
FullText URL 139_083_089.pdf
Author Ueta, Hisatoshi| Abe, Tetutaro|
Abstract 高齢化社会である現在、特別養護老人ホーム等高齢者対象福祉施設のニーズが増加している。そこで必要とされる福祉活動は、日常生活の介助、生活空間の提供だけではなく、高齢者がそれぞれ社会を構成する一人として尊重され、施設内外の人と交流し、共に支えあうノーマライゼーションの実践である。そして、心豊かな生活、自身の存在が肯定される活動等、ノーマライゼーションの実践において有用性のある生涯学習「美術」への関心は近年社会的に高まっている。本稿では、このようなノーマライゼーションの実践を目指した陶芸ワークショップの活動内容について報告し、粘土という触覚体験活動で得られるワークショップ参加者の心の変化を検証する。
Keywords ファシリテーター ワークショップ 陶芸 ノーマライゼーション
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2008-10-25
Volume volume139
Issue issue1
Start Page 83
End Page 89
ISSN 0471-4008
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308289
JaLCDOI 10.18926/bgeou/14154
Title Alternative Revision of the Chemistry Curriculum in Hauptschule (Lower Secondary School) of Austria
FullText URL 139_073_082.pdf
Author Tanaka, Kenji|
Abstract オーストリアの前期中等教育段階における化学カリキュラムの改訂の現状を、ハウプトシューレにおける化学の新旧学習指導要領などから、明らかにした。かつてのいわば「物理の最後に含まれる化学」から独立することにより、普通教育中学校下級段階との違いが解消(経済実科ギムナジウムを除く)した。しかし、週授業時間数は、最終(通算呼称8)学年における週2時間のままで、大きな変化にはならなかった。学習目標、内容、内容の取扱いの指示における変化からは、ハウプトシューレにおける化学カリキュラムの今回の改訂が、一方で、化学固有性の確立、他方で、学校・教員の自由裁量の拡大という方針に従ったことが、窺い知れた。
Keywords オーストリア ハウプトシューレ 化学カリキュラム 学習指導要領 改訂
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2008-10-25
Volume volume139
Issue issue1
Start Page 73
End Page 82
ISSN 0471-4008
Related Url http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/12804/
language 日本語
File Version publisher
NAID 40016358767
JaLCDOI 10.18926/bgeou/14151
Title Alternative The Daily Life and Life History of Elderly Women in Glen Eira City, Melbourne--Part V
FullText URL 139_063_072.pdf
Author Nobe, Masao|
Abstract メルボルンのグレン・アイラ市に住む3人の高齢女性に、①日常生活、②ライフヒストリー、③何に幸福感を感じるかの3点に関して聞き取り調査を2006年9月におこなった。本稿では3人の語りを提示し、それに考察を加えた。
Keywords 高齢女性 メルボルン パーソナル・ネットワーク 主観的幸福感 ライフヒストリー
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2008-10-25
Volume volume139
Issue issue1
Start Page 63
End Page 72
ISSN 0471-4008
Related Url http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/12803/ http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/12268/ http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/11162/ http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/10950/
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308473
JaLCDOI 10.18926/bgeou/14147
Title Alternative An Analysis and Some Considerations of Empirical Lessons in the Unit "Forest, Atmosphhere and Life" in Elementary Social Studies Education (5): An Analysis and Some Considerations of Learners' Reflection (1)
Author Takayama, Yoshiharu| Koga, Kazuo|
Abstract 本研究は、小学校6年生を対象に開発した単元「森林と大気と生活」の学習書(個別学習用)に基づいて実施した実験授業の結果を分析したものである。実験授業の結果、問題集、作文、推せん課題レポート、プリテスト・ポストテスト等のデータを得ることができた。これらのデータを分析・考察することによって、開発した学習書が個別学用習教材として適切であったか、どのような社会認識を形成したか、実験授業によって社会認識がどのように変化したか、その理由は何かなどを明らかにすることを目的としている。本稿は、「反省」の内、満足度と「感想A」の分析と考察を行った。その結果、満足度の分析・考察では、実験授業が児童に比較的高い満足感を与えたことを明らかにした。「感想A」の分析・考察では、実験授業が児童に知的発見、それに伴う知的驚きや喜び、知識拡大・深化をもたらしたことを明らかにした。
Keywords 実験授業 満足度 感想 知的発見 知的拡大・深化
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2008-10-25
Volume volume139
Issue issue1
Start Page 53
End Page 61
ISSN 0471-4008
Related Url http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/13299/
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/bgeou/14145
Title Alternative A Study on Advisers on the Creation of Preschool Culture to Promote Independent Research on Practice in Early Childhood Care and Education by Early Care and Education Practitioners
FullText URL 139_043_051.pdf
Author Yokomatsu, Tomoyoshi|
Abstract 本研究では、保育者の主体的な保育実践研究を推進する園文化創造アドバイザーの視点と役割を、理論的及び歴史的考察と関連事例の検討と筆者の現場での体験・考察を通して提示している。園文化創造アドバイザーは、園の職員集団が次のことを行うことを支援する。園文化全体の概要を顕在化させて、園の当面の課題について納得すると共に、主体的努力の継続こそが大切であると共通理解し、自分たちの主体性を強化する。そうして生まれる保育者の主体的な保育実践の中から実践研究を育てていく。生まれる保育実践について、より事実に基づき考察し、より理論的に論じて発展させる。さらに、実践研究の質的向上を求める場合、自分たちのニーズに応じることのできる研究者との協働を実現する。
Keywords 園文化創造アドバイザー 園の当面の課題 保育者の主体的な保育実践研究 協働
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2008-10-25
Volume volume139
Issue issue1
Start Page 43
End Page 51
ISSN 0471-4008
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308039
JaLCDOI 10.18926/bgeou/14144
Title Alternative Reliability and Validity of the Japanese Version of the Multidimensional Anxiety Scale for Children
FullText URL 139_035_042.pdf
Author Ando, Mikayo|
Abstract 児童青年の不安状態について多面的に評価する自記式質問紙法であるMultidimensional Anxiety Scale for Children (MASC)の日本語版を作成し、心理測定的評価を行った。中学生610名(12~15歳)を対象に、因子構造、信頼性、妥当性について検討した。確認的因子分析から、原版MASCと同様の4因子モデルが再現された。内的整合性についても、妥当であった。また、MASCの各因子および総得点の性差を検討すると、諸外国の先行研究同様に女子の方が男子に比較して高値であった。以上の結果から、日本語版MASCは、中学生の不安を評価する上で適度な信頼性と妥当性をもつ尺度であることが示唆された。
Keywords Multidimensional Anxiety Scale for Children 不安 確認的因子分析 信頼性 妥当性
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2008-10-25
Volume volume139
Issue issue1
Start Page 35
End Page 42
ISSN 0471-4008
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308544
JaLCDOI 10.18926/bgeou/14143
Title Alternative Philosophical Research on 'Conscientization' in Paulo Freire's Educational Theory: An Analysis of
FullText URL 139_025_034.pdf
Author Hara, Yasutoshi| Morikawa, Naoshi|
Abstract 本論文は、ブラジルの教育学者パウロ・フレイレの著書『自由のための文化行動』に収められている論文「意識化と文化行動」から、フレイレの「意識化」概念を原理的観点から考察したものである。この論文において、人間の世界との関わり方を、フレイレに従って動物のそれと対比し、意識化のための人間像を描き出した。しかるのちに、ラテン・アメリカの現実状況において、大衆と、大衆に対応する権力エリートの意識水準がどのように変化するのかを確認した。こうした確認を通して、大衆や革命家が独力で現実を変革出来ず、お互いに対話を交わし、絶え間なく親交を深めることで、現実変革が可能になることを明らかにした。
Keywords パウロ・フレイレ 意識化 文化行動 社会構造 『自由のための文化行動』
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2008-10-25
Volume volume139
Issue issue1
Start Page 25
End Page 34
ISSN 0471-4008
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308387
JaLCDOI 10.18926/bgeou/14141
Title Alternative Die Genese der Aufklarungspadagogik in Deutschland : Campes
FullText URL 139_017_024.pdf
Author Morikawa, Naoshi|
Abstract 先のカンペ編『総点検』に関する人間学的観点からの論考を受けて,本稿では,汎愛派の教育・教授論形成の基礎として,多様に分散する哲学的構想のなかで,とくに汎愛派のロック受容と,それに対する批判,ならびに第2のライプニッツ受容を中心に考察した。『総点検』においてロックの経験論的・合理主義的認識論の影響を強く受けながらも,その機械論的・実証主義的な教育理解と対決し,ルソーの影響もさることながらライピニッツの影響のもと,それを「人間学化」し、子どもの自己活動的な形成過程に,カンペを中心とする汎愛派の「自然の教育」の哲学的基礎があることを『総点検』の分析を通して明らかにした。
Keywords 『総点検』 カンペ ロック ライプニッツ 自然の教育 自己活動
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2008-10-25
Volume volume139
Issue issue1
Start Page 17
End Page 24
ISSN 0471-4008
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308028
JaLCDOI 10.18926/bgeou/14140
Title Alternative Essai sur la Reforme de la Formation des Instituteurs en la Troisieme Republique (5)
FullText URL 139_007_015.pdf
Author Onoue, Masanobu|
Abstract 本稿では,1879年師範学校設置法の成立過程について,上院における審議の後半部分をとりあげ,概要をまとめるとともに,とくに改革立案・推進主体の言説の特徴を考察した。具体的には,①法案反対論の演説,②法案を支持する公教育大臣の演説,③逐条審議における修正案の内容と提案理由の内容,の3点について概要を示し,それぞれの特徴を検討した。②のジュール・フェリーの演説からは,師範学校の教育の特質を「教授法の教育」「附属学校」での実習を中核とする「教育学的教育」の充実に置いたもので,改革立案・推進主体の構想を具体的に示すものであったことが,あきらかとなった。これらの論議の後,本法案は上院においては修正されることなく可決され,これをもって1879年師範学校設置法は法制的に成立したのであった。
Keywords 第三共和政 師範学校 ジュール・フェリー 教育学 附属学校
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2008-10-25
Volume volume139
Issue issue1
Start Page 7
End Page 15
ISSN 0471-4008
Related Url http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/13295/ http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/12270/ http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/11182/ http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/10992/
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308056
JaLCDOI 10.18926/bgeou/14138
Title Alternative Effects of task oriented conflict of inter-subgroups on information exchange in group decision making
FullText URL 139_001_006.pdf
Author Fuchigami, Katsuyoshi|
Abstract The purpose of this study was to examine the effects of task oriented conflict of inter-sub-groups on pooling of unshared information and information exchange between members, on cognition of information, and on perception in group decision making. The subjects were 30 female nursing school students. They discussed the flictious selection of a sub-chiefnurse in a group consisting of five members. Information about fictitious candidates (candidate A and candidate B) was given to the group members before discussion and consisted of shared information and unshared information. Information were positive, negative and neutral as classfied by preliminary study. In advance one groups were considered of two followers who believed that candidate A was qualified, and the other two who believed that candidate B was qualified (henceforth task-oriented conflict condition) and the other were considered of all four followers who believed that candidate A was qualified. The results were as follows: (1) Unshared information was more conveyed and neutral information was less interpreted and conveyed in task-oriented conflict condition. (2) Followers had more negative evaluations of the leader, the followers, and the discussion in task oriented conflict condition. The results were discussed from the point of view of the nature of task oriented conflict, group goal, and quality of information exchange. 
Keywords inter-group conflict task oriented conflict group decision making information exchange group goal
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2008-10-25
Volume volume139
Issue issue1
Start Page 1
End Page 6
ISSN 0471-4008
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308254
JaLCDOI 10.18926/bgeou/13301
Title Alternative Some Aspects of Influence that Difference of Language Gives to the Learning of Music
FullText URL 131_093_099.pdf
Author Ido, Kazuhide| Yanai, Toshiko|
Abstract 我が国では,正式に音楽教育を受けるということは,西洋音楽を学ぶということと等しい。 それは,伝統音楽が一部導入されるようになった現在でも真実である。特に,音楽大学や教員養成大学において,歌の学習といえば,イタリア語やドイツ語,英語等で歌うことが当然のこととなっている。それでは,多くの日本人は,歌われる外国語の意味や歌のイメージを どのように感得しているのだろうか。そこで,本研究では,歌を歌う際の言語の違い -ドイツ語と日本語-が聴取者に与える感得を調査した。その結果,シューベルト作曲「野ばら」をドイツ語で歌った場合には,言語の意味は不明ながら,概ね軽やかでリズミックに,日本語で歌った場合には,言語の意味は漠然としながら,概ね柔らかで流れるように感得された。
Keywords 言語の違い 印象 聴取者 音楽の感得
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2006
Volume volume131
Issue issue1
Start Page 93
End Page 99
ISSN 0471-4008
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002310471
JaLCDOI 10.18926/bgeou/13300
Title Alternative Elderly Women's Personal Networks and Well-being in Tomi Village, Japan: Initial Findings
FullText URL 138_097_116.pdf
Author Nobe, Masao|
Abstract 筆者は,2006年 2月に高齢女性を対象にして岡山県鏡野町富地域 (旧,富村)においてパーソナル・ネットワークや集団加入に関する調査を実施した。本稿では,この調査の概要を説明し,単純集計表を提示した。そして,このデータを用いて,富地域への流入過程,身体的健康,身体的活動能力,モラ一ル,生活満足度,各種の集団への加入,町内会などがおこなう活動への参加,パーソナル・ネットワークについて検討をおこなった。
Keywords 高齢女性 パーソナル・ネットワーク 主観的幸福感 集団加入 鏡野町
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2008-06-25
Volume volume138
Issue issue1
Start Page 97
End Page 116
ISSN 0471-4008
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002310207
JaLCDOI 10.18926/bgeou/13299
Title Alternative An Analysis and Some Considerations of Empirical Lessons in the Unit "Forest, Atmosphere and Life" in Elementary Social Studies Education (4) : An Analysis and Some Considerations of Learners' Reports.
Author Takayama, Yoshiharu| Koga, Kazuo|
Abstract 本研究は,開発した単元「森林と大気と生活」の学習書に基づいて実施した実験授業の結果を分析したものである。実験授業の結果,問題集,作文,推せん課題レポート,プリテスト・ポストテスト等のデータを得ることができた。これらのデータを分析・考察することによって,開発した学習書が個別学習用教材として適切であったか,どのような社会認識を形成したか,実験授業によって社会認識がどのように変化したか,その理由は何によるものかなどを明らかにすることを目的としている。本稿は,推せん・自由課題レポートの分析と考察を行った。その結果,レポートを提出した児童の認識は拡大・深化しているとともに,高い知的満足感を得ていることをを明らかにした。
Keywords 実験授業 推せん課題 レポート 社会認識の深化・拡大 知的満足感
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2008-06-25
Volume volume138
Issue issue1
Start Page 83
End Page 95
ISSN 0471-4008
Related Url http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/10996/
language 日本語
File Version publisher
NAID 40016202229
JaLCDOI 10.18926/bgeou/13298
FullText URL 136_085_092.pdf
Author Fukunaga, Shintetsu| Zhang Bin|
Keywords political slogans CDA (critical discourse analysis) depth hermeneutical methodology ideology culture
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2007-10-25
Volume volume136
Issue issue1
Start Page 85
End Page 92
ISSN 0471-4008
language 英語
File Version publisher
NAID 120002310373
JaLCDOI 10.18926/bgeou/13297
Title Alternative On Enumeration
FullText URL 138_075_082.pdf
Author Ido, Kohei|
Abstract  日本語の列挙法のうち助詞なしで名詞を並べるタイプについて,先行研究を吟味し,多数の実例を観察した上で,筆者自身の言語感覚と常識的・辞書的な観点から検討を加える。その結果,典型的な列挙法とは「多数の短い同格の言葉を,勢いよく無秩序に並べ立てる表現法」であると結論する。
Keywords 列挙 勢い 全部列挙 並列 『山びこ学校』
Publication Title 岡山大学教育学部研究集録
Published Date 2008-06-25
Volume volume138
Issue issue1
Start Page 75
End Page 82
ISSN 0471-4008
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002310635