備前国岡山城絵図

サムネイル
文庫名 池田家文庫
資料種別1 古文書
資料種別2 池田家
絵図分類名 城絵図 T3
資料番号 T3-84
標題 備前国岡山城絵図
旧題 備前国岡山城絵図
年代(和暦) 未詳
年代(西暦) 未詳
サイズ(縦cm x 横cm) 242.4 x 196.7
作成者 松平新太郎(光政)
注記 なし
備考 軸、1978年度補修、元は折りたたんでいたものを軸装した
特記 備前国岡山城絵図、松平新太郎
数量 1輻
高精細画像 https://repo.lib.okayama-u.ac.jp/zoomify/T3_84_CT02000095.html
高精細フラグ 高精細画像あり
利用条件 http://www.lib.okayama-u.ac.jp/collections/kicho_tetsuduki.html
説明 正保国絵図とともに幕府に提出された城絵図。天守台の大きさ、丸の内の櫓(やぐら)や門の配置、石垣の高さや敷地の広さ、堀の幅や深さなどが克明に記されている。城下町内の武家地・町家地・寺地の区別、道の長さなども書き込まれている。旭川の洲の「御花畠(おはなばたけ)」には台徳院(たいとくいん)(徳川秀忠)御霊屋(おたまや)が見える。城絵図は、軍事情報の掌握が重視された正保度のみ命じられたものである。