このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15167
JaLCDOI
Sort Key
13
タイトル(別表記)
A case of rheumatoid arthritis with hypoproteinemia probably induced by diseasemodifying antirheumatic drug, D-Penicillamine
フルテキストURL
著者
貴谷 光 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科 Kaken ID researchmap
三舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
岡崎 守宏 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
抄録
症例は52歳女性で,慢性関節リウマチ(RA)はclassical,stageIV, class 2であった。症状は進行性で加療を行うも改善がみられなかった。平成元年11月RA症状の増悪のための再入院後,Penicillamine 100~200 mg,Sulfasalazine 500mgを合せて投与を行ったところ,血沈,CRP等の検査所見は改善傾向を示したが入院時には正常値であった血清蛋白量がその後5.1g/dlまで低下し,下肢浮腫が出現,その後さらに血清蛋白量は4.1g/dlにまで減少した。治療により蛋白量は5.8g/dlにまで回復したが,低蛋白血症の原因としてはD-Penicillamineの関与が疑われた。
抄録(別表記)
A patient with classical rheumatoid arthritis was treated with D-Penicillamine and other drugs. In the course of treatment, the episodes of hypoproteinemia were found twice. The first hypoproteinemia was improved almostly by supportive therapy and withdrawl of administration of medicines, including D-Penicillamine. The second hypoproteinemia was severe and resistant to the treatment. It was suggested that the agent eliciting hypoproteinemia in this case might be D-Penicillamine.
キーワード
慢性関節リウマチ (Rheumatoid arthritis)
低蛋白血症 (Hypoproteinemia)
D-ペニシラミン (D-Penicittamine)
抗リウマチ剤 (Disease-modifying antirheumatic drug)
出版物タイトル
環境病態研報告
発行日
1991-08
62巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
80
終了ページ
83
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc