このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 60912
タイトル(別表記)
無症候性ブルガダ症候群患者におけるプログラム心室刺激の適応と予後的意義
フルテキストURL
著者
浅田 早央莉 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
備考
岡山大学審査学位論文
Published in EP-Europace 22(6), 972–979 (2020)
This is a pre-copyedited, author-produced version of an article accepted for publication in EP-Europace following peer review. The version of record Saori Asada et. al. Indication and prognostic significance of programmed ventricular stimulation in asymptomatic patients with Brugada syndrome. EP-Europace 22(6), 972-979 (2020) is available online at: https://doi.org/10.1093/europace/euaa003.
発行日
2020-09-25
資料タイプ
学位論文
学位授与番号
甲第6235号
学位授与年月日
2020-09-25
学位・専攻分野
博士(医学)
授与大学
岡山大学
学位論文本文
学位論文(フルテキストURL参照)
関連URL
isVersionOf https://doi.org/10.1093/europace/euaa003
言語
English
論文のバージョン
ETD
Grant ID
15301甲第6235号
PubMed ID