このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 1717
Eprint ID
1717
フルテキストURL
著者
抄録
世界に広がりつつあるリージョナリズムの潮流が地域経済統合の研究を活発にしている。中国、日本、韓国の3カ国の経済協力、貿易自由化への関心が高まるにつれて、3国間FTAについての研究が本格化している。本稿の目的は、多国間貿易自由化の分析手法の一つであるGTAP(Global Trade Analysis Project)モデルと呼ばれる応用一般均衡分析の方法を紹介し、そしてこの方法を中国、日本、韓国の3カ国貿易自由化に適用した先行研究を検討することにある。
キーワード
GTAPモデル
応用一般均衡世界貿易モデル
中日韓
貿易自由化
発行日
2004
出版物タイトル
北東アジア経済研究
出版物タイトル(別表記)
Studies on North-East Asian economies
1巻
1号
出版者
岡山大学大学院文化科学研究科
出版者(別表記)
Graduate School of Humanities and Social Sciences, Okayama University
開始ページ
49
終了ページ
68
ISSN
1880-8476
NCID
AA11923321
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
NAID
Eprints Journal Name
snae
JaLCDOI