このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 1708
Eprint ID
1708
フルテキストURL
著者
戸前 壽夫 岡山大学 Kaken ID publons researchmap
抄録
地域における中小企業において、海外の安価な生産要素の存在は無視できない問題となって来ている。たとえば中国が世界の工場となり、安価な人件費と先進国からの技術移転によって競争力を持つようになっていることは、すでに日本企業に影響を与えているところである。海外の安価な生産要素を無視することは、比較劣位を強いられる可能性が高くなっている。しばらく以前の日本では、日本国内の安価な人件費は有力な国際競争力の源泉のひとつとして海外に製品輸出を行っていたが、もはやこのような条件はなくなり、海外の生産を通してコストを下げることが日本企業の共通の課題となってきている。
キーワード
地域企業
中小企業
国際化
マネジメント
発行日
2004
出版物タイトル
北東アジア経済研究
出版物タイトル(別表記)
Studies on North-East Asian economies
1巻
1号
出版者
岡山大学大学院文化科学研究科
出版者(別表記)
Graduate School of Humanities and Social Sciences, Okayama University
開始ページ
35
終了ページ
48
ISSN
1880-8476
NCID
AA11923321
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
NAID
Eprints Journal Name
snae
JaLCDOI