このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 13243
JaLCDOI
Sort Key
6
タイトル(別表記)
Description of Process under the K-J Method : Discussion from a Theoretical Comparison with GTA
フルテキストURL
著者
福島 和俊 岡山大学
抄録
本稿は、質的心理学におけるプロセス性記述の重要性に着目し、GT法における特性・次元、サブカテゴリーの有用性を参考にしながら、KJ法におけるプロセス性記述についての方法論を試論的に述べたものである
出版物タイトル
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
発行日
2007-11
24巻
1号
出版者
岡山大学大学院文化科学研究科
出版者(別表記)
Graduate School of Humanities and Social Sciences, Okayama University
開始ページ
65
終了ページ
79
ISSN
18811671
NCID
AN10487849
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
著作権者
岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
hss