JaLCDOI 10.18926/CTED/54933
タイトル(別表記) Practical Seminar for Teacher Profession on the Teacher Training Program at Okayama University : For the Making of Lecture to be able to Learn a Class Fourth Semester System from a Pillar Systematically for 60 Minutes
フルテキストURL cted_007_081_090.pdf
著者 稲田 修一| 髙旗 浩志| 三島 知剛| 小林 清太郎| 橋本 拓治| 今井 康好| 加賀 勝| 山根 文男| 曽田 佳代子| 江木 英二| 後藤 大輔| 髙塚 成信|
抄録  岡山大学における全学教職実践演習については,平成25年度の本格実施から,7課程認定学部(独自で開講する教育学部を除く)と教師教育開発センターが協働して取り組んでいる。平成28年度から岡山大学では,国立の総合大学全学部実施としては全国初となる「60分授業・4学期制」が導入された。この教育改革では,単純に現状の講義内容をそのまま詰め込むものではなく,教育方法・指導の改善を一層進め,体系的に学べる構造にする講義づくりが求められている。そこで,最初に学生の進路状況や取得見込みの教員免許状の現状を確認した。次に,教育実践力を構成する力がバランスよく形成されているか,4年生前半期に取り組んだ教育実習と全学教職実践演習後のアンケート結果をもとにその効果を検証した。これに基づいて,平成28年度以降の「60分授業・4学期制」に対応した内容を構築した。
キーワード 60分授業・4学期制 (60 Minute Class and 4 Semester System) 体系的に学べる講義づくり (Creating Lectures that can be Learned Systematically) 全学教職実践演習事前と事後の意識の変容 (Transformation of Consciousness Before and After Exercise for Teaching Practice at the University) 全学教職実践演習 (Practical Seminar for Teacher Profession)
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2017-03-27
7巻
開始ページ 81
終了ページ 90
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2017 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/53231
タイトル(別表記) Practical Seminar for Teacher Profession on the Teacher Training Program at Okayama University (3) Based on the Questionnaire Survey to Participants of the Practical Seminar for Teacher Profession in 2013
フルテキストURL cted_005_019_025.pdf
著者 三島 知剛| 樫田 健志| 髙旗 浩志| 稲田 修一| 後藤 大輔| 江木 英二| 曽田 佳代子| 山根 文男| 加賀 勝| 髙塚 成信|
抄録  岡山大学では,教師教育開発センターによる全学の教員養成教育の質保証に取り組んでいる。本研究では,平 成25 年度に本格実施された全学教職実践演習に着目し,その成果と課題を検討する。なお,本学の全学教職実 践演習は「オリエンテーション」「学習指導力に係る省察」「模擬授業演習」「現代的教育課題に係る省察」「まとめ」 の5 つから構成され,本学の重要視する4 つの力(「学習指導力」「生徒指導力」「コーディネート力」「マネジメ ント力」)をバランスよく育むことを企図している。そして,本格実施された教職実践演習について,学生に実 施したアンケート調査結果を分析対象とし,成果と課題を検討した。その結果,学生の多くが教職実践演習の効 果を比較的高く認知していることや,教育実践力を構成する4 つの力の多くの力が教職実践演習を通して高まっ ていること,などの成果が主に示唆された。
キーワード 全学教職実践演習 教育実践力を構成する4 つの力 学生の意識
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2015-03-06
5巻
開始ページ 19
終了ページ 25
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2015 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
NAID 120005572537
JaLCDOI 10.18926/CTED/48205
タイトル(別表記) A Report of Website Construction with “NetCommons” for All-University Teacher-Training Course― For the Portal Site about Teaching Profession at Okayama University ―
フルテキストURL cted_002_162_170.pdf.pdf
著者 佐藤 大介| 山根 文男| 髙塚 成信| 加賀 勝|
抄録 岡山大学教師教育開発センターでは、ウェブサイトを活用した全学教職課程を支える学生サービスの提供を開始するため、新たなウェブサイトを構築した。まず、想定される利用者を明らかにし、全体のページ構成について検討し、そこから必要となる機能を導き出した。そこで、国立情報学研究所が開発したContents Management System(CMS)「NetCommons」を導入し、必要なカスタマイズを行った。また、NetCommonsをインストールするサーバーについては、岡山大学情報統括センターが提供する「クラウドホスティングサービス」を活用して、アクセス制限や統合認証等にも対応した。ウェブサイト構築後は、まず教職員向けの機能理解・利用促進を図る取組を展開した。
キーワード NetCommons ウェブサイト CMS 全学教職課程 教職情報ポータルサイト
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2012-03-19
2巻
開始ページ 162
終了ページ 170
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2012 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
NAID 120003987698
フルテキストURL fulltext.pdf
著者 Takatsuka, Shigenobu|
備考 Published with permission from the copyright holder.<br/> This is published in Annual Review of English Language Education in Japan, 1999 Vol.10 pp.21-30<br/>(C)1999 by Japan Society of English Language Education |
発行日 1999-08-01
出版物タイトル Annual Review of English Language Education in Japan
10巻
出版者 Japan Society of English Language Education
開始ページ 21
終了ページ 30
ISSN 1344-8560
NCID AA10890588
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
OAI-PMH Set 岡山大学
著作権者 全国英語教育学会
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fulltext.pdf
著者 Takeno, Junichiro| Takatsuka, Shigenobu|
備考 This is the institute's copy, as published in Annual Review of English Language Education in Japan, Mar 2007, Volume 18, Pages 1-10.|
発行日 2007-03
出版物タイトル Annual Review of English Language Education in Japan
18巻
出版者 Japan Society of English Language Education
開始ページ 1
終了ページ 10
ISSN 1344-8560
NCID AA10890588
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
OAI-PMH Set 岡山大学
著作権者 全国英語教育学会
論文のバージョン publisher
著者 Zeng, Gang| Takatsuka, Shigenobu|
発行日 2008-01-01
出版物タイトル International Journal of Curriculum Development and Practice
10巻
資料タイプ 学術雑誌論文
フルテキストURL fulltext.pdf
著者 Miyasako, Nobuyoshi| Takatsuka, Shigenobu|
備考 This is the institute's copy, as published in Annual Review of English Language Education in Japan, Mar 2004, Volume 15, Pages 159-168.|
発行日 2004-03
出版物タイトル Annual Review of English Language Education in Japan
15巻
出版者 Japan Society of English Language Education
開始ページ 159
終了ページ 168
ISSN 1344-8560
NCID AA10890588
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
OAI-PMH Set 岡山大学
著作権者 全国英語教育学会
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fulltext.pdf
著者 Iwanaka, Takahiro| Takatsuka, Shigenobu|
備考 This is the institute's copy, as published in Annual Review of English Language Education in Japan, Mar 2006, Volume 17, Pages 21-30.|
発行日 2006-03
出版物タイトル Annual Review of English Language Education in Japan
17巻
出版者 Japan Society of English Language Education
開始ページ 21
終了ページ 30
ISSN 1344-8560
NCID AA10890588
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
OAI-PMH Set 岡山大学
著作権者 全国英語教育学会
論文のバージョン publisher
著者 Iwanaka, Takahiro| Takatsuka, Shigenobu|
発行日 2007-03-01
出版物タイトル Annual Review of English Language Education in Japan
18巻
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Zeng, Gang| Takatsuka, Shigenobu|
発行日 2009-01-01
出版物タイトル International Journal of Curriculum Development and Practice
11巻
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 高塚 成信|
発行日 2000
出版物タイトル 中国地区英語教育学会研究紀要
30巻
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 宮迫 靖静| 高塚 成信|
発行日 2005-12
出版物タイトル 日本教科教育学会誌
28巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
タイトル(別表記) 音韻符号化効率及び作動記憶容量と読解力の関係 ―日本人高校生の場合―
フルテキストURL Journ_Sci_Sch_007_041_050.pdf
著者 宮迫 靖静| Takatsuka, Shigenobu|
抄録 This article investigated into differences between first- and third-year senior high school students concerning: (a) the efficiencies of phonological coding and working memory capacities; and (b) the relationships of these two variables with reading comprehension. Also explored was whether the relationships were reflected in word-retaining strategies of the first-year students in the reading span tests for measuring working melnory capacities. The findings were: (a) students may improve their working memory capacities but may not improve the efficiencies of phonological coding during the first two years of senior high school; (b) the efficiency of phonological coding contributes to reading cOlnprehension more greatly for first-year students, but working metllory capacity contributes to reading comprehension for third-year students; and (c) the word-retaining strategies of first-year students reflect the relationships between the two variables and reading comprehension. The reasons for these findings were discussed and pedagogical implications were shown.
抄録(別表記) 本論は,(a)音韻符号化効率と作動記憶容量,(b)この2要因と読解力の関係,に関して,高校1年生と3年生の違いを調査した。また,作動記憶容量測定リーディングスパンテストにおける1年生の語維持方略にこの関係が反映されるか調査した。その結果,(a)高校生は最初の2年間に,作動記憶容量が増大する可能性があるが,音韻符号化効率は高まらない可能性がある,(b)音韻符号化効率による読解力への影響は1年生の方が強いが,3年生では作動記憶容量による読解力への影響がある,(c)1年生の語維持方略に,2要因と読解力の関係が反映される,等が示された。この結果をもたらした原因に関する考察及び,教育的示唆が示された。
キーワード phonological coding (音韻符号化) working memory capacity (作動記憶容量) reading comprehension (読解力)
出版物タイトル 教育実践学論集
発行日 2006-03
7巻
開始ページ 41
終了ページ 50
ISSN 1345-5184
言語 English
論文のバージョン publisher
タイトル(別表記) 対話型ジャーナルから見たライティング初心者の日本人大学生が直面する困難とその支援
フルテキストURL Journ_Sci_Sch_010_103_112.pdf
著者 Kondo, Yoshiko| Takatsuka, Shigenobu| Gardner, Scott|
抄録 プロセスライティング法を使った2005年から2007年の日本の大学での英文ライティングの授業で,初級クラスの学生による, ライティング前/ ライティング/ ライティング後のそれぞれのプロセスにおけるトピックの選定, ブレインストーミング,アイデアの構成,初稿作成,ピアレビュー,書き直し,最終稿作成といった段階に関連して対話型ジャーナル(感想の記録)を書く課題の分析を通して, ライティング初心者の日本人大学生が直面する問超を考察した。その結果, ライティング初心者はそれぞれの段階において様々な問題をかかえることが明らかになった。これらの問題を軽減するために必要なライティング指導について論じる。
キーワード 対話型ジャーナル ライティング初心者 ライティングの困難点 EFLライティング指導
出版物タイトル 教育実践学論集
発行日 2009
10巻
開始ページ 103
終了ページ 112
ISSN 1345-5184
言語 English
論文のバージョン publisher
著者 曽 罡| 吉田 達弘| 髙塚 成信|
発行日 2008-03
出版物タイトル 教育実践学論集
9巻
資料タイプ 紀要論文
著者 髙塚 成信|
発行日 2001
出版物タイトル 中国地区英語教育学会研究紀要
31巻
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 髙塚 成信|
発行日 2003
出版物タイトル 中国地区英語教育学会研究紀要
33巻
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/bgeou/15016
タイトル(別表記) Corrective feedback : Recent developments in recasts research and their pedagogical implications
フルテキストURL 140_013_018.pdf
著者 髙塚 成信|
抄録 The effects of corrective feedback on second language(L2)development have recently been investigated extensively from the interactionist perspective. This paper attempts to review the literature on corrective feedback in general and recasts in particular and to deduce some implications for L2 pedagogy from the research, which indicates that types and characteristics of feedback, measures for L2 development, leaner responses to feedback, leaner L2 proficiency levels and instructional contexts, among others, have variable roles to play in determining how useful a particular type of feedback may be for L2 development.
キーワード corrective feedback recasts prompts L2 development
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2009-02-25
140巻
開始ページ 13
終了ページ 18
ISSN 1883-2423
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307299
JaLCDOI 10.18926/bgeou/12809
フルテキストURL 137_079_090.pdf
著者 Takatsuka, Shigenobu|
抄録 The current state of English as a Lingua Franca (ELF) used in communication between nonnative speakers of English seems to require a change in the way English is taught and learned. However, English has still been taught and learned as a foreign language as ifit were mainly used in communication with its NSs. This article attempts to review some ofthe recent advances in ELF research and then to draw their pedagogical implications.
キーワード English as a Lingua Franca (ELF) English as a Foreign Language (EFL) interlanguage theory ELF core accommodation skills
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
発行日 2008-02-25
137巻
1号
開始ページ 79
終了ページ 90
ISSN 0471-4008
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002304878
JaLCDOI 10.18926/bgeou/10455
フルテキストURL 077_0213_0222.pdf
著者 髙塚 成信|
抄録 In this paper an attempt is made to investigate the way the linguistic form 'Will you- ?' is introduced as a request form in junior high school English textbooks and to point out some problems involved. This investigation then suggests that the forms 'Would you~ ?' or 'Could you~ ?' instead of 'Will you~ ?' should be introduced as a request form at the junior high school level.
キーワード 中学校 英語教育
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
発行日 1988
77巻
1号
開始ページ 213
終了ページ 222
ISSN 0471-4008
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002311314