JaLCDOI 10.18926/bgeou/9343
フルテキストURL 071_0339_0354.pdf
著者 稲田 利徳|
抄録 兼好が生前、「徒然草」の著者としてではなく、二条為世門の歌人として知られていたことは、洞院公賢の日記「園太暦」(貞和二年閏九月六日の条)の「兼好法師来、和歌数寄者也、召簾前謁之」の記事などによっても推察できる。
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
発行日 1986
71巻
1号
開始ページ 39
終了ページ 54
ISSN 0471-4008
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002311084