JaLCDOI 10.18926/bgeou/9211
フルテキストURL 065_0323_0341.pdf
著者 稲田 利徳|
抄録 頓阿の家集「草庵和歌集」(以下「草庵集」と略称)は、その成立当初より歌人たちの注目を集め、二条派の規範的な和歌を集めた歌集として大いに享受された。この趨勢は江戸時代になっても持続され、香川宣阿の「草庵集蒙求諺解」(享保八年刊、正続二十巻)、それを批判した、桜井元茂の「草庵集難註」(享保十五年刊、二巻)、本居宣長の「草庵和歌集類題」(元禄八年刊、蜂谷又玄編)、「草庵類句和歌(元禄一二年刊)などの類題本や索引などが多数刊行された。
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
発行日 1984
65巻
1号
開始ページ 23
終了ページ 41
ISSN 0471-4008
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002311056