JaLCDOI 10.18926/bgeou/8879
フルテキストURL 052_0445_0456.pdf
著者 稲田 利徳|
抄録 前稿は「草庵集」の撰歌資料の考察として、「聖護院五十首」をとりあげたが、本稿はそれに続くものである。撰歌資料の考究の意義や目的に関しては、すでに前稿で述べたので、ここでは省略する。今回、対象とするものは「花十首寄書」と「建武二年内裏千首」であるが、ともに正和期、建武期の二条派歌壇における頓阿の活躍を示す和歌資料である。前者は、その歌会の全貎を示す資料が現存するが、後者は全作品が残らず、撰集類からの断片的な資料収拾によって、およその背景を知るほかない。その点、考察方法は異なるが、「草庵集」編纂に際して、共に重視した資料と考えられるので、ここで一括して処理したい。
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
発行日 1979
52巻
1号
開始ページ 445
終了ページ 456
ISSN 0471-4008
関連URL http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/1787/
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002306903
JaLCDOI 10.18926/bgeou/8877
フルテキストURL 052_0436_0444.pdf
著者 森 熊男|
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
発行日 1979
52巻
1号
開始ページ 436
終了ページ 444
ISSN 0471-4008
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002306901