JaLCDOI 10.18926/bgeou/1477
フルテキストURL 038_0122_0142.pdf
著者 稲田 利徳|
抄録 本誌第三十七号掲載の拙稿においては、「草根集」の、(一)伝本研究の状況、(二)伝本の概要、(三)伝本分類の目的と方法、の各項目にそって論及し、続いて巻別による分類方針のもとで、巻一・二に検討を加えた。本稿も前稿を継承し、以下巻三から巻七まで諸本を通覧し、その留意箇所に着目して、各伝本の性格を追究した。なお、前稿脱稿後、田中新一氏は、さらに「『草根集』秋本系欠巻についての続攷」(愛知県教育大学研究報告第22輯・昭48・2)なる論考を公表されたので、これを(へ)論文として援用してゆく。
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
発行日 1974
38巻
1号
開始ページ 122
終了ページ 142
ISSN 0471-4008
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002306092