Okayama Economic Review
Published by the Economic Association of Okayama University

倉敷市における地域公共政策の支援活動

Mimura, Satoshi researchmap
Abstract
平成23(2011)年に設立された「岡山大学地域総合研究センター」は、通称「AGORA(広場)」と呼ばれ、地域コミュニティにおける「市民参加や市民協働」、「地域共存・地域共生」を推進、実践するために、多様な人が集い、みなで熟議し、直面する社会課題を解決することを使命とした全学センターである。そこではシンクタンク機能を果たしながら、併せて、学生の地域社会における活動や教育カリキュラム作りを支援する活動を続けてきた。令和3(2021)年は設立10年目を迎えるため、拙者が担当した倉敷市に係る活動の概要を紹介することにより、同センターの小括として記録に留める。
Note
研究ノート(Notes)
ISSN
2433-4146
NCID
AN00032897