このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11282
Eprint ID
11282
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Evaluation of Three Different Procedures for Extracting Adenylates from Barley Roots Prior to Luminometric Quantification
著者
秋山 佳子 岡山大学
河﨑 利夫 岡山大学
抄録
Three methods were compared for extracting adenylates from barley roots prior to their quantification by a lumino-metric method. In respect of efficiency in extracting adenylates and easiness in handling, the best result was obtained in the root sample which was homogenized in perchloric acid, neutralized by mixing with octylamine dissolved in 1,1,2-trichloro-1,2,2-trifluoroethane and centrifuged.
抄録(別表記)
高等植物根のアデニル酸をルシフェリン-ルシフェラーゼ法による定量に適する抽出法を捜すために、数種の抽出法を比べた。過塩素酸で抽出し、オクチルアミンで中和し、フロンの一種で洗う方法が最も抽出効果が高く、また比較的操作が簡便であった。
キーワード
Adenylate extraction
ADP
AMP
ATP
Barley roots
発行日
1995
出版物タイトル
岡山大学資源生物科学研究所報告
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of the Research Institute for Bioresources, Okayama University
3巻
2号
出版者
岡山大学資源生物科学研究所
出版者(別表記)
Research Institute for Bioresources, Okayama University
開始ページ
137
終了ページ
143
ISSN
0916-930X
NCID
AN10381600
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し