著者 Okazaki, Yuki| Furumatsu, Takayuki| Kamatsuki, Yusuke| Okazaki, Yoshiki| Masuda, Shin| Hiranaka, Takaaki| Kodama, Yuya| Miyazawa, Shinichi| Ozaki, Toshifumi|
キーワード Anterior cruciate ligament Lateral meniscus Posterior root tear Transtibial pullout repair Meniscus extrusion
備考 This fulltext is available in Apr. 2021.|
発行日 2020-04-08
出版物タイトル Orthopaedics & Traumatology: Surgery & Research
106巻
3号
出版者 Elsevier
開始ページ 469
終了ページ 473
ISSN 1877-0568
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
論文のバージョン Author
PubMed ID 32278734
DOI 10.1016/j.otsr.2019.10.022
Web of Science KeyUT 000539660200014
関連URL isVersionOf https://doi.org/10.1016/j.otsr.2019.10.022
著者 Yoneda, Yasushi| Ito, Sachio| Kunisada, Toshiyuki| Morimoto, Yuki| Kanzaki, Hirotaka| Yoshida, Aki| Shimizu, Kenji| Ozaki, Toshifumi| Ouchida, Mamoru|
発行日 2013-10-09
出版物タイトル PLoS ONE
8巻
10号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/AMO/52786
フルテキストURL 68_4_201.pdf
著者 Endo, Hirosuke| Akazawa, Hirofumi| Mitani, Shigeru| Okada, Yoshiki| Yamane, Kentaro| Ozaki, Toshifumi|
抄録 We reviewed the treatment outcome in 14 hips of 7 patients who were diagnosed as having bilateral developmental dislocation of the hip (DDH) after walking age and could be followed up until they were at least 14 years of age. Based on the results of two-directional arthrography of the hip, closed reduction was performed in 2 hips, and open reduction was performed without osteotomy in 12 hips. The final radiographic evaluations were made according to the Kalamchi and MacEwen classification and Severin classification. The mean age at the initial visit was 1 year and 9 months (range, 1 year and 5 months to 3 years). The outcome was satisfactory for one hip in Group Ⅰ and 2 hips in Group Ⅱ according to the Kalamchi and MacEwen classification, and in 83% of the Severin Class Ⅰ and Ⅱ hips. Arthrography was useful for identifying asymmetry, demonstrating the usefulness of a treatment strategy based on arthrography of the hip.
キーワード developmental dislocation of the hip bilateral case arthrogram open reduction after walking age
Amo Type Original Article
発行日 2014-08
出版物タイトル Acta Medica Okayama
68巻
4号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 201
終了ページ 206
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
著作権者 CopyrightⒸ 2014 by Okayama University Medical School
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 25145406
Web of Science KeyUT 000340687500002
著者 国定 俊之| 尾﨑 敏文|
発行日 2008-05-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
120巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/AMO/53556
フルテキストURL 69_4_205.pdf
著者 Okada, Yoshiki| Endo, Hirosuke| Mitani, Shigeru| Fujiwara, Kazuo| Tetsunaga, Tomonori| Kagawa, Yohei| Fujii, Yosuke| Kunisada, Toshiyuki| Ozaki, Toshifumi|
抄録 Total hip arthroplasty (THA) is the most effective treatment for advanced or end-stage hip osteoarthritis. However, venous thromboembolism (VTE) remains one of its unresolved complications. We reviewed the records of 322 patients undergoing primary THA and investigated the efficacy of anticoagulant prophylaxis for VTE. Our study cohort consisted of 60 patients who received no anticoagulants, 100 patients who received a factor Xa inhibitor (fondaparinux), 100 patients who received low molecular weight heparin (enoxaparin), and 62 patients who selectively received no anticoagulant prophylaxis due to perioperative bleeding, weight, and/or hemoglobin concentration. Enhanced 64-slice multidetector row computed tomography was performed postoperatively for 7 days in all cases. The incidence of VTE in the four groups was 15オ, 9.0オ, 6.0オ, and 6.4オ, respectively. The incidence of VTE was significantly lower in the groups receiving anticoagulant prophylaxis and the group selectively receiving no anticoagulant prophylaxis than in the group receiving no anticoagulants. Complications of fondaparinux therapy included hepatic dysfunction in 4 cases (4.0オ), minor bleeding in 2 cases (2.0オ), persistent wound drainage in 3 cases (3.0オ), and eruption in 1 case (1.0オ). The complications of enoxaparin therapy were persistent wound drainage in 1 case (1.0オ) and progression of anemia in 1 case (1.0オ). The incidence of VTE was low in patients who selectively received no anticoagulant prophylaxis, so we conclude that anticoagulant prophylaxis should be used selectively in THA cases.
キーワード total hip arthroplasty venous thromboembolism anticoagulant prophylaxis complications
Amo Type Original Article
発行日 2015-08
出版物タイトル Acta Medica Okayama
69巻
4号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 205
終了ページ 212
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
著作権者 CopyrightⒸ 2015 by Okayama University Medical School
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 26289911
Web of Science KeyUT 000365519100003
関連URL http://doi.org/10.18926/AMO/53680
著者 Okada, Yoshiki| Abe, Nobuhiro| Hisamori, Noriyuki| Kaneeda, Toshiaki| Moriyama, Shigeaki| Ohmori, Hitoshi| Mizutani, Masayoshi| Yanai, Hiroyuki| Nakashima, Yoshio| Yokoyama, Yusuke| Ozaki, Toshifumi|
発行日 2017-02
出版物タイトル Acta Medica Okayama
71巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/AMO/54825
フルテキストURL NCN7_3_146.pdf Fig.pdf
著者 Matsumoto, Namiko| Sato, Kota| Takahashi, Yoshiaki| Kawahara, Yuko| Yunoki, Taijun| Shang, Jingwei| Takemoto, Mami| Hishikawa, Nozomi| Ohta, Yasuyuki| Yamashita, Toru| Sakamoto, Maiko| Kondou, Eisei| Shibata, Rei| Yoshino, Tadashi| Ozaki, Toshifumi| Abe, Koji|
キーワード neurolymphomatosis neuro-oncology peripheral neuropathy peripheral nerve rheumatoid arthritis T-cell lymphoma
備考 This fulltext will be available in Feb 2020|
発行日 2019-02-19
出版物タイトル Neurology and Clinical Neuroscience
7巻
3号
出版者 Wiley
開始ページ 146
終了ページ 149
ISSN 2049-4173
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
OAI-PMH Set 岡山大学
論文のバージョン author
DOI 10.1111/ncn3.12280
Web of Science KeyUT 000466785700011
関連URL isVersionOf https://doi.org/10.1111/ncn3.12280
著者 佐々木 剛| 田澤 大| 長谷井 嬢| 国定 俊之| 吉田 晶| 橋本 悠里| 矢野 修也| 吉田 亮介| 宇野 太| 香川 俊輔| 森本 裕樹| 浦田 泰生| 藤原 俊義| 尾﨑 敏文|
発行日 2012-08-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
124巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 尾崎 敏文|
発行日 1989-06
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
101巻
5-6号
資料タイプ 学術雑誌論文
フルテキストURL K000901.pdf
著者 尾崎 敏文|
発行日 1991-03-28
資料タイプ 学位論文
学位授与番号 甲第901号
学位授与年月日 1991-03-28
学位・専攻分野 博士(医学)
授与大学 岡山大学
言語 Japanese
著者 島村 安則| 井上 円加| 小澤 正嗣| 金澤 智子| 斎藤 太一| 中原 龍一| 野田 知之| 西田 圭一郎| 尾﨑 敏文|
発行日 2011-08-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
123巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 藤原 一夫| 遠藤 裕介| 三宅 由晃| 尾﨑 敏文|
発行日 2010-08-02
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
122巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
タイトル(別表記) Japanese guidelines for the treatment of hip fractures in the elderly
フルテキストURL 122_253.pdf
著者 野田 知之| 尾﨑 敏文|
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
発行日 2010-12-01
122巻
3号
開始ページ 253
終了ページ 257
ISSN 0030-1558
言語 Japanese
著作権者 Copyright (c) 2010 岡山医学会
論文のバージョン publisher
DOI 10.4044/joma.122.253
NAID 130004903185
著者 三村 秀文| 藤原 寛康| 平木 隆夫| 郷原 英夫| 芝本 健太郎| 木股 敬裕| 尾﨑 敏文| 佐々木 了| 金澤 右|
発行日 2010-04-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
122巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 森本 裕樹| 尾﨑 敏文|
発行日 2011-12-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
123巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 田中 雅人| 杉本 佳久| 三澤 治夫| 高畑 智宏| 尾﨑 敏文|
発行日 2010-04-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
122巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 尾﨑 敏文|
発行日 2006-01-04
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
117巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文