このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 10594
Eprint ID
10594
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Terminal Velocity of Fluidizing Grains in a Vertical Pipe
著者
塔 娜 岡山大学
毛利 健太郎 岡山大学
門田 充司 岡山大学 Kaken ID publons researchmap
抄録
It is necessary to know the characteristics of grain when grain is transferred and processed. In this research, in order to clarify the fundamental flow characteristics of grain, the flow state in a vertical pipe was investigated. Brown rice, BB shot (pellets) "BB's" and soybean were fluidized by the air style. We determined minimum fluidization velocity and terminal velocity, recorded the flow state, and observed the flow state with a video camera. The results of the experiment were as follows: 1) Minimum fluidization wind velocities were 1.6-2.1m/s in soybean, and 1.2-1.7m/s in BB's. This might be because of the shapes of soybean and BB's. 2)A fountain state appeared in brown rice, but not in either soybean or BB's. This might be because of the shapes of soybean and BB's. 3)Terminal velocity was 6.8m/s in brown rice, 9.5m/s in BB's, and 12.2m/s in soybean respectively.
抄録(別表記)
穀粒を輸送し,調製加工する場合には,その特性を知る必要がある.本研究は,鉛直管内における流動状態を調べることにより,穀粒の基本的流動特性を明らかにする目的で,玄米,BB弾,大豆を空気流によって流動化させて,流動化開始風速と終端速度を求め,その流動状態をビデオカメラで記録して観察した.その結果から:1.流動化開始風速は,大豆が1.6~2.1m/s,BB弾は1.2~1.7m/s,玄米は0.6~1.1m/sの範囲にあった.2.玄米に噴水状態が現れたが,大豆とBB弾に噴水状態がなかった.これはBB弾と大豆の形状が球あるいは球に近いためであると考えられた.3.終端速度を測定した結果,玄米が6.8m/s,BB弾は9.5m/sで,大豆は12.2m/sであることが分かった
キーワード
grain
minimum fluidization velocity
static pressure drop
terminal velocity
発行日
2003-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
92巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
57
終了ページ
61
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa