このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11127
Eprint ID
11127
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Ethephon-induced Bisexual Flowers on Primary Shoot and Subsequent Fruit Quality of Melon,cv. Honey Dew
著者
池田 康政 岡山大学
難波 昌二 岡山大学
抄録
The effects of ethephon on the sex expression of flowers,and subsequent fruit quality of 'Honey Dew'melon were investigated.Ethphon induced many bisexual flowers on the primary shoot in the concentration of 100 or 200mg・ℓ-1 applied at the 8true-leaf expanded stage.The concentration of 200mg・ℓ-1 caused undeveloped and aborted flower buds,and the plant hight decreased with shoter internode.When enthphon treatment was repeated in the concentration of 100mg・ℓ-1,the number of bisexual flowers decreased;replicated treatment reduced both bisexual and flowers.In plants treated with 100mg・ℓ-1 at the 2,4 or 8 true-leaf expanded stages,many bisexual flowers occurred at the 6th to 9th,11th to 22nd and 16th to 25th nodes of the primary shoot,respectively.The fruits set on the primary shoot by ethephon treatment increased in the ratio of longitudinal diameter to cross.Ethephon-induced fruits decreased slightly in sugar content and the flesh was softer than those of the control.These results suggested that single treatment of ethephon was recommended in the concentration of 100mg・ℓ-1 at the 4-6 true-leaf expanded stage for induction of bisexual flowers on the 15th to 20th nodes of the primary shoot.
抄録(別表記)
'ハネデュー’メロンの花の性表現及び着生果実の形質に対するエセフォン処理の影響を検討した。第8葉期にエセフォン100,200mg・ℓ-1濃度で葉面散布すると、主枝節に雌花が多く誘導されたが、200mg・ℓ-1処理区では同時に花蕾不発育節や落蕾も増加した。また、節間の短縮による茎長の抑制が認められた。適濃度と考えられるエセフォン100mg・ℓ-1濃度で反復処理した場合、雌花数、雄花数ともに著しく減少した。第2葉、第4葉、第8葉期に100mg・ℓ-1 濃度で処理した場合、主枝節上の雌花誘導節位はそれぞれ6~9節、11~22節、16~25節で、処理時の生育ステージが早い段階ほど雌花発現に要する節数は少なくなった。エセフォン処理区の主枝節着生果実は無処理区の側枝節着生果実より縦長で、糖度は若干低く、軟化が進んでいた。以上の結果から、エセフォン処理により主枝15~20節に雌花を誘導するには、第4~6葉期に100mg・ℓ-1 の濃度で散布するのが最も効果的であることが示唆された。
キーワード
melon
ethephon
sex expression
fruit quality
発行日
1995-02-01
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
84巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
17
終了ページ
23
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa