著者 Sumimoto, Tetsuhiro| Maruyama, Toshinori| Azuma, Yoshiharu| Goto, Sachiko| Mondou, Munehiro| Furukawa, Noboru| Okada, Saburo|
発行日 2002-12
出版物タイトル Industrial Technology
1巻
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Sumimoto, Tetsuhiro| Maruyama, Toshinori| Azuma, Yoshiharu| Goto, Sachiko| Mondou, Munehiro| Furukawa, Noboru| Okada, Saburo|
発行日 2003-5
出版物タイトル Instrumentation and Measurement Technology Conference
2巻
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 中桐 義忠| 東 義晴| 渋谷 光一| 後藤 佐知子| 丸山 敏則| 杉田 勝彦| 園山 真世| 森岡 泰樹| 稲村 圭司| 田原 誠司| 宇野 弘文| 門久 繁文| 井上 龍也| 平木 祥夫|
発行日 1995-12-20
出版物タイトル 環境制御
17巻
資料タイプ 紀要論文
著者 中桐 義忠| 東 義晴| 丸山 敏則| 渋谷 光一| 後藤 佐知子| 杉田 勝彦| 森岡 泰樹| 門久 繁文| 井上 龍也| 平木 祥夫|
発行日 1998-08
出版物タイトル 環境制御
20巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/15282
タイトル(別表記) Influence of the Bone for Electron-beam Therapy
フルテキストURL 008_1_037_042.pdf
著者 中桐 義忠| 稲村 圭司| 田原 誠司| 宇野 弘文| 東 義晴| 渋谷 光一| 後藤 佐知子| 丸山 敏則| 森岡 泰樹| 栄 勝美| 中川 富夫| 武本 充広| 杉田 勝彦| 平木 祥夫|
抄録 電子線治療は,体表面またはその近傍に発生する悪性腫瘍の治療にしばしば用いられる治療法である。電子線はエネルギーに対応した飛程を持っており,飛程を越えると急激に線量は減少する。この性質は腫瘍に一定の線量を照射し,腫瘍後方に存在する決定臓器を保護することができるので,病巣を選択的 に治療するのに好都合である。しかし,照射野内に人体軌部組織より密度の違う物質が存在する場合,散乱,吸収の影響が大きく,電子線線量分布は乱れたものとなる。今回,人体内にある骨を想定してVolumeの違う骨Phantomを使 用して影響を調べたところ,骨幅によって骨後方および断端に線量の乱れが生じることがわかった。すなわち,骨の中央ではある程度後方に距離が離れると,線量は大きく減少する現象が見られた。また,横方向の線量分布は骨断端近くで一旦線量の減少が見られ,断端を離れると急激に増加する。したがって,実際の臨床において,Target Volume近くに骨が存在する場合は総線量の決定に際して注意が必要である。
抄録(別表記) The Electron-beam therapy is often used for the treatment to malignant tumors on the surface or its neighborhood of the body. An electron-beam has the range depended on its energy, and its dose is rapidly decreased at the points beyond the range. This property is available to irradiating a tumor with leaving the critical organs unexposed. However, we should take notice that the dose-distributions are disordered if materials of various densities are in the irradiation field. In this paper, we examined how the dose-distribution are disordered by using the phantom made from human bones of various volumes. As a result, the peculiar disorders of the dose-distribution due to the difference of the bone width were found at the back and edge of a bone. Moreover, the dose at the edge of a bone was decreased, but the dose at the side of a bone was rapidly increased in the distance position from the bone. It is necessary to take account of that the above peculiar phenomenon affect the total dose for the treatment when bones exist near the target volume in the irradiation field.
キーワード 電子線治療 (electron-beam therapy) 線量分布 (dose distribution) 不均質物質 (inhomogeneity)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1997-09-10
8巻
1号
開始ページ 37
終了ページ 42
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307839
JaLCDOI 10.18926/15261
タイトル(別表記) 現像温度および時間のマンモフイルム特性に与える影響
フルテキストURL 008_2_121_129.pdf
著者 丸山 敏則| 後藤 佐知子| 東 義晴| 中桐 義忠| 渋谷 光一| 杉田 勝彦| 竹内 知行| 本田 貢| 吉田 彰|
抄録 The influence for developing temperature and processing time within film processing conditions was investigated using four mammographic films, Konica New CM, Fuji UM-MA HC, Kodak Min-R M and Kodak EB/RA (for rapid system). And Fuji UR-2, a double-emulsion film, was used as a control. Those sensitometric strips exposed by a sensitometer were processed in the different combinations of developing temperatures ranging from 28 to 36℃, processing times from 45 to 210 sec. Average gradient, relative speed and base plus fog obtained from the measured film characteristic curves were evaluated for the different developing temperatures and times. Fuji UR-2 was scarcely affected and mammographic films were greatly affected in the different combinations without an increase in base plus fog except EB/RA. In New CM, UM-MA HC and Min-R M, the average gradients and the relative speeds increased as the developing temperature was higher and the developing time was longer, but the increases were limit on the combination of 36℃ and 210 sec in New CM and UM-MA HC. In EB/RA, the average gradients were almost constant and the relative speeds increased slightly like the double-emulsion film. These results suggested that it would be possible to contribute to dose reduction and advancement of contrast in New CM, UM-MA HC and Min-R M by changing these processing parameters.
抄録(別表記) フィルム処理条件において,現像温度と処理時間に対する影響を4種類のマンモグラフィ用フィルムKonica New CM, Fuji UM-MA HC,Kodak Min-R M,迅速処理用Kodak EB/RAについて調べた。そして,比較基準用として両面乳剤フィルムFuji UR-2を用いた。感光計で露光したフィルムを現像温度28~36℃,処理時間45~210秒で処理した。特性曲線から得られたフィルム特性(平均階調度,相対感度,カブリ濃度)を異なる現像温度,現像時間に対して評価した。UR-2はほとんど影響を受けず,マンモグラフィ用フィルムは,カブリ濃度が上昇することなく,現像条件の影響を大きく受けた。New CM, UM-MA HC,Min-R Mは現像温度の上昇,処理時間の延長に伴い,平均階調度と相対感度は増加した。しかし,New CM, UM-MA HCの36℃,210秒で増加は限度に達した。EB/RAの平均階調度は一定で,相対感度は両面乳剤フイルムと同 様にわずかな増加であった。これらの結果は,New CM, UM-MA HC, Min-R Mにおいて,処理条件を変化させることにより,被曝低減,コントラスト向上に貢献できる可能性を示唆していた。
キーワード マンモグラフィ (Mammography) 現像処理パラメータ (Processing Parameter) 特性曲線 (Characteristic Curve) 平均階調度 (Average Gradient) 相対感度 (Relative Speed)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1998-01-31
8巻
2号
開始ページ 121
終了ページ 129
ISSN 0917-4494
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307943
JaLCDOI 10.18926/15260
タイトル(別表記) Examination of density and mixing ratio of barium preparations, using an originally created phantom
フルテキストURL 008_2_113_119.pdf
著者 渋谷 光一| 宮原 智則| 鷲見 和幸| 大倉 保彦| 三宅 浩一| 奥田 和裕| 丹谷 延義| 東 義晴| 後藤 佐知子| 丸山 敏則| 中桐 義忠| 杉田 勝彦| 平木 祥夫|
抄録 胃Ⅹ線検査に造影剤として用いられる硫酸バリウム懸濁液の濃度を,簡便に,客観的に決定する目的で,歯科用アルギン酸塩印象材を用いて,コインの図柄を写しとったファントムを制作した。これを使って二種類の硫酸バリウム製剤の適正濃度(PD)を調べた結果,BARITOP PとBARICON MEALを単体,若くは混合した場合には,おおよそ,PD(W/V%)=0.75C+165(ただし,CはBARICON MEALの混合比(%))となった。また,BARICON MEALはコントラストが高く,精密検査に有利だと考えられ,BARITOP PとBARICON MEALを混合すると濃度の許容範囲が広がるため,通常の検査に都合がよいと考えられた。更に,このファントムは簡便に作成することができ,しかも,硫酸バリウム懸濁 液との親和性も良いことから,硫酸バリウム製剤やⅩ線TV装置の評価,増感紙・フィルム系の評価等にも応用できると考えられた。
抄録(別表記) A phantom copied designs of coins was created with alginate dental impression material to establish a objective, simple and easy method for deciding density of barium sulfate suspensions which are used for stomach X-ray examination as contrast media. As a result of examining proper density (PD) of two kind of barium preparations with this phantom, in case of BARITOP P and BARICON MEAL, PD were almost shown by the next equation : PD(W/V%)=0.75C+165(C meant content of BARICON MEAL (%)). As BARICON MEAL resulted in hight contrast, it was thought to be suitable for a close examination. Mixture of BARITOP P and BARICON MEAL was thought to be suited to a routine examination becouse of wide permissible level of density. This phantom would be able to apply to the test of balium preparations, X-ray TV systems, screen/film systems and so on.
キーワード 造影剤 (contrast media) 硫酸バリウム (barium sulfate suspension) 胃X線検査 (X-ray examination of the stomach) アルギン酸塩印象材 (alginate impression material) ファントム (phantom)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1998-01-31
8巻
2号
開始ページ 113
終了ページ 119
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307835
JaLCDOI 10.18926/15252
タイトル(別表記) Extended-cycle processによる乳房撮影用増感紙/フィルムシステムの画質改善
フルテキストURL 009_2_083_090.pdf
著者 後藤 佐知子| 丸山 敏則| 東 義晴| 中桐 義忠| 竹田 芳弘| 杉田 勝彦| 木村 文江| 門久 繁文|
抄録 Extended-cycle process is the term used for a processor in which the processing time has been prolonged usually to approximate 210 seconds. It has been known that the extended-cycle process of some single-emulsion films as used for mammography may enhance film contrast and increase film speed. So the speed was increased in lower speed and higher resolution system than conventional systems by means of using the extended-cycle process in this paper. We investigated how much the resolution of the system was kept. A single screen-single emulsion combination, Konica M-100/CM-H was employed as a low speed and high resolution system. This film after exposure was processed in the different combinations of developing temperatures, 30, 32 and 34℃, and processing time of 210 seconds. On the other hand, Konica M-200/CM-H was employed as a high speed system. This film was processed in the standard-cycle processing (34℃, 90 seconds). Those systems were compared on contrast, speed, screen-film blur and noise by a characteristic curve, MTF (modulation transfer function) and WS (wiener spectrum). Furthermore, the RMI 165 phantom was used to evaluate visibility of mammographic details of these systems. As a result, in the extended-cycle process at the developing temperatures of 32 or 34°C and processing time of 210 seconds for M-100/CM-H, it was possible to increase the speed as much as the higher speed system, M-200/CM-H. Then the contrast, the MTF and the visibility were also improved as compared to the higher speed system. Furthermore patient dose could be reduced at the developing temperature of 34℃ and processing time of 210 seconds in M-100/CM-H.
抄録(別表記) 通常,extended-cycle processは処理時間が約210秒に延ばされた現像機のために使われる用語である。乳房撮影に使われるような片面乳剤フィルムにおけるextended-cycle processは,フィルムコントラストを増し,感度をあげることが良く知られている。そこで,本論文ではextended-cycle processにより低感度,高解像度システムの感度を上げ,どの程度解像度が維持されるかを調べた。片面増感紙/片面フィルムの組合わせであるKonica M-100/CM-Hを低感度,高解像度システムとして用いた。露光後のフィルムは現像温度30,32, 34度,処理時間210秒の異なる組合わせで現像処理した。一方,高感度システムとしてKonica M-200/CM-Hを用い,このフィルムは標準現像(34℃,90秒)された。感度,増感紙/フイルムのぼけ,雑音に関して,特性曲線,MTF(modulation transfer function), WS(wiener spectrum)によってこれらのシステムを比較した。さらにこれらのシステムにおける乳房写真の細部視覚評価のためにRM165ファントムを使用した。その結果,M-100/CM-Hに対するextended-cycle process現像温度32, 34℃,処理時間210秒のextended-cycle processにおいて,高感度システムM-200/CM-Hと同等の感度を上げることが可能であった。そのとき,コントラスト,MTF,視覚的検出能も高感度システムより向上した。さらに,現像温度34℃,処理時間210秒では,被曝線量の低減が可能であった。
キーワード image quality mammography single screen-single emulsion film system high-resolution screen extended-cycle process
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1999-02-26
9巻
2号
開始ページ 83
終了ページ 90
ISSN 0917-4494
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307881
JaLCDOI 10.18926/15204
タイトル(別表記) Characteristic of GAFCHROMIC XR TYPE T dosimetry film
フルテキストURL 014_1_023_029.pdf
著者 窪津 真理子| 中桐 義忠| 氏福 亜矢子| 谷口 友季子| 八谷 美穂| 東 義晴| 後藤 佐知子| 丸山 敏則| 青山 英樹| 田原 誠司| 稲村 圭司| 渡邉 敏充| 杉田 勝彦|
抄録 医療の高度化に伴い,近年では長時間のⅩ線透視を行うInterventional Radiology(IVR)手技が頻繁に行われ,副作用としての難治性放射線皮膚障害例の報告が増加している。確定的影響である放射線皮膚障害はしきい値を超えると発症し,線量に依存して障害の程度が重篤となるため,患者被曝線量の測定が重要である。しかし,IVRでは照射部位が多彩で,焦点-皮膚間距離が不安定なため,その測定方法は確立されていない。本研究では,近年IVR等低エネルギー線量測定用フイルムとして開発されたCAFCHROMIC XR TYPE T について性能評価を行い,患者皮膚入射面の被曝線量測定への応用の可能性について検討した。その結果,線量特性,線質特性,ネット値の安定性に良好な特性を示し,臨床に使用可能であったので報告する。
抄録(別表記) In recent years, interventional radiology (IVR) using which uses prolomged fluoroscopy has been performed frequently in clinical radiology. Also, reports of radiation skin injuries whose symptoms occur after IVR has been also increasing. These symptoms will become worse if the radiation induced skin injuries are caused by doses which are above the designated threshold, and the grade of injuries are dependent on dose. Therefore, it is important that patient skin dose is measured correctly. But when perfoming IVR, irradiation is complex pricedure, and there is a measurement error with an unfixed source-to-skin distance. So. in this paper, characteristics of GAFCHROMIC XR TYPE T (which are film for low energy X-rays) are performed. Then, they are decided whether the application to the skin surface incidence dose measurement whoud be posible. From these results usefull data can be obtainned; for exanmpe film characteristics, energy factors and stability of sensivility.
キーワード 患者被爆線量 (Patient Exposure dose) GAFCHROMIC XR TYPE T Radiochromic film Interventional Radiology (IVR) 測定精度 (Radiation dosimetry)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2003-12-25
14巻
1号
開始ページ 23
終了ページ 29
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307331
JaLCDOI 10.18926/15203
タイトル(別表記) A study on the scattering exposure dose in radiotherapy.
フルテキストURL 014_1_015_022.pdf
著者 川辺 睦| 中桐 義忠| 小橋 一輝| 安村 直樹| 山下 剛央| 後藤 佐知子| 丸山 敏則| 澁谷 光一| 杉田 勝彦|
抄録 現代の医療のなかで癌治療において不可欠な存在となった放射線治療。一方,放射線被曝はたとえわずかであってもリスクが伴い,厳しく規制されている。ただし医療被曝はこの限りになく,過去においては癌患者に放射線治療をおこなう際の患部以外の被曝についてはあまり問題視されなかった。これには癌の治療という前提に加え,長期生存の可能性が低く,存命中に晩発障害が発生することが低いと考えられていたからである。しかし,集学的治療が確立した今後の放射線治療においては完治する放射線治療患者が多くなり,治癒後の余命が長くなることが予測される。放射線被曝による確率的影響は閾値がなく,影響は当然現れるであろう。そこで,放射線治療をおこなう際の患者の散乱線被曝線量,治療室内散乱線量,さらに高エネルギー放射線発生装置を取り扱うときに問題となっている中性子を測定した。その結果,測定線量は治療患部外被曝,室内散乱線量ともに無視できない量であることがわかった。中性子については,人体に影響がある線量は検出されなかったが,中性子の存在は室内物品の放射化の可能性を示唆するもので定期的な測定管理が必要である。また,Ⅹ線撮影室用の防護衣による散乱線被曝の低減効果は放射線治療室では無意味であった。
抄録(別表記) In modern medicine, radiotherapy has proved indispensable in the treatment of cancer. However. radiation exposure is a health hazard. and is thus strictly regulated. In the past, incidental exposure was not considered to pose a considerable risk, and because radiotherapy was an effective treatment for cancer and because the possibility of the long-term survival was generally poor, the prevalence of radiation injury was thought to be low. In recent years, however, more patients are making complete recoveries, and it is believed that long-term survival is possible with future radiotherapy techniques. There is no threshold for the stochastic effects of radiation exposure, and thus such effects may be detected even at low levels. In the present study, we measured the radiation exposure due to scattered rays from the patient, incidental radiation levels in the radiotherapy room, and levels of neutron radiation. which is a problem when high-energy X-ray radiotherapy systems are used. The results showed that exposure due to scattered rays and incidental levels in the radiotherapy room cannot be dismissed. and that further investigation is warranted. As for neutron radiation, dosages were below those that are known to influence the human body, but regular measurement is necessary because it may induce radioactivity in otherwise benign equipment. In addition, a protective apron had no effect on the exposure due to scattered rays in the radiotherapy room.
キーワード 散乱線被曝 (Exposure of scattered rays) 中性子 (Neutron) 放射線治療 (Radiotherapy) 確率的影響 (Stochastic effect)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2003-12-25
14巻
1号
開始ページ 15
終了ページ 22
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307504
JaLCDOI 10.18926/15168
タイトル(別表記) Electrical Cell-substrate Impedance Sensing (ECIS)法を用いた培養細胞の微細挙動の定量的評価法 - 細胞-細胞間隙と細胞-電極間隙の評価 -
フルテキストURL 017_1_009_015.pdf
著者 合田 典子| 山本 尚武| 中村 隆夫| 楠原 俊昌| 丸山 敏則|
抄録 We have proposed a mathematical model for the micro-dynamics for cultured cells measured with ECIS system for the detection of nanometer-order dynamics of cells cultured on a small gold electrode and could separately evaluate cell-to-cell distance (A) and cell-to-substrate distance (h). For wide applications of this method, we constructed mathematical models which express cell-to-electrode impedances for some kinds of confluent conditions. Based on this mathematical model, we defined new parameters S(A) and S(h) in order to evaluate cell-to-cell distance and cell-to-substrate distance. As the application, we investigated the effect of X-irradiation to bovine aortic endothelial cell (BAEC). We analyzed the micro-dynamics of cells from the impedance of BAEC before and after X-irradiation. It was proved that the stimulation of 100 Gy X-irradiation to the BAEC resulted in the large scale of increase in the cell-to-cell distances (A), and the slight increase in the cell-to-substrate distances (h) accompany with continuous fluctuations.
抄録(別表記) [背景] Electrical Cell-substrate Impedance Sensing (ECIS)は培養細胞の電気的計測により,その微細挙動を評価する工学的手法である。我々はECISを用いてこの微細挙動を細胞-細胞間隙と細胞-電極間隙に分離して推定することが可能な数学的モデルを提案してきた。本研究ではこの数学的モデルを使用して,Ⅹ線を照射した牛大動脈内皮細胞(bovine aortic endothelial cell : BAEC)の微細挙動の経時変化を評価した。 [方法と結果] ECISシステム(Model 1600R Applied BioPhysics)を用いてBAECのコンフルエント到達前後で計測を行い,数学的モデルを構築した。このモデルは細胞の微細挙動を検出するために重要な周波数レンジである1-10kHzにおいて測定結果とよく一致し,Cole-Cole円弧則に従う。さらに細胞-細胞間距離Aの増減に対応する校正定数S(A)と細胞-電極間距離hの増減に対応する校正定数S(h)を導入し,ベクトルインピーダンスの変化に対応した値を算出することで細胞の微細挙動を評価することとした。次に本法によりX線(150kV, 100Gy)を照射したBAECの微細挙動を評価した。Ⅹ線照射細胞では時間経過と共に抵抗成分の変化が支配的なインピーダンスの減少が確認された。この現象はS(A)の大きな増加とS(h)の微小な減少をもたらした。このパラメータの変化は細胞間隙が拡大したことを示しており,Ⅹ線照射による細胞内損傷により細胞密度が低下したと考えられた。 [結論] 本法は培養細胞の微細動態の変化を細胞-細胞間隙と細胞-電極間隙に分けてリアルタイムに定量評価することが可能であり,各臓器の細胞レベルでの薬物の治療効果や Ⅹ線に対する耐性の評価に適応できるものと考える。
キーワード ECIS method (ECIS法) bio-electrical impedance (生体インピーダンス) cultured cell modeling (細胞培養) micromotion of cultured cells (細胞微細挙動) X-irradiation (放射線被曝)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2007-03-15
17巻
1号
開始ページ 9
終了ページ 15
ISSN 1345-0948
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307368
JaLCDOI 10.18926/11766
タイトル(別表記) Basic properies of beam flatness analyzer (THEBES 7000)
フルテキストURL 007_1_023_027.pdf
著者 中桐 義忠| 小栗 宣博| 丸山 敏則| 大川 義弘| 若狭 弘之| 永谷 伊佐雄| 東 義晴| 渋谷 光一| 後藤 佐知子| 三上 泰隆| 稲村 圭司| 森岡 泰樹| 杉田 勝彦| 平木 祥夫|
抄録 癌の有力な治療法の1つである放射線治療はシステム全体の許容誤差が±5%と、正確な治療が要求されている。正確な線量を正確な場所に照射されなければならない。そのためには日頃から照射装置のQuality Control が重要である。Beam平坦度の測定はその中でも、重要な項目で1/6月の測定頻度が勧告されている。今回、市販のBeam Flatness Analyzer (7000型 THEBES) を使用する機会を得たので、その基礎的性能であるChamber 相互の感度のちがい、測定値の再現性、識別可能な最小線量について実験を行った。各項目とも誤差が非常に少なく、日常の使用に際してそのデータは十分信頼できるものであることがわかった。
抄録(別表記) Lrradiation, which is one of the effective therapies to Cancer, is required to be accurate within ±5% of the tolerable error of the total system. An accurate dose has to be irradiated accurately at a target volume. For that Quality Control of the irradiation equipment is cotinually important. As the measurement of Beam Flatness is an important item, it is obligated to be measured once a week. In this paper as we have an opportunity to use a Beam Flatness Analyzer sold on a corporation of medical instrument, we experiment about the difference of sensitivity of mutual Chamber which is its basic property, the reproducibility of the measured score, and the minimum value of measuralbe dose. We find that the difference in every item is so small that its data is very reliable in a daily use.
キーワード 放射線治療 (radiation therapy) ビーム平坦度 (beam flatness) 性能評価 (valuation of property) 電子加速器 (electron accelerator)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1996-09-30
7巻
1号
開始ページ 23
終了ページ 27
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313499
JaLCDOI 10.18926/11735
タイトル(別表記) Clinical application of the contrast media containing soft drinks for the X-ray examination of the stomach
フルテキストURL 006_015_021.pdf
著者 渋谷 光一| 中桐 義忠| 東 義晴| 後藤 佐知子| 丸山 敏則| 杉田 勝彦| 大倉 保彦| 夏川 浩一| 丹谷 延義| 延原 栄太朗| 森岡 泰樹| 竹田 芳弘| 平木 祥夫|
抄録 胃X線検査の被験者を増やし、検査を円滑に行う上で造影剤である硫酸バリウム懸濁液の飲みにくさが障害の一つとなっている。これを改善する目的で、懸濁液に市販の粉末清涼飲料を混入したところ、64.2%の人が通常のものよりも飲みやすいと答えた。臨床上も造影剤の付着が悪くなったり、胃の蠕動を促進する等の問題は生じず、有用であると考えられた。
抄録(別表記) Barium sulfate suspensions are disliked by many people. This is one of the obstacles to increase persons who consult doctors and to have medical examinations smoothly. We mixed soft drinks into the suspensions to improve this problem. As a result, they were popular among 64.2% people, there were not any clinical troubles that the suspensions did not stick to the mucous membrane of the stomach well, the peristalsis of the sotmach were promoted, and so on. These results suggest that the contrast media containing soft drinks is useful for the X-ray examinations of the stomach.
キーワード 造影剤 (contrast media) 硫酸バリウム (barium sulfate suspension) 清涼飲料 (soft drinks) 消化管検査 (barium examination)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1996-02-29
6巻
開始ページ 15
終了ページ 21
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313345
JaLCDOI 10.18926/11733
タイトル(別表記) Physical Properties of Screen-Film Systems - New System for Chest Radiography -
フルテキストURL 006_007_013.pdf
著者 後藤 佐知子| 吉田 彰| 中村 伸枝| 丸山 敏則| 東 義晴| 渋谷 光一| 中桐 義忠| 杉田 勝彦| 本田 貢|
抄録 胸部専用の新しい増感紙/フィルムシステムについて物理的画質特性を測定し、従来のシステムと比較を行った。測定した新システムは、日本コダックのインサイトシステムからHC/IT-1、富士メディカルシステムのADシステムからHG-M/UR-1、コニカのEXシステムからXG-S/ES-C である。従来のシステムとして富士メディカルシステムのHR-4/Super HR-S を使用した。その結果、新システムは22~73%感度は高く、特性曲線においては低濃度部を持ち上げ、最大コントラストは高濃度側にシフトしていた。空間周波数2cycles/mmで相対鮮鋭度を比較すると、新システムが10~30%程度の低下となっていた。ノイズは、濃度1.0で新システムが35~46%の減少となった。以上より、新システムは、縦隔部の濃度を上げ、粒状性の改善を重視した設計となっていることが分かった。
抄録(別表記) The new three screen-film systems, Kodack INSIGHT system HC/IT-1, Fuji AD system HG-M/UR-1, and Konica EX system XG-S/ES-C for chest radiography were evaluated. In addition, the conventional system Fuji HR-4/Super HR-S was measured for comparison with new systems. The evaluation method is as follows. The image quality characteristics, speed, contrast, resolution and granularity were measured. The sensitivity and contrast were determined by measuring the MTF (modulation transfer function) and NCTF (normalized contrast transfer function). The granularity was estimated by measuring the Wiener spectrum. The speed of the new systems were improved by 22% to 73%. The dinsities at the maximum gradient value were shifted to high density (2.0-2.7). However, they had 10% to 30% less resolution. The other hand, the granularities were improved by 21% to 37% at 1.0 density. These results suggested that the emphasis of new systems was put on improving the image quality of mediastinum region, maintaining performance of the conventional system.
キーワード 増感紙フィルム系 (screen-film system) 物理特性 (physical properties) 感度 (speed (film sensitivity)) コントラスト (contrast) 鮮鋭度 (resolution) 粒状性 (granularity)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1996-02-29
6巻
開始ページ 7
終了ページ 13
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313511
JaLCDOI 10.18926/11721
タイトル(別表記) The influence of air attenuation in characteristic curve for mammographic screen-film system
フルテキストURL 010_2_091_098.pdf
著者 丸山 敏則| 後藤 佐知子| 東 義晴| 中桐 義忠| 渋谷 光一| 杉田 勝彦|
抄録 マンモグラフィ専用装置を使用して,距離法で低エネルギー領域のX線におけるマンモグラフィ用増感紙/フィルムシステムの特性曲線を得るためには,空気滅弱の影響を考慮する必要がある。その影響について,実効エネルギーから空気減弱分を補正,照射線量測定による補正,Bednarek法を応用した新距離法の3種類の方法を使って検討した。さらに,一般撮影装置でも,マンモ用システムに対して距離法で特性曲線を作成し,エネルギ ーの変化による影響についても検討した。その結果,3方法の特性曲線およびグラディエント曲線は,新距離法が高濃度域でわずかにずれるもののほぼ一致した。新距離法に対する平均階調度,最大階調度の最大誤差は,2.7%,0.2%であり,一般撮影用装置の距離法と3方法との間では,一般撮影用装置の距離法に対して最大誤差は2.7%,1.5%であった。以上のことから,エネルギーの変化による特性曲線への影響はほとんどなく,低エネルギー領域での特性曲線は空気特配の補正を行うことのみで得られると考えられる。
抄録(別表記) It is necessary to take air attenuation into account when we use inverse square sensitometry to obtain characteristic curve for the mammographic screen-film system at low x-ray energies as used with the dedicated unit. Three kinds of the inverse square sensitometry approach of correcting by air attenuation obtained from effective energy, of correcting by exposure dosimetry and of using modified the technique of Bednarek were employed to investigated the influence of x-ray energy in the characteristic curves for the mammographic screen-film system. In addition, the inverse square sensitometry with the general radiographic unit was employed and the influence of x-ray high energy in the characteristic curves was also investigated for the same screeri-film system. Though characteristic curves and gradient curves of the new inverse square sensitometry were a little lower than the others in high-density region, the curves with three kinds of methods almost coincided. Maximum relative errors of average gradient and maximum gradient for modified the technique of Bednarek were found to be 2.7% and 0.2% among the others respectively. Moreover, maximum relative errors of gradient and maximum gradient for the inverse square sensitometry with the general radiographic unit were 2.7% and 1.5% among three kinds of methods with the dedicated unit respectively. It was considered that the characteristic curves for the mammographic screen-film system were little influenced by x-ray energy and could be obtained only by correcting air attenuation from above results.
キーワード マンモグラフィ (mammography) 低エネルギー領域 (low x-ray energy) 特性曲線 (characteristic curve) 距離法 (inverse square sensitometry) 空気減弱 (air attenuation)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2000-03-24
10巻
2号
開始ページ 91
終了ページ 98
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313929
JaLCDOI 10.18926/11714
タイトル(別表記) スクリーン/フィルム乳房撮影法における乳房線量測定システム
フルテキストURL 010_2_099_106.pdf
著者 後藤 佐知子| 東 義晴| 丸山 敏則| 中桐 義忠| 竹田 芳弘| 杉田 勝彦| 門久 繁文|
抄録 The average glandular dose to glandular tissue m mammography is generally assumed to be a function of beam quality (HVL), x-ray tube target material, tube voltage, breast thickness, breast composition and, to a lesser extent, x-ray tube voltage waveform. The average glandular dose is generally determined from published tables with knowledge of the above function. Tables for a high frequency x-ray generator are not yet published. In our study, the lookup tables for the average glandular dose were made at 28 kV (high frequency x-ray generator), employing a breast simulating tissue (0-100% adipose tissue, 0-100% glandular tissue) phantom for an Mo target - Mo filter source assembly. We tried to estimate breast composition from x-ray mammograms by digital image processing techniques, also using the simulating tissue phantom. Then the system that automatically calculates the average glandular dose from digitized clinical x-ray mammograms was built. It is considered that this system can contribute to objective evaluation of the average glandular dose.
抄録(別表記) 乳房X線撮影法において乳腺組織に対する平均放射線吸収線量,すなわち平均乳腺線量は放射線のリスクの最も有用な測定法であり,現在,乳房に対する線量の評価に用いられている指標である。一般に,平均乳腺線量は線質(HVL),X線管球ターゲット材料,管電圧,圧迫乳房厚さ,乳房構成および(ある程度)X線管電圧波形の関数であるとされている。平均乳腺線量は,上記の関数についての情報を備えた表が公表されており,一般にその表を使って決定されている。近年,インバータ式といわれる高周波X線発生装置が普及してきた。しかし,その装置用の表は,まだ公表されていない。我々の研究では,乳房組織をシュミレートするファントム(0~100%乳腺組織,0~100%脂肪組織)を使用して,28kVでMoターゲット―Moフィルタソースアセンブリーを備えた高周波X線発生装置のために,平均乳腺線量用のルックアップテーブルを作成した。同様に,乳房組織をシュミレートするファントムを使用して,乳房X線写真から,ディジタル・イメージプロセシング技術によって,乳房構成の評価を試みた。そして,ディジタイズされた臨床乳房X線写真から,平均乳腺線量を自動的に計算するシステムを構築した。サンプル数が少ないため断定はできないが,日本女性は,基準構成(50%の脂肪および50%の乳腺組織)と比較すると,脂肪が少ない傾向を分析結果は示唆していた。また,平均乳腺吸収線量の限度は,明確に規定されていないが,American College of Radiology(ACR)は4 mGyなどを推奨している。また日本では,3 mGyが推奨されているが,我々の撮影システムはこれらを十分満足していた。このように本システムは,平均乳腺線量の客観的な評価に寄与するとともに,DR(digital radiography)などに応用すると,すなわちルックアップテーブルをDRのコンピュータに保存しておけば,撮影後すぐに乳房構成および平均乳腺線量を算出できる可能性をもつ。
キーワード Screen/Film Mammography (スクリーン/フィルム乳房撮影法) Breast composition (乳房構成) Average glandular dose (平均乳腺線量) Entrance skin exposure (皮膚入射線量) Breast-equivalent material phantom (乳房組織等価ファントム)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2000-03-24
10巻
2号
開始ページ 99
終了ページ 106
ISSN 1345-0948
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313736
JaLCDOI 10.18926/11690
タイトル(別表記) A study of x-rays protection in a hip-joint radiography examination
フルテキストURL 011_2_059_064.pdf
著者 中桐 義忠| 丸山 敏則| 後藤 佐知子| 東 義晴| 澁谷 光一| 田村 恵里| 谷本 江利子| 鳥居 史子| 竹田 芳弘| 杉田 勝彦|
抄録 幼小児を含めた若年者の股関節X線撮影検査においては鉛板などで生殖腺を防護して行うのが通常である。男性の場合は生殖腺は体外に露出しているので,それを鉛板で包むようにすればある程度目的は達成される。しかし,女性の場合,生殖腺は骨盤腔内に存在するため,卵巣及び子宮を防護でき診断目的領域にかからないように鉛板を成形し,腹壁上に置いて撮影する。X斬写真上ではグリッドで散乱線を除去しているため,鉛板の陰影がくっきりと撮影され,生殖腺は完全に防護されているように見える。しかし,体内では散乱線によるかなりの被曝があるものと考えられる。そこで今回,鉛板下の散乱線量を鉛板幅及び電圧を変化させ,ファントム内各深さの散乱線量を測定した。その結果,鉛板下の散乱線量が相当量認められ,その量は深さ3~4cmでピークを形成した。鉛板幅による変化は幅が狭いほど線量は大きくなり,電圧による変化は60kVと80kVを比べると80kVの方が多くなった。これを鉛板なしの場合と比較すると,ファントム内意さが増すにしたがい増大した。したがって,臨床において鉛板がずれて再撮影をすることのないよう細心の注意が必要であると考えられた。
抄録(別表記) Usually in a hip-joint radiographic examination for the youth including children, the gonads should be well protected with an appropriate lead shield etc. Since the male gonads are in the outside of the body, if covered with a lead shield, the shield can protect them. However, in the case of the female, since the gonads of exist in a pelvic cavity, the lead shield is cut to a specific pattern so that it can protect the ovaries and the womb, and it is set on the abdomen during the radiographic exposure. Since the scattered radiation on an X-ray film can be removed with the grid, the image of a lead shield is obtained clearly, and the gonads seem to be protected completely. The shield can not protect the gonads of the female from the scattered radiation, though it protects them almost completely from the primary X-rays beam. Therefore, the gonads have radioactive contamination from scattered radiation. Then, in order to estimate the amount of scattered radiation under the lead shield, the dose under the shield was measured by using a phantom in this research, changing lead shield width, the tube-voltage, and the monitoring depth of a phantom. As a results, the dose under the lead shield was observed considerably and showed the peak at the depth of 3 or 4cm. Therefore, it was thought that a careful caution was required for obviating lead shield in clinical.
キーワード 股関節X線撮影 (Radiography Examination of Hip-joint) 医療被爆 (Patient Dose) X線測定 (Dosimetry) 生殖腺防護 (X-rays Protection of the Gonads)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-03-24
11巻
2号
開始ページ 59
終了ページ 64
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313720