このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 727
Eprint ID
727
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Chlamydial Complement Fixing Antibodies in Feral Pigeons
著者
近藤 康博 岡山大学 Kaken ID researchmap
土左 かおり 岡山大学
田辺 昭 岡山大学
佐藤 孝二 名古屋大学農学部
抄録
名古屋市内及び周辺の3地区(市街地,住宅地及び近郊農村地区)並びに東京の1地区(繁華街)の計4ドバト集団について,クラミジア(CF)抗体保有状況を陽性率と抗体力価の面から調査した.1984年に採取した集団別の材料では,抗体力価は住宅地や農村部よりも市街地で高い傾向にあったが,陽性率においては集団間の差は小さかった.名古屋市街地における1984年から1986年の3年間にわたる調査では,陽性率は急激に上昇していることが明らかとなった.以上の結果について,今までの報告と比較検討した。
発行日
1987
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
70巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
19
終了ページ
22
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa