このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11886
JaLCDOI
Sort Key
13
タイトル(別表記)
Analysis of Tempormandibular Joint by Image Processing -Discrimination of Condylar Position-
フルテキストURL
著者
東 義晴 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科 Kaken ID publons researchmap
後藤 佐知子 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科 Kaken ID publons researchmap
中桐 義忠 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
中村 伸枝 岡山大学歯学部附属病院歯科放射線科
渋谷 光一 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
山田 俊治 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
杉田 勝彦 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
三上 泰隆 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
平木 祥夫 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
抄録
Tomography is clinically useful in the diagnosis of the temporomandibular joint (TMJ) syndrome. The TMJ is formed by the condyle and the glenoid fossa, and there exists TMJ space between them. Image processing was employed in the present study, and the reference points of the condyle and the glenoid fossa were determined from the tomogram. Subsequently, the TMJ space was measured automatically in the image analysis. The TMJs of 98 patients were examined practically and the characteristics of each result were studied. There is a possibility of discriminating an abnormal condylar position from a normal one by making use of the TMJ space and the distance between two reference points.
キーワード
Condylar Position
Temporomandibular Joint Space
Image Processing
Tomogram
Discrimination
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日
1994-01-31
4巻
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
75
終了ページ
82
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
fhs