このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11119
Eprint ID
11119
フルテキストURL
タイトル(別表記)
前核形成および初期胚発生に関係する豚卵胞卵子の細胞質成熟
著者
舟橋 弘晃 岡山大学 ORCID Kaken ID publons researchmap
抄録
Successful in vitro production of production of porcine embryos requires a series of integrated, effective techniques for in vitro maturation (IVM), in vitro fertilization (IVF) and in vitro culture (IVC). This paper reviews about cytoplasmic maturation associated with the efficiency of in vitro production of porcine embryos. Traditionally, the failure to from a male pronucleus have been reported as serious problems in producing porcine emabryos following IVM and IVF. The problem of male pronuclear formation is currently considered to be mainly due to oxidative stress during IVM. More recently the developmental competence of embryos following IVM and IVF has been investigated through improvement of culture conditions for oocyte maturation. Currently, an acceptable rate of blastocyst formation and the birth of live piglets has been achieved by investigating affecting factors during IVM, IVF and IVC of porcine oocytes. Since the ovarian oocytes available for IVM are primarily those present in mid-size antral follicles of prepuberal gilts, more research is needed to gain an improved understanding of the factors associated with the developmental competence in oocytes from both preantral and antral follicles.
抄録(別表記)
豚受精卵の体外生産を成功させるためには、体外成熟、体外受精および対外発生に必要な効率的な一連の技術の積み重ねが必要である。本総説は、効率的な豚受精卵の体外生産に関係する体外成熟中の諸要因について論じる。長い間、体外成熟卵子の体外受精後の雄性前核の形成不全は、体外受精卵を生産するための深刻な問題として、多くの研究者によって長い間研究されてきた。しかし現在では、雄性前核形成に関するこの問題は、すでに解決され、主に体外成熟中の酸化ストレスが原因であると考えられている。さらに最近、体外成熟・受精卵の初期発生能力は、卵成熟期間中の培養条件の改善を通じて飛躍的に改善されており、現在では、豚受精卵の初期発生に影響をおよぼす卵子成熟中の諸要因について研究によって、産業的に利用可能な胚盤胞受精卵作用効率およ産仔の生産効率が得られている。体外成熟可能な卵胞卵子は、通常春機発動以前の屠畜雌豚の卵巣に存在する中型成熟卵胞から回収されている。そこで、今後の研究において、春機発動以前の雌豚および性成熟を経た雌豚のそれぞれに存在する卵胞卵子の発生能力に影響をおぼす要因のさらなる理解が必要とされる。
キーワード
pig
oocyte
maturation
fertilization
developmental competence
発行日
1998-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
87巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
205
終了ページ
214
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa