JaLCDOI 10.18926/fest/54862
タイトル(別表記) Method for predicting minimum air temperature in the next morning using local meteorological observation data - Improvement on minimum air temperature forecasting system utilizing the Internet -
フルテキストURL fest_022_055_059.pdf
著者 上田 悠生| 三島 拓也| 三浦 健志| 諸泉 利嗣|
抄録 We have developed a minimum air temperature forecasting system using local meteorological observation data in order to prevent or mitigate the frost damage. In this paper, the correlation between the meteorological factors and the decrease in air temperature during the night was shown. Then minimum air temperature was predicted by the multiple regression equation that uses air temperature and humidity at 18:00 as explanatory variables. As the result, the root mean square error (RMSE) was 2.8°C. When the difference of air temperature between 17:00 and 18:00 was used for the prediction instead of humidity, the RMSE was 3.5°C. Next, the prediction was carried out only in clear nights, then the equation that use air temperature and humidity at 18:00 showed that the RMSE was 1.3°C. Although the predictive accuracy of the equations for clear nights is low on cloudy or rainy nights, we can forecast safely on frosty nights by using those equations in combination with the equations for all nights.
キーワード Minimum air temperature prediction frost damage IT multiple regression analysis
備考 研究論文 環境管理工学科
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2017-03
22巻
1号
出版者 岡山大学環境理工学部
出版者(別表記) Faculty of Environmental Science and Technology, Okayama University
開始ページ 55
終了ページ 59
ISSN 2187-6940
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005997443
Sort Key 5
Eprints Journal Name fest
JaLCDOI 10.18926/fest/53219
タイトル(別表記) Building of minimum air temperature forecast system using the Internet -Design of the forecast website-
フルテキストURL fest_020_035_040.pdf
著者 三島 拓也| 三浦 健志| 諸泉 利嗣|
抄録  The purpose of this study is to build a forecast system for predicting at minimum air temperature in the next morning from the meteorological data, such as air temperature, humidity, and the amount of solar radiation, in a field in the evening on the previous day. The meteorological data are sent to a relay server, and then, transferred to a PC in our laboratory of Okayama University by executing the computer program to import the data which are used to calculate the predicted values of minimum air temperature. The predicted minimum air temperatures are released for the farmers on the website in the server of Okayama University. The website is also created by our laboratory. As a result, the predicted minimum air temperatures agreed with the measured ones.
キーワード Minimum air temperature prediction internet frozen disaster
備考 研究論文 環境管理工学科
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2015-03
20巻
1号
出版者 岡山大学環境理工学部
出版者(別表記) Faculty of Environmental Science and Technology, Okayama University
開始ページ 35
終了ページ 40
ISSN 2187-6940
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005572534
Sort Key 5
Eprints Journal Name fest
著者 MOROIZUMI, Toshitsugu| ITO, Naoya| KOSKIAHO, Jari| TATTARI, Sirkka|
発行日 2014-06
出版物タイトル SYKE-OU Project Report
資料タイプ 研究報告書
著者 中道 丈史| 諸泉 利嗣| 三浦 健志|
発行日 2011-03-18
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
16巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 諸泉 利嗣| 楠山 倫世| 三浦 健志|
発行日 2009-12
出版物タイトル 環境制御
31巻
資料タイプ 紀要論文
著者 諸泉 利嗣|
発行日 2006-12
出版物タイトル 環境制御
28巻
資料タイプ その他
著者 諸泉 利嗣| 佐々木 裕美| 三浦 健志|
発行日 2008-12
出版物タイトル 環境制御
30巻
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 吉崎 文人| 黒田 訓宏| 三浦 健志| 諸泉 利嗣|
発行日 2004-07-01
出版物タイトル 岡山大学農学部センター報告
26巻
資料タイプ 紀要論文
著者 諸泉 利嗣| 佐藤 裕一| 佐藤 幸一| 三浦 健志|
発行日 2001-02-28
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
6巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 諸泉 利嗣| 四方田 穆| 三浦 健志|
発行日 2002-03-22
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
7巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 諸泉 利嗣|
発行日 2003-03
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
8巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 諸泉 利嗣| 佐藤 裕一| 佐藤 幸一| 佐々木 長市|
発行日 2004-02-27
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
9巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 繁澤 和佳子| 諸泉 利嗣| 佐々木 長市|
発行日 2006-03-15
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
11巻
1号
資料タイプ 紀要論文