このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 52933
Sort Key
6
タイトル(別表記)
Hospital and clinic cooperation for the treatment of rheumatoid arthritis in Okayama Prefecture, Japan
フルテキストURL
Thumnail 126_209.pdf 751 KB
著者
佐田 憲映 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腎・免疫・内分泌代謝内科学 ORCID Kaken ID
西田 圭一郎 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 人体構成学 Kaken ID researchmap
山中 隆夫 南岡山医療センター リウマチ科
三崎 健太 倉敷中央病院 内分泌代謝・リウマチ内科
若林 宏 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腎・免疫・内分泌代謝内科学
篠田 潤子 岡山労災病院 整形外科
髙木 徹 岡山赤十字病院 整形外科
矢野 隆介 矢野内科医院
中村 明彦 おさふねクリニック
難波 良文 川崎医科大学附属病院 整形外科
守田 吉孝 川崎医科大学附属病院 リウマチ・膠原病科
小山 芳伸 岡山赤十字病院 膠原病リウマチ内科
山本 惠嗣 山本整形外科医院
江澤 和彦 倉敷スイートホスピタル 内科
太田 裕介 香川労災病院 整形外科
吉原 由樹 倉敷成人病センター 整形外科
三好 信也 倉敷成人病センター 整形外科
棗田 将光 倉敷スイートホスピタル 内科
臼井 正明 岡山市民病院 整形外科
吉永 泰彦 倉敷成人病センター リウマチ膠原病内科
林 充 佐用中央病院 整形外科
山村 昌弘 岡山済生会総合病院 内科
橋詰 博行 笠岡第一病院 整形外科
抄録
Objective: To survey the current status and problems of cooperation between clinics and hospitals in Okayama Prefecture, Japan for the treatment of rheumatoid arthritis (RA).  Methods: We distributed a questionnaire to 300 of the 983 Okayama Prefecture clinics that had either an internal medicine or orthopedic surgery department, from December 2013 to February 2014. The questionnaire covered practice pattern for RA treatment in clinics, current status of the hospital and clinic cooperation, and acceptance of the biologic therapy.  Results: One hundred clinics responded to the questionnaire. Seventy percent of the clinics reported making referrals to rheumatologists before the initiation of RA treatment, and half of the other 30% of the clinics administered methotrexate as the first-line treatment for RA by their own decision. Sixty-six clinics cooperated with flagship hospitals, conducting medical and laboratory examinations, providing prescriptions, and treating common diseases of patients. These clinics expected the cooperating rheumatologists to follow-up patients every 3 to 6 months and to make the diagnosis, make decisions regarding RA treatment changes, and perform surgery. Seventy-one percent of the clinics responded that cooperation with a hospital is possible even for patients who are administered biologics. As reasons for no cooperation with the flagship hospitals, clinics noted the lack of information about rheumatologists in the area and recent trends in the management of RA.  Conclusion: The current study reported, for the first time, the actual conditions of management of RA in clinics, as well as future problems of hospital and clinic cooperation in Okayama Prefecture.
キーワード
病診連携(hospital and clinic cooperation)
関節リウマチ(rheumatoid arthritis)
生物学的製剤(biologics)
メトトレキサート(methotrexate)
備考
原著 (Original Paper)
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
発行日
2014-12-01
126巻
3号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
209
終了ページ
215
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2014 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
NAID
Eprints Journal Name
joma