著者 柳原 正文|
発行日 1995-09-30
出版物タイトル
資料タイプ 学位論文
著者 柳原 正文|
発行日 1983
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
64巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 柳原 正文|
発行日 1995
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
98巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 柳原 正文|
発行日 1996
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
101巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 眞田 敏| 高橋 秀美| 加戸 陽子| 中山 利美| 柳原 正文| 荻野 竜也|
発行日 2006
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
132巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 眞田 敏| 中山 利美| 森上 朋子| 加戸 陽子| 柳原 正文| 荻野 竜也|
発行日 2006
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
132巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 津島 靖子| 眞田 敏| 柳原 正文|
発行日 2008-02-25
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
137巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 柳原 正文|
発行日 1995-07
出版物タイトル 脳と発達
27巻
4号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/CTED/52299
タイトル(別表記) Understanding of the Issue of Learning Disabilities in the Nursery School Teacher
フルテキストURL cted_004_143_149.pdf
著者 村上(横内) 理絵| 柳原 正文|
抄録  本研究は,保育士が学習障害の行動特性をどのように認識しているのかを探ることを目的としたものであり,あわせて,その認識の仕方を規定する要因についても検討を加えた。発達検査や健康診査票の問診項目を参考にして作成した調査票を用い,将来学習障害の症状を呈すると思われる幼児が,在園中にどのような行動を示すかについて保育士に評定を求めた。得られた回答を用いてクラスター分析を行った結果,運動機能,行動抑制,言語理解,知的機能という4つのクラスターを抽出することができた。各クラスターの平均得点からは,保育者が知的機能の発達に関する行動特性を学習障害と結びつけて捉えていることが明らかになった。保育士の学習障害に関する知識,学習障害児との接触経験の有無,および経験年数は,いずれも行動特性の理解を左右するものではないと考えられた。
キーワード 学習障害 早期発見 幼児 保育者
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2014-03-10
4巻
開始ページ 143
終了ページ 149
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2014 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
NAID 120005398263
JaLCDOI 10.18926/CTED/44372
タイトル(別表記) A Quantitative Analysis on the Types of Educational Setting for Students with Disabilities in Japan: Evidence from Regional Data
フルテキストURL cted_001_001_008.pdf
著者 横内 理絵| 吉利 宗久| 柳原 正文|
抄録 本研究では都道府県における特別支援教育の特徴を明らかにすることを目的とした。特別支援教育を受けている児童生徒を特別支援学校在籍率、特別支援学級在籍率、通級指導対象率に変換してクラスター分析を行い、これらの関係から特徴を明らかにした。その結果、①特別支援学級在籍率、通級指導対象率とも高くはない群(類型Ⅰ-1)②特別支援学級在籍率、通級指導対象率とも平均的な群(類型Ⅰ-2)③特別支援学級在籍率は低いが通級指導対象率は高い群(類型Ⅱ-1)④全体的に高いが中学校の特別支援学級在籍率と小学校の通級指導対象率が著しく高い群(類型Ⅱ-2)⑤特別支援学級在籍率は高いが通級指導対象率は低い群(類型Ⅲ-1)⑥全体的に高いが特別支援学級在籍率が著しく高い群(類型Ⅲ-2)⑦特別支援学級在籍率の中でも特に中学校が高く通級指導対象率は低い群(類型Ⅳ)の7つに類型化された。
キーワード 特別支援教育 (Special needs education) 特別支援(盲・聾・養護)学校 (Special school) 特別支援(特殊)学級 (Special class) 通級による指導 (Tuukyu(Resource room))
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2011-03-10
1巻
開始ページ 1
終了ページ 8
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2011 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
NAID 120002835646
著者 岡田 信吾| 大竹 喜久| 柳原 正文|
発行日 2008-06-25
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
138巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 岡田 信吾| 大竹 喜久| 柳原 正文|
発行日 2009-06-25
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
141巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/14388
タイトル(別表記) The Stroop effect for Attention Deficit/Hyperactivity Disorder and Pervasive Developmental Disorder
フルテキストURL 007_157_164.pdf
著者 中山 利美| 眞田 敏| 柳原 正文| 津島 靖子| 森上 朋子| 加戸 陽子| 荻野 竜也| 大塚 頌子|
抄録 注意欠陥/多動性障害(Attention Deficit/Hyperactivity Disorder ; AD/HD)および広汎性発達障害(Pervasive Developmental Disorder ; PDD)における干渉効果を検討することを目的とし、AD/HD群21名、PDD群23名、対照群101名を対象にストループテストを行い、Word Reading (WR)課題、Color Naming (CN)課題、Incongruent Color Naming (ICN)課題について評価した。対照群から得られた成績に95%の信頼区間を設け、AD/HD群およびPDD群の成績と比較した結果、AD/HD群においては大多数の症例が信頼区間の範囲内の成績を示した。一方、PDD群ではICN課題において23例中2例、ICN-CNにおいて23例中4例、ICN/CNにおいて23例中4例が95%信頼区間外の成績を示した。
抄録(別表記) To clarify the interference effect in attention deficit/hyperactivity disorder (AD/HD) and pervasive developmental disorder (PDD), the Stroop test was performed with 21 children with AD/HD, 23 children with PDD and 101 normal subjects. Word reading, color naming (CN) and incongruent color naming (ICN) were measured, then, such indices as ICN-CN and ICN/CN as well as ICN scores were evaluated. Results obtained from children with AD/HD and PDD were compared with those from normal subjects applying the confidence interval of 95%. Most of the children with AD/HD were plotted within the range of 95% confidence interval. As for the PDD, 2 of 23 in ICN, 4 of 23 in ICN-CN and ICN/CN were plotted out of the 95% confidence interval. Further work on the characterization of the phenotype of PDD plotted out of the 95% confidence interval may aid in extending the clinical application of this test.
キーワード ストループテスト (Stroop test) 注意欠陥/多動性障害 (AD/HD) 広汎性発達障害 (PDD) 干渉効果 (interference effect)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2007-03-10
7巻
1号
開始ページ 157
終了ページ 164
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308520
JaLCDOI 10.18926/20007
タイトル(別表記) Development of "A Training Course to Cultivate the Abilities Required for Teachers," a Program to Bring on Teachers with a High Degree of Specialization and Practical Leadership - Towards the Building of a Program for Undergraduate Education
フルテキストURL 010_087_094.pdf
著者 松原 泰通| 柳原 正文| 山根 文男| 小川 潔| 山﨑 光洋| 笠原 和彦| 木多 功彦|
抄録 学級崩壊,心の病に陥る教師,増えるクレーマー等々の現実に,学生たちも教員採用試験に合格してから,教壇に立つことの責任の重さ,自分の指導力の未熟さを痛感し,押しつぶされそうになる。この状態を少しでも克服していくため教師力育成講座を開講することとした。不易と流行の両方の観点から具体的な教育課題を現職の小・中学校長に提案してもらい,それらの課題解決を通して教師力を育成していくことを目指す。また,他学部の教員志望学生や大学院生等にも参加を呼びかけ,志を一にする学生同士が互いに切磋琢磨し,より幅広い確かな教師力の育成に資するものである。
抄録(別表記) Circumstances surrounding today’s schools are becoming increasingly harsh, as evidenced by the prevalence of dysfunctional classrooms, teachers who suffer mental illnesses, and excessively demanding students and their parents who complain at every opportunity. Even after passing the teacher employment examinations, students become overwhelmed with the daunting responsibilities of standing at the podium as a teacher, and are made painfully aware of their immature leadership skills. To overcome these problems as much as possible, we have decided to offer a training course to cultivate the abilities required for teachers. The aims are to have individuals currently serving as elementary and middle school principals propose concrete educational challenges from the perspectives of continuity and change, and to have the participants nurture their "power as teachers" through addressing those challenges. Students of other departments as well as graduate students hoping to become teachers are also encouraged to take part. The friendly competition and camaraderie among students who share the same aspirations and interests will contribute to fostering an even broader and sound power as teachers.
キーワード 教師力 (abilities required for teachers) 実践的な指導力 (practical leadership capabilities) 現職校長 (individuals currently serving as school principal) 教育課題 (educational challenges)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2010-03-10
10巻
1号
開始ページ 87
終了ページ 94
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
著作権者 岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
論文のバージョン publisher
NAID 120002310781