JaLCDOI 10.18926/11770
タイトル(別表記) A study on students' idears about the school syllabus
フルテキストURL 007_1_029_033.pdf
著者 太田 武夫| 下石 靖昭| 東 義晴| 一村 光子| 遠藤 浩| 岡﨑 愉加|
抄録 1995年4月に初めての本学のシラバス(講義要覧)が発行され、学生に配布された。本報は約1年後の1996年2月の試験期間中にシラバスに対する学生の意見を問うために行われたアンケート調査の結果をまとめたものである。回答を寄せた学生は435人で、在籍学生の89.0%であった。よく利用したとする学生は18.2%、数回利用したとする学生は67.6%であった。学生の使用目的はテストの準備や履修科目の決定のためであった。以上のことから、現在のシラバスは学生が日常的により活用するためにはさらに教師が改善、工夫する必要があると思われた。
抄録(別表記) The first syllabus of the School was published and distributed to all of the students in April,1995. Ten months later during the term examination, an opportunity arouse to question the sudents about their idears for the syllubus. A survery of all of the students was carried out and 435 students (89.0%) responded to it. They generally utilized it well, especially to decide which subjects they will take, to find out about the textbooks that will be used, and how to prepare for the examination. However it was found not to be sufficient for their daily use. Teachers therefore must make a greater effort in giving information about their lecture.
キーワード シラバス (syllabus) 授業計画 講義要覧 学生の意見 (student) use
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1996-09-30
7巻
1号
開始ページ 29
終了ページ 33
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313997
JaLCDOI 10.18926/11766
タイトル(別表記) Basic properies of beam flatness analyzer (THEBES 7000)
フルテキストURL 007_1_023_027.pdf
著者 中桐 義忠| 小栗 宣博| 丸山 敏則| 大川 義弘| 若狭 弘之| 永谷 伊佐雄| 東 義晴| 渋谷 光一| 後藤 佐知子| 三上 泰隆| 稲村 圭司| 森岡 泰樹| 杉田 勝彦| 平木 祥夫|
抄録 癌の有力な治療法の1つである放射線治療はシステム全体の許容誤差が±5%と、正確な治療が要求されている。正確な線量を正確な場所に照射されなければならない。そのためには日頃から照射装置のQuality Control が重要である。Beam平坦度の測定はその中でも、重要な項目で1/6月の測定頻度が勧告されている。今回、市販のBeam Flatness Analyzer (7000型 THEBES) を使用する機会を得たので、その基礎的性能であるChamber 相互の感度のちがい、測定値の再現性、識別可能な最小線量について実験を行った。各項目とも誤差が非常に少なく、日常の使用に際してそのデータは十分信頼できるものであることがわかった。
抄録(別表記) Lrradiation, which is one of the effective therapies to Cancer, is required to be accurate within ±5% of the tolerable error of the total system. An accurate dose has to be irradiated accurately at a target volume. For that Quality Control of the irradiation equipment is cotinually important. As the measurement of Beam Flatness is an important item, it is obligated to be measured once a week. In this paper as we have an opportunity to use a Beam Flatness Analyzer sold on a corporation of medical instrument, we experiment about the difference of sensitivity of mutual Chamber which is its basic property, the reproducibility of the measured score, and the minimum value of measuralbe dose. We find that the difference in every item is so small that its data is very reliable in a daily use.
キーワード 放射線治療 (radiation therapy) ビーム平坦度 (beam flatness) 性能評価 (valuation of property) 電子加速器 (electron accelerator)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1996-09-30
7巻
1号
開始ページ 23
終了ページ 27
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313499
JaLCDOI 10.18926/11755
タイトル(別表記) New Stepwedge for Bootstrap Sensitometry in Medical Radiography
フルテキストURL 001_019_027.pdf
著者 吉田 彰| 小橋 利美| 大川 義弘| 三上 泰隆| 平木 祥夫| 東 義晴| 山田 俊治| 杉田 勝彦|
抄録 A new stepwedge has been developed for bootstrap sensitometry, which is used for determining the characteristic curve of radiographic screen/film systems. Since each step of the stepwedge is separated by the lead septum, flare generated under one step will not penetrate the region of another step. The metal of the stepwedge can be changed with various materials. Characteristic curves obtained with new stepwedge bootstrap (NSB) and conventional stepwedge bootstrap (CSB) techniques were compared with those obtained for screen/film systems with inverse sqare sensitometry. The inverse square method was used as the reference standard for accuracy. The NSB method provided characteristic curves that agreed well with those obtained using the inverse square method. The slope of the curve in the CSB method was lower than that in the inverse square or NBS method, because of scatter radiation. The shape of the characteristic curve from the NSB method did not vary with the materials of step metals (aluminum and copper). The cumulative error involved when using the bootstrap method is also discussed.
キーワード Stepwedge Bootstrap Characteristic curves Sensitometry Radiographic screen/film systems
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1991-03-25
1巻
開始ページ 19
終了ページ 27
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313394
JaLCDOI 10.18926/11735
タイトル(別表記) Clinical application of the contrast media containing soft drinks for the X-ray examination of the stomach
フルテキストURL 006_015_021.pdf
著者 渋谷 光一| 中桐 義忠| 東 義晴| 後藤 佐知子| 丸山 敏則| 杉田 勝彦| 大倉 保彦| 夏川 浩一| 丹谷 延義| 延原 栄太朗| 森岡 泰樹| 竹田 芳弘| 平木 祥夫|
抄録 胃X線検査の被験者を増やし、検査を円滑に行う上で造影剤である硫酸バリウム懸濁液の飲みにくさが障害の一つとなっている。これを改善する目的で、懸濁液に市販の粉末清涼飲料を混入したところ、64.2%の人が通常のものよりも飲みやすいと答えた。臨床上も造影剤の付着が悪くなったり、胃の蠕動を促進する等の問題は生じず、有用であると考えられた。
抄録(別表記) Barium sulfate suspensions are disliked by many people. This is one of the obstacles to increase persons who consult doctors and to have medical examinations smoothly. We mixed soft drinks into the suspensions to improve this problem. As a result, they were popular among 64.2% people, there were not any clinical troubles that the suspensions did not stick to the mucous membrane of the stomach well, the peristalsis of the sotmach were promoted, and so on. These results suggest that the contrast media containing soft drinks is useful for the X-ray examinations of the stomach.
キーワード 造影剤 (contrast media) 硫酸バリウム (barium sulfate suspension) 清涼飲料 (soft drinks) 消化管検査 (barium examination)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1996-02-29
6巻
開始ページ 15
終了ページ 21
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313345
JaLCDOI 10.18926/11733
タイトル(別表記) Physical Properties of Screen-Film Systems - New System for Chest Radiography -
フルテキストURL 006_007_013.pdf
著者 後藤 佐知子| 吉田 彰| 中村 伸枝| 丸山 敏則| 東 義晴| 渋谷 光一| 中桐 義忠| 杉田 勝彦| 本田 貢|
抄録 胸部専用の新しい増感紙/フィルムシステムについて物理的画質特性を測定し、従来のシステムと比較を行った。測定した新システムは、日本コダックのインサイトシステムからHC/IT-1、富士メディカルシステムのADシステムからHG-M/UR-1、コニカのEXシステムからXG-S/ES-C である。従来のシステムとして富士メディカルシステムのHR-4/Super HR-S を使用した。その結果、新システムは22~73%感度は高く、特性曲線においては低濃度部を持ち上げ、最大コントラストは高濃度側にシフトしていた。空間周波数2cycles/mmで相対鮮鋭度を比較すると、新システムが10~30%程度の低下となっていた。ノイズは、濃度1.0で新システムが35~46%の減少となった。以上より、新システムは、縦隔部の濃度を上げ、粒状性の改善を重視した設計となっていることが分かった。
抄録(別表記) The new three screen-film systems, Kodack INSIGHT system HC/IT-1, Fuji AD system HG-M/UR-1, and Konica EX system XG-S/ES-C for chest radiography were evaluated. In addition, the conventional system Fuji HR-4/Super HR-S was measured for comparison with new systems. The evaluation method is as follows. The image quality characteristics, speed, contrast, resolution and granularity were measured. The sensitivity and contrast were determined by measuring the MTF (modulation transfer function) and NCTF (normalized contrast transfer function). The granularity was estimated by measuring the Wiener spectrum. The speed of the new systems were improved by 22% to 73%. The dinsities at the maximum gradient value were shifted to high density (2.0-2.7). However, they had 10% to 30% less resolution. The other hand, the granularities were improved by 21% to 37% at 1.0 density. These results suggested that the emphasis of new systems was put on improving the image quality of mediastinum region, maintaining performance of the conventional system.
キーワード 増感紙フィルム系 (screen-film system) 物理特性 (physical properties) 感度 (speed (film sensitivity)) コントラスト (contrast) 鮮鋭度 (resolution) 粒状性 (granularity)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1996-02-29
6巻
開始ページ 7
終了ページ 13
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313511
JaLCDOI 10.18926/11721
タイトル(別表記) The influence of air attenuation in characteristic curve for mammographic screen-film system
フルテキストURL 010_2_091_098.pdf
著者 丸山 敏則| 後藤 佐知子| 東 義晴| 中桐 義忠| 渋谷 光一| 杉田 勝彦|
抄録 マンモグラフィ専用装置を使用して,距離法で低エネルギー領域のX線におけるマンモグラフィ用増感紙/フィルムシステムの特性曲線を得るためには,空気滅弱の影響を考慮する必要がある。その影響について,実効エネルギーから空気減弱分を補正,照射線量測定による補正,Bednarek法を応用した新距離法の3種類の方法を使って検討した。さらに,一般撮影装置でも,マンモ用システムに対して距離法で特性曲線を作成し,エネルギ ーの変化による影響についても検討した。その結果,3方法の特性曲線およびグラディエント曲線は,新距離法が高濃度域でわずかにずれるもののほぼ一致した。新距離法に対する平均階調度,最大階調度の最大誤差は,2.7%,0.2%であり,一般撮影用装置の距離法と3方法との間では,一般撮影用装置の距離法に対して最大誤差は2.7%,1.5%であった。以上のことから,エネルギーの変化による特性曲線への影響はほとんどなく,低エネルギー領域での特性曲線は空気特配の補正を行うことのみで得られると考えられる。
抄録(別表記) It is necessary to take air attenuation into account when we use inverse square sensitometry to obtain characteristic curve for the mammographic screen-film system at low x-ray energies as used with the dedicated unit. Three kinds of the inverse square sensitometry approach of correcting by air attenuation obtained from effective energy, of correcting by exposure dosimetry and of using modified the technique of Bednarek were employed to investigated the influence of x-ray energy in the characteristic curves for the mammographic screen-film system. In addition, the inverse square sensitometry with the general radiographic unit was employed and the influence of x-ray high energy in the characteristic curves was also investigated for the same screeri-film system. Though characteristic curves and gradient curves of the new inverse square sensitometry were a little lower than the others in high-density region, the curves with three kinds of methods almost coincided. Maximum relative errors of average gradient and maximum gradient for modified the technique of Bednarek were found to be 2.7% and 0.2% among the others respectively. Moreover, maximum relative errors of gradient and maximum gradient for the inverse square sensitometry with the general radiographic unit were 2.7% and 1.5% among three kinds of methods with the dedicated unit respectively. It was considered that the characteristic curves for the mammographic screen-film system were little influenced by x-ray energy and could be obtained only by correcting air attenuation from above results.
キーワード マンモグラフィ (mammography) 低エネルギー領域 (low x-ray energy) 特性曲線 (characteristic curve) 距離法 (inverse square sensitometry) 空気減弱 (air attenuation)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2000-03-24
10巻
2号
開始ページ 91
終了ページ 98
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313929
JaLCDOI 10.18926/11714
タイトル(別表記) スクリーン/フィルム乳房撮影法における乳房線量測定システム
フルテキストURL 010_2_099_106.pdf
著者 後藤 佐知子| 東 義晴| 丸山 敏則| 中桐 義忠| 竹田 芳弘| 杉田 勝彦| 門久 繁文|
抄録 The average glandular dose to glandular tissue m mammography is generally assumed to be a function of beam quality (HVL), x-ray tube target material, tube voltage, breast thickness, breast composition and, to a lesser extent, x-ray tube voltage waveform. The average glandular dose is generally determined from published tables with knowledge of the above function. Tables for a high frequency x-ray generator are not yet published. In our study, the lookup tables for the average glandular dose were made at 28 kV (high frequency x-ray generator), employing a breast simulating tissue (0-100% adipose tissue, 0-100% glandular tissue) phantom for an Mo target - Mo filter source assembly. We tried to estimate breast composition from x-ray mammograms by digital image processing techniques, also using the simulating tissue phantom. Then the system that automatically calculates the average glandular dose from digitized clinical x-ray mammograms was built. It is considered that this system can contribute to objective evaluation of the average glandular dose.
抄録(別表記) 乳房X線撮影法において乳腺組織に対する平均放射線吸収線量,すなわち平均乳腺線量は放射線のリスクの最も有用な測定法であり,現在,乳房に対する線量の評価に用いられている指標である。一般に,平均乳腺線量は線質(HVL),X線管球ターゲット材料,管電圧,圧迫乳房厚さ,乳房構成および(ある程度)X線管電圧波形の関数であるとされている。平均乳腺線量は,上記の関数についての情報を備えた表が公表されており,一般にその表を使って決定されている。近年,インバータ式といわれる高周波X線発生装置が普及してきた。しかし,その装置用の表は,まだ公表されていない。我々の研究では,乳房組織をシュミレートするファントム(0~100%乳腺組織,0~100%脂肪組織)を使用して,28kVでMoターゲット―Moフィルタソースアセンブリーを備えた高周波X線発生装置のために,平均乳腺線量用のルックアップテーブルを作成した。同様に,乳房組織をシュミレートするファントムを使用して,乳房X線写真から,ディジタル・イメージプロセシング技術によって,乳房構成の評価を試みた。そして,ディジタイズされた臨床乳房X線写真から,平均乳腺線量を自動的に計算するシステムを構築した。サンプル数が少ないため断定はできないが,日本女性は,基準構成(50%の脂肪および50%の乳腺組織)と比較すると,脂肪が少ない傾向を分析結果は示唆していた。また,平均乳腺吸収線量の限度は,明確に規定されていないが,American College of Radiology(ACR)は4 mGyなどを推奨している。また日本では,3 mGyが推奨されているが,我々の撮影システムはこれらを十分満足していた。このように本システムは,平均乳腺線量の客観的な評価に寄与するとともに,DR(digital radiography)などに応用すると,すなわちルックアップテーブルをDRのコンピュータに保存しておけば,撮影後すぐに乳房構成および平均乳腺線量を算出できる可能性をもつ。
キーワード Screen/Film Mammography (スクリーン/フィルム乳房撮影法) Breast composition (乳房構成) Average glandular dose (平均乳腺線量) Entrance skin exposure (皮膚入射線量) Breast-equivalent material phantom (乳房組織等価ファントム)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2000-03-24
10巻
2号
開始ページ 99
終了ページ 106
ISSN 1345-0948
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313736
JaLCDOI 10.18926/11690
タイトル(別表記) A study of x-rays protection in a hip-joint radiography examination
フルテキストURL 011_2_059_064.pdf
著者 中桐 義忠| 丸山 敏則| 後藤 佐知子| 東 義晴| 澁谷 光一| 田村 恵里| 谷本 江利子| 鳥居 史子| 竹田 芳弘| 杉田 勝彦|
抄録 幼小児を含めた若年者の股関節X線撮影検査においては鉛板などで生殖腺を防護して行うのが通常である。男性の場合は生殖腺は体外に露出しているので,それを鉛板で包むようにすればある程度目的は達成される。しかし,女性の場合,生殖腺は骨盤腔内に存在するため,卵巣及び子宮を防護でき診断目的領域にかからないように鉛板を成形し,腹壁上に置いて撮影する。X斬写真上ではグリッドで散乱線を除去しているため,鉛板の陰影がくっきりと撮影され,生殖腺は完全に防護されているように見える。しかし,体内では散乱線によるかなりの被曝があるものと考えられる。そこで今回,鉛板下の散乱線量を鉛板幅及び電圧を変化させ,ファントム内各深さの散乱線量を測定した。その結果,鉛板下の散乱線量が相当量認められ,その量は深さ3~4cmでピークを形成した。鉛板幅による変化は幅が狭いほど線量は大きくなり,電圧による変化は60kVと80kVを比べると80kVの方が多くなった。これを鉛板なしの場合と比較すると,ファントム内意さが増すにしたがい増大した。したがって,臨床において鉛板がずれて再撮影をすることのないよう細心の注意が必要であると考えられた。
抄録(別表記) Usually in a hip-joint radiographic examination for the youth including children, the gonads should be well protected with an appropriate lead shield etc. Since the male gonads are in the outside of the body, if covered with a lead shield, the shield can protect them. However, in the case of the female, since the gonads of exist in a pelvic cavity, the lead shield is cut to a specific pattern so that it can protect the ovaries and the womb, and it is set on the abdomen during the radiographic exposure. Since the scattered radiation on an X-ray film can be removed with the grid, the image of a lead shield is obtained clearly, and the gonads seem to be protected completely. The shield can not protect the gonads of the female from the scattered radiation, though it protects them almost completely from the primary X-rays beam. Therefore, the gonads have radioactive contamination from scattered radiation. Then, in order to estimate the amount of scattered radiation under the lead shield, the dose under the shield was measured by using a phantom in this research, changing lead shield width, the tube-voltage, and the monitoring depth of a phantom. As a results, the dose under the lead shield was observed considerably and showed the peak at the depth of 3 or 4cm. Therefore, it was thought that a careful caution was required for obviating lead shield in clinical.
キーワード 股関節X線撮影 (Radiography Examination of Hip-joint) 医療被爆 (Patient Dose) X線測定 (Dosimetry) 生殖腺防護 (X-rays Protection of the Gonads)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-03-24
11巻
2号
開始ページ 59
終了ページ 64
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313720
著者 東 義晴|
発行日 1998-09-30
出版物タイトル
資料タイプ 学位論文