このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11096
Eprint ID
11096
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Morphological Characters and Yields of Regenerated Plants from Callus Cultured for Long Period in Taro
著者
村上 賢治 岡山大学
松原 幸子 岡山大学
抄録
Characters of plants regenerated from calli cultured for long period in taro (Colocasia esculenta Schott cv. Eguimo) were studied. Calli were obtained by culturing etiolated stem segments on Murashige and Skoog's (MS) medium supplemented with 30 g・liter-1 sucrose, 2 me・liter-1 NAA and 2 me・liter-1 2 ip. They were proliferated by subculturing on the same fresh medium for 10 or 15 months from initial planting. Plants regenerated after transferring them to hormone-free MS mediium. The yield of corms from plants regenerated from callus was lower than those of original 'Eguimo' (control). Leaf blade of plants regenerated from callus for 15 months (C-15) was more round than that of control plants. Corm shape of C-15 plants was more round than that of control plants.
抄録(別表記)
サトイモの品種'えぐいも'を供試し、長時間培養したカルスから再生した植物の収量と、形態について調べた。黄化茎切片を2mg・liter-1 liter-1 2ipを添加した基本培地で培養し、カルスを形成させた。カルスは約1ヵ月ごとに同組成の新しい培地に継代培養して増殖・維持した。初代培養から通算して10ヵ月または15ヵ月培養後、カルスをホルモン無添加のMS培地に移植し、再生した植物を順化した。これからの植物から繁殖した球茎を、翌年植え付けて栽培し、収量などの調査を行った。その結果、長期間培養したカルスから再生した植物は、元の’えぐいも’植物と比較して収量が低かった。また、15ヵ月間培養したカルスから再生した系統は、葉身が丸く、丸い球茎を形成した。
キーワード
taro
callus
long-term culture
regenerated plants
発行日
1998-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
87巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
123
終了ページ
126
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa