著者 岡 久雄| 藤原 史朗|
発行日 1996-03-29
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
30巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 岡 久雄| 山本 辰馬| Saratani Keiji| Tanaka Masahiro| Kawazoe Takayoshi|
発行日 1993-03-25
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
27巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 岡 久雄| 福田 敬|
発行日 1995-03-27
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
29巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 岡 久雄| 山本 辰馬|
発行日 1988-03-31
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
22巻
資料タイプ 紀要論文
著者 岡 久雄| 山本 辰馬| Isayama Yoshiharu|
発行日 1988-11-22
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
23巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 山本 尚武| Isshiki Hiromi| 岡 久雄| 山本 辰馬|
発行日 1989-11-29
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
24巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 岡 久雄| Isayama Yoshiharu| 山本 尚武| 山本 辰馬|
発行日 1989-11-29
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
24巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 岡 久雄| Isayama Yoshiharu| Nakauchi Makoto| 山本 辰馬|
発行日 1990-03-29
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
24巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 岡 久雄| 中村 貴彦|
発行日 1997-03-28
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
31巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 岡 久雄| 大島 正和|
発行日 1997-03-28
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
31巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 森 政弘| 岡 久雄|
発行日 1998-04-20
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
32巻
1-2号
資料タイプ 紀要論文
著者 Yanagi Makoto| 岡 久雄|
発行日 1999-04-27
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
33巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 Yamada Nobuya| 岡 久雄|
発行日 1999-04-27
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
33巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 Oka, Hisao|
発行日 1996-11
出版物タイトル Engineering in Medicine and Biology Society
4巻
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/AMO/31830
フルテキストURL fulltext.pdf
著者 Hareva, David H.| Okada, Hiroki| Kitawaki, Tomoki| Oka, Hisao|
抄録 <p>The authors previously developed a mobile ecological momentary assessment (EMA) system as a real-time data collection device using a mobile phone. In this study, a real-time advice function and real-time reporting function were added to the previous system as a supportive intervention. The improved system was found to work effectively and was applied to several clinical cases, including patients with depressive disorder, dizziness, smoking habit, and bronchial asthma. The average patient compliance rate was high (89%) without the real-time advice and higher (93%) with the advice. The trends in clinical data for patients using a mobile EMA with/without the new function were analyzed for up to several months. In the case of dizziness, an improving trend in its clinical data was observed after applying the real-time advice, and in the case of depressive disorder, a stabilizing trend was observed. The mobile EMA system with the real-time advice function could be useful as a supportive intervention in behavior modification and for motivating patients in self-management of their disease.</p>
キーワード ecological momentary assessment intervention mobile phone real-time advice
Amo Type Original Article
発行日 2009-04
出版物タイトル Acta Medica Okayama
63巻
2号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 113
終了ページ 120
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 19404343
Web of Science KeyUT 000265457600006
著者 岡 久雄| 坂本 俊哉| Irie Takashi|
発行日 1995-03-27
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
29巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 Oka, Hisao| Irie, Takashi| Hao, Sun Yong| Yamamoto, Tatsuma|
発行日 1991-5
出版物タイトル Instrumentation and Measurement Technology Conference
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/11709
タイトル(別表記) 歯科インプラント動揺測定装置の開発
フルテキストURL 011_1_025_034.pdf
著者 岡 久雄| 小野 浩一| Wijaya Sastra Kusuma| 更谷 啓治| 川添 堯彬|
抄録 Evaluation of dental implantation is very important because it gives useful information for both planning the dental treatment and evaluating of prognosis. This study aimed at improving our previously developed Tooth Mobility (TM) tester and developing a dental implant movement (IM) checker. The measuring probe included a bimorph transducer of two piezoelectric elements. It was actuated by single frequency and detected tooth acceleration. The acceleration signal was processed and the IM score was calculated in PC. Two artificial implant models in which IMZ implant was buried with different elasticity of surrounding (molteno(@)) were used to examine the performance of the IM checker. The IM scores obtained in the models were 29 and 58. The measurement time was below 15 seconds. The average of measurement variation of one operator was below 6% and the average variation among five operators was below also 6%. The IM checker reduced a measurement variation by 51% and a measuring time by 61% compared with those of the TM tester in natural teeth. The newly developed IM checker had sufficient measuring reliability and we could objectively estimate the implant movement in dental clinics.
抄録(別表記) 臨床歯科において,歯の動揺度診査が日常的に行われているのと同じように,近年行われるようになってきた歯科インプラント施術においても,その植立評価は重要である。歯の動揺は,歯の治療計画において,また予後の評価においても重要な情報を与えてくれる。本研究では,その植立評価を行うために,インプラントの動揺に着目した。動揺を簡便にかつ定量的に測定するために,著者らがすでに開発したT-Mテスタ(Tooth Mobility tester)を改良して,IMチェッカ(Implant Mobility Checker)を開発した。IMチェッカは測定プローブと増幅器などのインタフェース,演算処理用のノートパソコンから構成される。測定プローブは圧電素子を2枚重ねたバイモルフ構造で,単一周波数の振動駆動と加速度検出を行い,口腔内でも測定ができるほどに小型に設計した。ノートパソコンでは得られた加速度信号をデータ処理し,IM値を算出する。IM値は,測定周波数と駆動力が一 定の場合,インプラント周囲の機械モビリティに比例するので,インプラントの動揺を数値化することができる。内可動性機構をもつIMZタイプのインプラントを埋植したモデルを製作し,そのIM値を測定した。インプラント周囲の材料(モルテノ(@))の硬さを変えた2種類のモデルを作製したところ,歯科医による臨床的動揺度診査はいずれもM0であったが,本チェッカによってその動揺の差を測定したところ,IM値は29と58となり,客観的に動揺の差を評価することができた。試作したIMチェッカで測定したところ,一歯の測定時間は約15秒以下であり,また測定のばらつきは術者内で平均6%以下,また術者間で6%以下であった。一方,従来のアナログ型T-Mテスタと比較したところ,天然歯の測定において,測定のばらつきは51%,測定時間は61%減少させることができた。従って,IMチェッカは十分な測定精度を確保できており,今後,臨床での試用を行いたいと考える。
キーワード tooth mobility (歯の動揺) mechanical mobility (機械モビリティ) dental implant (インプラント) manual examination (触診)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2000-11-16
11巻
1号
開始ページ 25
終了ページ 34
ISSN 1345-0948
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313864
JaLCDOI 10.18926/15177
タイトル(別表記) Development of intramuscular probe for local muscle function
フルテキストURL 016_1_001_008.pdf
著者 岡 久雄| 枝松 幹也| 渡辺 彰吾| 北脇 知己|
抄録 臨床においては,筋機能や機能不全を診断するために,表面筋電図や針筋電図,筋生検などが行われている。しかし,これらの方法では筋機能や筋収縮メカニズムを連続的に測定することは難しい。本研究では新たに筋内挿入型プローブと測定システムを開発した。測定プローブは光ファイバと6本の白金細線から構成されている。光ファイバを用いて筋の局所血流量と筋内圧力を測定し,6個の電極を用いて運動単位活動電位を測定した。プローブと測定システムの基礎特性を確認した後,麻酔下のラットの排腹筋において,安静時および局所虚血時の活動電位,血流量,筋内圧力を測定した。また脛骨神経を電気刺激し,活動電位波形から伝播速度を算出したところ,プローブは正常に動作していることが確認できた。さらに筋小胞体からのカルシウム放出チャネルを抑制するdantroleneを筋注すると,筋内圧力波形は大きく減少したが,活動電位波形はほとんど変化しないことがわかった。
抄録(別表記) In order to diagnose muscle function or dysfunction, surface/needle electromyograms, muscle biopsy, biochemical markers inspection, muscle tone, etc. are carried out. It is difficult to measure muscle function continuously by using these methods. In this study, an intramuscular probe and measurement system were developed. The probe is composed of optical fibers and six small platinum electrodes. The probe, the tip of which is protected by epoxy resin, is inserted in a cannula of 1.26mm in diameter. By using the fibers, the local blood flow in a muscle and the intramuscular pressure were measured. By using six electrodes (50μm in diameter), a motor unit action potential was measured. The time-course changes of the action potential, blood flow and intramuscular pressure were measured in the gastrocnemius muscle of rats under the resting and the local ischemia. The tibial nerve was stimulated electrically using the current of the unipolar and negative polarity with 50μs pulse duration every 2 seconds and the propagation velocity of the action potential was calculated from the potential waves. The animal tests using rats were carried out in order to verify the developed probe and system. Under the local ischemia, the action potential, the blood flow and the intramuscular pressure decreased and the propagation velocity became slower. When dantrolene sodium was injected, which inhibits the calcium release channel of the sarcoplasmic reticulum, the intramuscular pressure decreased but the action potential wave was still detectable.
キーワード 筋機能 (muscle function) 筋内圧力 (intramuscular pressure) 筋内血流 (intramuscular blood flow) 活動電位 (action potential) 筋収縮 (muscle contraction)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2005-12-25
16巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 8
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307295
JaLCDOI 10.18926/15179
タイトル(別表記) Requiring factors in structural model of the blood vesselfor the principle analysis of measurement of blood pressure waveform by applanation tonometry.
フルテキストURL 016_1_009_020.pdf
著者 北脇 知己| 岡 久雄|
抄録 生体内の血圧脈波を非侵襲的に計測する手法として,「トノメトリ法」が知られており,近年,この計測手法を用いて得られた血圧脈波波形から,動脈硬化などの循環器系疾患のスクリーニングや予防診断に役立てようという動きが活発である。しかしながら,組織内の血管を圧迫した場合の血管の変形挙動については,十分な解析は行われていない。そこで本研究では,生体中のトノメトリ状態を解析可能な数値解析モデルを構築することを目的とした。この結果, トノメトリ法による血圧脈波計測の原理解析を行うための血管断面構造の応力解析モデルには,以下の要件が求められることが明らかとなった。・センサ部と皮膚表面はそれぞれ独立な要素としてモデル化し,これらの接触部においては摩擦を考慮しなければならない。・応力の定量的な解析を行うためには,素材の非線形的な機械的特性を考慮する必要がある。さらに,実験結果と計算結果を一致させるためには,初期形状を正確にモデル化することが必要であることがわかった。
抄録(別表記) "Applanation tonometry" is well known method as the technique which measures blood pressure waveform in vivo non-invasively. Recently, utilizing for screening and prevention diagnosis of circulatory system diseases such as the arteriosclerosis from the blood pressure waveform gotten by this measurement technique is very actively being investigated. However, the sufficient analysis is not carried out on the deformation behavior of the blood vessel in real human body. Consequently, the purpose of this paper is to construct the analyzable numerical model in respect of the applanation tonometry. As this result, following factors are necessary in the numerical analysis model of cross sectional structure of blood vessel for the principle analysis of the blood pressure waveform measurement for applanation tonometry. 1) Sensor block and skin surface must have the independent structure, and it must consider the friction in the contact area. 2) For the quantitative analysis, it is necessary to consider the hyper-elasticity which is a nonlinear material property. In addition, it is necessary to accurately model the initial shapes of the material.
キーワード トノメトリ法 (Applanation tonometry) 有限要素法 (Finite Element Model) 数値解析モデル (Numerical calculation) 血圧計測 (Blood pressure measurement)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2005-12-25
16巻
1号
開始ページ 9
終了ページ 20
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307172