JaLCDOI 10.18926/11709
タイトル(別表記) 歯科インプラント動揺測定装置の開発
フルテキストURL 011_1_025_034.pdf
著者 岡 久雄| 小野 浩一| Wijaya Sastra Kusuma| 更谷 啓治| 川添 堯彬|
抄録 Evaluation of dental implantation is very important because it gives useful information for both planning the dental treatment and evaluating of prognosis. This study aimed at improving our previously developed Tooth Mobility (TM) tester and developing a dental implant movement (IM) checker. The measuring probe included a bimorph transducer of two piezoelectric elements. It was actuated by single frequency and detected tooth acceleration. The acceleration signal was processed and the IM score was calculated in PC. Two artificial implant models in which IMZ implant was buried with different elasticity of surrounding (molteno(@)) were used to examine the performance of the IM checker. The IM scores obtained in the models were 29 and 58. The measurement time was below 15 seconds. The average of measurement variation of one operator was below 6% and the average variation among five operators was below also 6%. The IM checker reduced a measurement variation by 51% and a measuring time by 61% compared with those of the TM tester in natural teeth. The newly developed IM checker had sufficient measuring reliability and we could objectively estimate the implant movement in dental clinics.
抄録(別表記) 臨床歯科において,歯の動揺度診査が日常的に行われているのと同じように,近年行われるようになってきた歯科インプラント施術においても,その植立評価は重要である。歯の動揺は,歯の治療計画において,また予後の評価においても重要な情報を与えてくれる。本研究では,その植立評価を行うために,インプラントの動揺に着目した。動揺を簡便にかつ定量的に測定するために,著者らがすでに開発したT-Mテスタ(Tooth Mobility tester)を改良して,IMチェッカ(Implant Mobility Checker)を開発した。IMチェッカは測定プローブと増幅器などのインタフェース,演算処理用のノートパソコンから構成される。測定プローブは圧電素子を2枚重ねたバイモルフ構造で,単一周波数の振動駆動と加速度検出を行い,口腔内でも測定ができるほどに小型に設計した。ノートパソコンでは得られた加速度信号をデータ処理し,IM値を算出する。IM値は,測定周波数と駆動力が一 定の場合,インプラント周囲の機械モビリティに比例するので,インプラントの動揺を数値化することができる。内可動性機構をもつIMZタイプのインプラントを埋植したモデルを製作し,そのIM値を測定した。インプラント周囲の材料(モルテノ(@))の硬さを変えた2種類のモデルを作製したところ,歯科医による臨床的動揺度診査はいずれもM0であったが,本チェッカによってその動揺の差を測定したところ,IM値は29と58となり,客観的に動揺の差を評価することができた。試作したIMチェッカで測定したところ,一歯の測定時間は約15秒以下であり,また測定のばらつきは術者内で平均6%以下,また術者間で6%以下であった。一方,従来のアナログ型T-Mテスタと比較したところ,天然歯の測定において,測定のばらつきは51%,測定時間は61%減少させることができた。従って,IMチェッカは十分な測定精度を確保できており,今後,臨床での試用を行いたいと考える。
キーワード tooth mobility (歯の動揺) mechanical mobility (機械モビリティ) dental implant (インプラント) manual examination (触診)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2000-11-16
11巻
1号
開始ページ 25
終了ページ 34
ISSN 1345-0948
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313864