このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15230
JaLCDOI
Sort Key
4
タイトル(別表記)
マイクロコントローラを組み込んだ歯科インプラント動揺測定装置の開発
フルテキストURL
著者
クスマ ウイジャヤ サストラ 岡山大学大学院自然科学研究科
岡 久雄 岡山大学医学部保健学科検査技術科学専攻
更谷 啓治 大阪歯科大学有歯補綴咬合学講座
松谷 善雄 大阪歯科大学有歯補綴咬合学講座
龍田 光弘 大阪歯科大学有歯補綴咬合学講座
川添 堯彬 大阪歯科大学有歯補綴咬合学講座
小嶋 英幹 隆祥産業株式会社生産本部技術部
抄録
The aim of this study was to develop a portable device (IM checker) for measuring dental implant mobility using a microcontroller. A constant amplitude and frequency vibration was applied to a dental implant model and the acceleration signal was detected using measuring probe. Then the IM score was obtained using the criteria developed in this study. We made several implant models of different implant lengths, diameters and material of Rigolac® or Molteno®. There was a linear relationship between mechanical mobility at 400 Hz of the models and the IM scores (R(2) = 0.92). The IM checker could discriminate the mobility of dental implant models in twelve measurements with P < 0.01. There was no significant difference in the means of the IM score measured by four operators with P < 0.01. The results indicated that the IM checker had sufficient reliability and could be available in dental clinics.
抄録(別表記)
本研究の目的は歯科インプラントの動揺を簡易に測定できる装置の開発である。本装置では測定プローブで一定振幅の周波数を歯科インプラントに与え、その加速度信号を検出する。そして本研究で考察した評価基準に基づいてIM値を表示する。さらにRigolac®やMolteno®を用い、インプラント体の長さおよび直径を変えたインプラントモデルを作製した。400Hzにおけるモデルの機械モビリティとIM値との間には、よい相関が見られた(R(2)=0.92)。IMチェッカーを用い、一人の測定者が行った12回の測定において、インプラントの動揺を判別することが可能であった(P<0.01)。また4人の測定者による測定では,その平均値に対し測定者間の有意差は見られなかった(P<0.01)。従ってIMチェッカーは十分な信頼性を有し、歯科臨床に有効であると考える。
キーワード
Tooth mobility (歯の動揺)
mechanical mobility (機械モビリティ)
dental implant (インプラント)
manual examination (触診)
出版物タイトル
岡山大学医学部保健学科紀要
発行日
2002-03-20
12巻
2号
出版者
岡山大学医学部保健学科
出版者(別表記)
Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
開始ページ
107
終了ページ
117
ISSN
1345-0948
NCID
AA11403004
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
English
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
fhs