このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 51110
JaLCDOI
Sort Key
11
タイトル(別表記)
Practice for Manufacturing Education in Primary School
フルテキストURL
著者
大橋 和正 Kaken ID researchmap
抄録
ものづくりの実践は,幼いころには,一つの体験学習として,感性を磨き,器用さを育ん できた。しかしながら,小学校において学年が進むにつれて,ものづくりに道具,工具,工 作機械を使用する場合が多くなってくると,単なる体験学習からものづくりの道理を理解す ることが求められてくる。  そこで本研究では,小学校におけるものづくり教育の実践活動として,組み木製作を取り 上げ,道具,機械類を活用することで,寸法精度の良い正確なものづくりが可能になること を知る。そして,ものづくりの面白さ,深さを実感でき,中学校技術分野へつながる論理的 思考力の育成を目指す。
キーワード
小学校におけるものづくり
組み木製作
工作機械
思考力育成
生産教育
出版物タイトル
岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日
2013-07-25
153巻
出版者
岡山大学大学院教育学研究科
出版者(別表記)
Graduate School of Education, Okayama University
開始ページ
89
終了ページ
95
ISSN
1883-2423
NCID
AA12338258
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
bgeou