このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48129
フルテキストURL
Thumnail 124_5.pdf 426 KB
タイトル(別表記)
Alloantigen expression on non-hematopoietic cells reduces graft-versus-leukemia effects in mice
著者
朝倉 昇司 国立病院機構岡山医療センター 血液内科
橋本 大吾 岡山大学病院 血液・腫瘍内科
高嶋 秀一郎 九州大学大学院 病態修復内科学
杉山 暖子 岡山大学病院 血液・腫瘍内科
前田 嘉信 岡山大学病院 血液・腫瘍内科
赤司 浩一 九州大学病院 遺伝子細胞療法部
谷本 光音 岡山大学病院 血液・腫瘍内科
豊嶋 崇徳 九州大学病院 遺伝子細胞療法部
キーワード
同種造血幹細胞移植
移植片対白血病効果
programmed death-1 (PD-1)
programmed death ligand-1 (PD-L1)
備考
平成22年度岡山医学会賞(林原賞)受賞論文 (The 2010 Okayama Medical Association Award)
発行日
2012-04-01
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
124巻
1号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
5
終了ページ
8
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2012 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma