このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11375
JaLCDOI
Sort Key
3
タイトル(別表記)
Motor Development of Children with Cerebral Palsy
フルテキストURL
著者
佐藤 曉 岡山大学
抄録
脳性まひ児の動作発達経過について、佐藤(2002)では、①低緊張で動きの少ない子どもの道筋、②Gパターンからの解放の途上にある子どもの道筋、③弱い痙性を示しつつ緊張の低下した子どもの道筋、がしめされた。本稿では、筆者が長期間フォローアップしてきた脳性まひ児の事例をいくつか取り上げながら、それぞれの道筋に特徴的な動作発達経過と動作発達学習上の問題、及び動作発達支援のポイントについて整理した。その中で、座位や膝立ち位における抗重力動作の学習と、全身の屈曲パターンを示す定型的姿勢からの解放が動作学習のポイントになることが示されるとともに、動作の崩れへの対応が重要であることが指摘された。
抄録(別表記)
The present study was done to describe the clinical picture of the movement disabilities of the children with cerebral palsy, and to examine the difficulty with which they learn movements in their devolopmental period. On the basis of data on the degree of attainment of model-pattern movements of Dohsa-method, locomotion patterns, and secondary disturbances from a 6-year follow-up of 10 children with cerebral palsy, developmental processes of movements and problems in movement learning were identified that corresponded to (1) a clinical picture such as hemiplegia, showing a good prognosis for walking,(2) a clinical picture showing a movement disability peculiar to deplegia and quadriplegia, (3) a clinical picture showing a typical posture associated with a general flexion pattern, and (4) a clinical picture showing a hypotensive inclination.
キーワード
脳性まひ児 (Cerebral palsy)
動作発達 (Move Development)
フォローアップ (Follow-up)
動作訓練法 (Rehabilitation)
類型化 (Dohsa-method)
出版物タイトル
岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日
2002
2巻
1号
出版者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
出版者(別表記)
Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
開始ページ
21
終了ページ
35
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
rdc