このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11094
Eprint ID
11094
フルテキストURL
タイトル(別表記)
ノコギリヒラタムシ食害小麦に含まれる定着活性ケトステロイド
著者
岡村 愛子 岡山大学
菅原 敬二 岡山大学
竹田 太郎 岡山大学
岩佐 順吉 岡山大学
馬場 直道 岡山大学
抄録
From hexane extract of wheat flour infested by the sawtoothed gain beetle [Oryzaephilus surinamensis (L.); Coleoptera; Silvanidae, three ketosteroids,cholestan-3-one(3),ergostan-3-one(4)and stigmastan-3-one(5),were obtained in a mixture and identified as arrestants to this weevil.
抄録(別表記)
世界的に著名な貯穀害虫であるノコギリヒラタムシによって食害された小麦のヘキサン抽出物中には、未食害の小麦には含まれない、数種のノコギリヒラタムシ定着活性物質が存在し、このうちの2種の活性物質が既に構造解明された。本研究では種々の機器分析、および市販化合物からの誘導などにより、未知の活性物質がcholestan-3-one,ergostan-3-one,stifmastan-3-one の混合物であると同定した。
キーワード
Oryzaephilus surinamensis(L.)
infested wheat flour
arrestants
cholestan-3-one
ergostan-3-one and stigmastan-3-one
発行日
1997-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
86巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
7
終了ページ
11
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa