このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11064
Eprint ID
11064
フルテキストURL
タイトル(別表記)
ケニア産キク科薬用植物Vernonia hindiiに含まれる生物活性物質
著者
ケンジ グラストン ムアンギ Jomo Kenyatta University of Agriculture and Technology
馬場 直道 岡山大学
岩佐 順吉 岡山大学
抄録
A novel stigmastane-type steroid glucoside glucoside has been isolated from the aerial parts of Vernonia hindii.The structure was elucidated by spectroscopic methods.The compound exhibitewd lettuce seedling growth inhibitory activity.
抄録(別表記)
熱帯・砂漠など特殊な環境に自生する植物には、生物活性2次代謝物質を含むものが多く、古くから民間伝承薬や天然殺虫剤として使用されてきた。しかし、まだ十分に調査・研究されていない植物も残されている。本研究では、ケニアに自生するキク科薬物植物のVernonia hindiiに含まれる活性物質の単離と構造解明を行い、その生物活性を調べた。植物生長制御試験を指標としてV . hindiiのメタノール抽出物を文画・精製した結果、新規の化学構造をもつ植物生長抑制物質を単離した。さらに、種々の分析機器を用いて化学構造を解析し、stigmastan型のステロイド配糖体であると決定した。この化合物は100μg / discでコントロールと比べ、24%まっでレタスの生長を抑制した。
キーワード
biologically active substance
Kenyan plant
Vernonia hindii
steroid glucoside
lettuce seedling growth inhibitor
発行日
1998-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
87巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
17
終了ページ
21
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa