このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 10569
Eprint ID
10569
フルテキストURL
著者
高石 和人 岡山大学
長野 庸一 岡山大学
アレン ヨハネス 岡山大学
河津 一儀 岡山大学
馬場 直道 岡山大学
抄録
Activity-guided chromatographic purification of the methanol extract of Ageratum conyzoides, using pine wood nematodes Bursaphelenchus xylophilus successfully led to the isolation and characterization of the nematicidal compound with minimum effective dose (MED) of 75 μg/ cotton ball (μg/bl.). Based on the chemical and spectral properties, the compound was determined to be coumarin (1). The activity of coumarin derivatives (2-5) was also investigated.
キーワード
Nematicidal compound
Ageratum conyzoides
Coumarin
Cotton
発行日
2004-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
93巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
1
終了ページ
4
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa