このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11115
Eprint ID
11115
フルテキストURL
タイトル(別表記)
複雑度により王林リンゴの損傷判別
著者
陳 永波 岡山大学
毛利 建太郎 岡山大学
抄録
The complexity of binary image for apples as normal, bruised around centerbruised around edge, and bruised around both edge and center were analyzed. Amulti-threshold method (thresholds determined by area rates 0.3,0.4,...0.7 for complexity rates analysis) was used successfully for bruise classification. Leaving out apples with bruising around the edge, apples were classified 85.7% correctly.
抄録(別表記)
本研究は、王林リンゴのgreen画像を2値化し、その2値化画像を分析した。損傷果を検出するために、2値化画像の面積の変換による、画像の複雑性をもとに、正常部及び損傷部(損傷部は画像の真ん中辺り、エッジ辺り、真ん中とエッジ辺りとも)の画像を分析した。この画像種類複雑性の分析結果によって、多しきい値方法を使用して、正常部と損傷部は85.7% の精度で判断できだ。
キーワード
Oorin apple
bruise
image processing
発行日
1998-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
87巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
181
終了ページ
186
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa