JaLCDOI 10.18926/OLR/54586
タイトル(別表記) The Brief and the Legal Expense in Civil Procedure
フルテキストURL olr_017_113_122.pdf
著者 堀 清史|
備考 判例研究 (Comment on case)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2016-09
17巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 113
終了ページ 122
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005856014
Sort Key 12
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/54585
タイトル(別表記) The Legality of the Tax Pending in the Fixed Assets Tax - Necessity, Argumentaion, Proposal -
フルテキストURL olr_017_097_112.pdf
著者 髙原 成明|
備考 岡山行政法実務研究会 (Okayama Administrative Law Research Group) 特集「自治体における税務行政の諸問題」
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2016-09
17巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 97
終了ページ 112
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005856013
Sort Key 11
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/54584
タイトル(別表記) Local Educational System and its Various Issures - Change of National System of Board of Education -
フルテキストURL olr_017_085_095.pdf
著者 曽田 佳代子|
備考 岡山行政法実務研究会 (Okayama Administrative Law Research Group) 特集「地方教育行政と諸問題」
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2016-09
17巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 85
終了ページ 95
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005856012
Sort Key 10
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/54583
タイトル(別表記) Problems for Registration List of Persons Needing Assistance for Evacuation
フルテキストURL olr_017_079_084.pdf
著者 矢吹 龍直郎|
備考 岡山行政法実務研究会 (Okayama Administrative Law Research Group) 特集「災害対策基本法の避難行動要支援者と個人情報保護」
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2016-09
17巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 79
終了ページ 84
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005856011
Sort Key 9
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/54582
タイトル(別表記) Efforts for the Safe Evacuation of Persons Needing Assistance in Bizen City
フルテキストURL olr_017_073_078.pdf
著者 岡村 巧|
備考 岡山行政法実務研究会 (Okayama Administrative Law Research Group) 特集「災害対策基本法の避難行動要支援者と個人情報保護」
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2016-09
17巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 73
終了ページ 78
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005856010
Sort Key 8
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/54581
タイトル(別表記) Efforts for the Safe Evacuation of Persons Needing Assistance in Setouchi City
フルテキストURL olr_017_061_071.pdf
著者 武藤 康也|
備考 岡山行政法実務研究会 (Okayama Administrative Law Research Group) 特集「災害対策基本法の避難行動要支援者と個人情報保護」
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2016-09
17巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 61
終了ページ 71
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005856009
Sort Key 7
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/54580
タイトル(別表記) Regulations and Problems for Common Use of Personal Data of Persons Needing Assistance for Evacuation
フルテキストURL olr_017_039_059.pdf
著者 中村 誠|
備考 岡山行政法実務研究会 (Okayama Administrative Law Research Group) 特集「災害対策基本法の避難行動要支援者と個人情報保護」
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2016-09
17巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 39
終了ページ 59
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005856008
Sort Key 6
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/54579
タイトル(別表記) A Note from One-year Experience as Fixed-term Public Servant - Legal Affairs Seen from Inside of Local Government -
フルテキストURL olr_017_031_038.pdf
著者 大山 亮|
備考 組織内弁護士研修講義録 (Lecture for In-House Lawyers)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2016-09
17巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 31
終了ページ 38
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005856007
Sort Key 5
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/54578
タイトル(別表記) A Note on the Continuing Legal Education Program for In-house Lawyers(Part 3)
フルテキストURL olr_017_019_030.pdf
著者 藤本 和也|
備考 組織内弁護士研修講義録 (Lecture for In-House Lawyers)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2016-09
17巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 19
終了ページ 30
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005856006
Sort Key 4
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/54577
タイトル(別表記) The Validity of the Special Clause Deducting Money from Security Deposit
フルテキストURL olr_017_001_017.pdf
著者 周東 秀成|
備考 論説 (Articles)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2016-09
17巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 1
終了ページ 17
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005856005
Sort Key 3
Eprints Journal Name olr
タイトル(別表記) Jonathan Swift’s Poems in His Early Years (1)
フルテキストURL bgeou_168_059_069.pdf
著者 岸本 広司|
抄録 『桶物語』や『ガリヴァー旅行記』などで知られるジョナサン・スウィフトは,生涯にわたって多くの詩を書いている。そのほとんどは,散文による諷刺作品と同様,風俗詩や社交詩,とりわけ皮肉,嘲笑,ブラック・ユーモアなどを交えた諷刺詩である。さらに,スカトロジカルな「女性嫌悪詩」まで書いている。だが彼の最初期の詩は,特定個人の美徳や功績を褒め称えた「真面目」な頌詩であり,のちの詩篇とは内容的にも形式的にも大きく異なっている。本稿は,サー・ウィリアム・テンプルの秘書をしていたムーア・パーク時代の若きスウィフトが,何ゆえに自身の好みや気質からかけ離れた頌詩を書いたのか,その理由と詩作の背景を,エイブラハム・カウリーやテンプルの影響と関わらせながら考察する。
キーワード ジョナサン・スウィフト エイブラハム・カウリー サー・ウィリアム・テンプル 頌詩
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2018-7-27
168巻
出版者 岡山大学大学院教育学研究科
出版者(別表記) Graduate School of Education, Okayama University
開始ページ 59
終了ページ 69
ISSN 1883-2423
NCID AA12338258
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 6
Eprints Journal Name bgeou
タイトル(別表記) Fundamental Study of Relation between Observation and Drawing (Part5) : Hypothesis of the Relationship between two Observations and Current Art Education and Observation
フルテキストURL bgeou_168_049_057.pdf
著者 清田 哲男|
抄録 本稿は,「観察と描画表現との関係についての基礎研究」の継続研究である。本研究は,学校教育での図画工作科,美術科での児童・生徒の活動のねらい等を明確にするために,観察と描画表現との関係について考察するものである。 本稿では,これまでの「観察と描画表現との関係についての基礎研究」の成果を踏まえ,現在の児童・生徒の「観察」の捉え方の仮説と,仮説に応じた美術教育の在り方について考察する。
キーワード 観察 描画表現 自然観 美術教育
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2018-7-27
168巻
出版者 岡山大学大学院教育学研究科
出版者(別表記) Graduate School of Education, Okayama University
開始ページ 49
終了ページ 57
ISSN 1883-2423
NCID AA12338258
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 5
Eprints Journal Name bgeou
タイトル(別表記) Arguments over Educational Relationship in Moral Class around 1950-60’s
フルテキストURL bgeou_168_039_048.pdf
著者 小林 万里子|
抄録 本稿では,教育的関係をめぐる言説について,道徳教育に携わる教師のあり方に言及した1950 ~ 60 年代の論考を取り上げて検討した。「道徳の時間」特設前後には,学級や学校の雰囲気づくり,共感的な子ども理解,教師の姿による感化,子どもへの愛情や教師としての使命感,教職の専門性などが主張されたことが明らかになった。道徳授業における「教師−児童生徒」関係への言及が少なかったのは,学校の教育活動全体を通じておこなう道徳教育を重視した全面・特設主義の影響によるものと考えられる。
キーワード 道徳の時間 教師像 子ども理解 全面・特設主義
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2018-7-27
168巻
出版者 岡山大学大学院教育学研究科
出版者(別表記) Graduate School of Education, Okayama University
開始ページ 39
終了ページ 48
ISSN 1883-2423
NCID AA12338258
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 4
Eprints Journal Name bgeou
タイトル(別表記) Modern Japan Seen by People from Other Countries: The Case of Benjamin Stone from England in 1891
フルテキストURL bgeou_168_011_037.pdf
著者 梶井 一暁|
抄録 近代日本に残る近世的伝統とその刷新としての西洋化が混交ないしは相克する位相は,他者としての外国人の目線をそこに投じるとき,より浮き彫りになる側面がある。19 世紀末,近代初期の日本において,どのような文化や伝統をめぐる変化が進みつつあったのか。本稿では,イギリス人旅行写真家のベンジャミン・ストーンが1891 年の日本滞在時,本国の家族らに宛てた手紙を検討し,彼が語る日本で得た経験と観察の内容を考察する。
キーワード 近代日本 ベンジャミン・ストーン 手紙 伝統 変化
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2018-7-27
168巻
出版者 岡山大学大学院教育学研究科
出版者(別表記) Graduate School of Education, Okayama University
開始ページ 11
終了ページ 37
ISSN 1883-2423
NCID AA12338258
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 3
Eprints Journal Name bgeou
タイトル(別表記) A Historical Study on Teacher Training System in Modern China
フルテキストURL bgeou_168_001_009.pdf
著者 尾上 雅信| 梶井 一暁| 奥河 明子| 那 宇晗|
抄録  本稿は近代世界における教員養成の思想と制度の比較研究の一環として,近代中国,具体的には中華民国期における近代的な教員養成制度の発展について取り上げ,まずはこれを対象とした日本における先行研究を整理し梗概を示し,あわせて清末期から中華人民共和国建国に至る近代中国における教員養成制度発展の歴史的特徴を検討した。清末から中華民国初期の学校制度や教員養成制度の構築にあたっては当時の日本の影響が強く認められるものの,やがてアメリカの新しい思想と制度から多くの影響を受けつつ近代化が模索されていたのである。
キーワード 教員養成 教育史 近代中国
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2018-7-27
168巻
出版者 岡山大学大学院教育学研究科
出版者(別表記) Graduate School of Education, Okayama University
開始ページ 1
終了ページ 9
ISSN 1883-2423
NCID AA12338258
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 2
Eprints Journal Name bgeou
タイトル(別表記) Der Entwurf Friedrich Schinkels zur Aufstellung der Gemälde im Alten Museum Berlin
フルテキストURL elcr_037_021_035.pdf
著者 三井 麻央|
抄録 Dieser Aufsatz behandelt die Anordnung der Gemälde im Alten Museum Berlin bei seiner Eröffnung im Jahr 1830. Damals vertraten die Teilnehmer der Kommission zur Einrichtung des Museums sehr unterschiedliche Meinungen über die mögliche Aufhängung der Exponate. Das Alte Museum Berlin war eines der ersten Museen in Deutschland und es gab damals noch keine grundsätzlichen Empfehlungen oder Vorgaben zur Anordnung von Kunstwerken. In diesem Zusammenhang sind bisher vor allem die Bemerkungen des Vorsitzenden der Kommission, Wilhelm von Humboldt, mit Blick auf seine Sprachphilosophie untersucht worden. Der Schwerpunkt der folgenden Betrachtung liegt auf der von dem Architekten des Museums, Karl Friedrich Schinkel, vertretenen Auffassung zur Anordnung der Ausstellungsstücke. Dabei soll nicht nur die Kunstanschauung Schinkels selbst, sondern auch die Bedeutung des Museums als moderne Institution Berlins berücksichtigt werden. Einer Vorlesung des Archäologen Aloys Hirt im Jahr 1797 ist zu entnehmen, dass er das Museum besonders für Künstler und Wissenschaftler einrichten wollte. Er betrachtete ein Museum als ein Institut, das dazu dienen sollte, den Geschmack von Künstlern und Fachleuten auszubilden und die Industrie Preußens zu entwickeln. Dagegen hielten Schinkel und der Kunsthistoriker Friedrich Waagen, deren Vorschläge erst 1828 geäußert wurden, es vielmehr für wichtig, dem „Publikum“ Kenntnisse über Kunstgeschichte zu vermitteln. Dem Entwurf von Schinkel und Waagen fügten Humboldt und der Kunsthistoriker Carl Friedrich von Rumohr ein Gutachten über ästhetische Aspekte hinzu. Obwohl Humboldts und Rumohrs Vorschläge für die Aufhängung der Gemälde sich von denen Schinkels und Waagens unterschieden, spielte Schinkels Architektur des Museumsgebäudes eine wichtige Rolle dabei, die Ziele beider Seiten zu verwirklichen. Der Aufsatz kommt zu dem Schluss, dass das Alte Museum für Schinkel nicht nur Ausdruck seiner Verehrung für die Antike war, wie oft gesagt wird, sondern auch ein Mittel darstellte, das Publikum des 19. Jahrhunderts durch kunstgeschichtliche Kenntnisse mit der Antike zu verbinden.
出版物タイトル ヨーロッパ言語文化研究
発行日 2018
37巻
出版者 岡山大学文学部言語文化学科ヨーロッパ言語文化論講座
開始ページ 21
終了ページ 35
ISSN 13462725
NCID AA11557595
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/fest/52229
タイトル(別表記) Material design for the ceramics coating with high mold releasability by using molecular orbital calculations
フルテキストURL fest_019_022_025.pdf
著者 難波 徳郎| 藤原 二朗| 崎田 真一| 紅野 安彦|
抄録  To explore the ceramic materials appropriate for the coatings with high mold releasability, molecular orbital (MO) calculations have been applied to the ceramics with NaCl structure, such as TiN, TiC, CrN, etc. Chemical bonding characters were evaluated based on the MO calculations, which were correlated to the experimental surface free energy. The dispersion and polar components of surface free energy indicated high correlation with the bond overlap population of the surface bonds and the net charge of inside atoms of the cluster models, respectively. Among the ceramic materials investigated, MoN had the lowest surface free energy, being expected to be most suitable as the ceramic coating material with high releasability
キーワード Material design Ceramic coating Releasability Molecular orbital calculation
備考 研究論文 環境物質工学科
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2014-03
19巻
1号
出版者 岡山大学環境理工学部
出版者(別表記) Faculty of Environmental Science and Technology, Okayama University
開始ページ 22
終了ページ 25
ISSN 2187-6940
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005394644
Sort Key 5
Eprints Journal Name fest
JaLCDOI 10.18926/fest/52228
フルテキストURL fest_019_008_021.pdf
著者 Ichiminami, Fumikazu| Dinçsoy, Meltem Okur| Dinçsoy, Enver Erdinç|
抄録  In this study, we examined the change of rice cultivation in consideration of the global warming. In Japan, rice which is suitable for subtropical zone is grown even in an environment of cool-temperate climate. Since the rice varieties that resist of cold weather have been developed, rice cultivation spread to north parts of the country gradually. Land productivity of rice has also improved markedly. As a result, northern Japan became the main producer of rice. Now, taking not only crop production but also the landscape formation and preservation of the natural environment into account, we should think about the rural society from different aspects.
キーワード Global warming rice cultivation varieties acreage yield Japan
備考 研究論文 環境管理工学科
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2014-03
19巻
1号
出版者 岡山大学環境理工学部
出版者(別表記) Faculty of Environmental Science and Technology, Okayama University
開始ページ 8
終了ページ 21
ISSN 2187-6940
資料タイプ 紀要論文
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120005394643
Sort Key 4
Eprints Journal Name fest
JaLCDOI 10.18926/fest/52227
タイトル(別表記) Numerical Evaluation of the Approximation by an Influence Function
フルテキストURL fest_019_001_007.pdf
著者 包 紅梅| 笛田 薫|
抄録 For evaluating statistical models one of the most effective criteria is cross-validation. But it requires a large amount of computation. Various alternative schemes are considered to reduce its computation. Modified generalized information criterion is one of those alternative schemes. In this criterion an influence function is used to estimate the parameters of the models. By the numerical simulation we studied the effect of an influence function.  Surveying data of the lake depth are used as the sample data. We estimate the shape of lake bottom as spline surface. The estimated parameters and the estimated depths obtained by two criteria are compared and the effect of an information function is analysed.
キーワード influence function information criteria CV mGIC B-spline
備考 研究論文 環境数理学科
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2014-03
19巻
1号
出版者 岡山大学環境理工学部
出版者(別表記) Faculty of Environmental Science and Technology, Okayama University
開始ページ 1
終了ページ 7
ISSN 2187-6940
資料タイプ 紀要論文
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120005394642
Sort Key 3
Eprints Journal Name fest
JaLCDOI 10.18926/fest/49347
フルテキストURL fest_018_001_017.pdf
著者 Ichiminami, Fumikazu| Dincsoy, Enver Erdinc|
抄録 In Japan, the number of full-time farm households had continued to decrease since the latter half of 20th century. The number of part-time households has been also decreasing remarkably in the last twenty years. Cultivated acreage also aligned with these tendencies and it has decreased. As a result, the farmland which is not cultivated increased and it may also grow into a social problem. Therefore, the present condition and future view of Japanese agriculture was elaborately examined in the study by analyzing the transition of non-cultivated arable lands from a historical perspective.
キーワード Non-cultivated arable land part-time farm households non-farm households Japan
備考 研究論文 環境管理工学科
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2013-03
18巻
1号
出版者 岡山大学環境理工学部
出版者(別表記) Faculty of Environmental Science and Technology, Okayama University
開始ページ 1
終了ページ 17
ISSN 2187-6940
資料タイプ 紀要論文
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120005232375
Sort Key 3
Eprints Journal Name fest