タイトル(別表記) Der Entwurf Friedrich Schinkels zur Aufstellung der Gemälde im Alten Museum Berlin
フルテキストURL elcr_037_021_035.pdf
著者 三井 麻央|
抄録 Dieser Aufsatz behandelt die Anordnung der Gemälde im Alten Museum Berlin bei seiner Eröffnung im Jahr 1830. Damals vertraten die Teilnehmer der Kommission zur Einrichtung des Museums sehr unterschiedliche Meinungen über die mögliche Aufhängung der Exponate. Das Alte Museum Berlin war eines der ersten Museen in Deutschland und es gab damals noch keine grundsätzlichen Empfehlungen oder Vorgaben zur Anordnung von Kunstwerken. In diesem Zusammenhang sind bisher vor allem die Bemerkungen des Vorsitzenden der Kommission, Wilhelm von Humboldt, mit Blick auf seine Sprachphilosophie untersucht worden. Der Schwerpunkt der folgenden Betrachtung liegt auf der von dem Architekten des Museums, Karl Friedrich Schinkel, vertretenen Auffassung zur Anordnung der Ausstellungsstücke. Dabei soll nicht nur die Kunstanschauung Schinkels selbst, sondern auch die Bedeutung des Museums als moderne Institution Berlins berücksichtigt werden. Einer Vorlesung des Archäologen Aloys Hirt im Jahr 1797 ist zu entnehmen, dass er das Museum besonders für Künstler und Wissenschaftler einrichten wollte. Er betrachtete ein Museum als ein Institut, das dazu dienen sollte, den Geschmack von Künstlern und Fachleuten auszubilden und die Industrie Preußens zu entwickeln. Dagegen hielten Schinkel und der Kunsthistoriker Friedrich Waagen, deren Vorschläge erst 1828 geäußert wurden, es vielmehr für wichtig, dem „Publikum“ Kenntnisse über Kunstgeschichte zu vermitteln. Dem Entwurf von Schinkel und Waagen fügten Humboldt und der Kunsthistoriker Carl Friedrich von Rumohr ein Gutachten über ästhetische Aspekte hinzu. Obwohl Humboldts und Rumohrs Vorschläge für die Aufhängung der Gemälde sich von denen Schinkels und Waagens unterschieden, spielte Schinkels Architektur des Museumsgebäudes eine wichtige Rolle dabei, die Ziele beider Seiten zu verwirklichen. Der Aufsatz kommt zu dem Schluss, dass das Alte Museum für Schinkel nicht nur Ausdruck seiner Verehrung für die Antike war, wie oft gesagt wird, sondern auch ein Mittel darstellte, das Publikum des 19. Jahrhunderts durch kunstgeschichtliche Kenntnisse mit der Antike zu verbinden.
出版物タイトル ヨーロッパ言語文化研究
発行日 2018
37巻
出版者 岡山大学文学部言語文化学科ヨーロッパ言語文化論講座
開始ページ 21
終了ページ 35
ISSN 13462725
NCID AA11557595
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
タイトル(別表記) Die Brautbriefe von Sigmund Freud und Martha Bernays (5) : Freuds persönliches Liebesleben als Grundlage der Psychoanalyse
フルテキストURL jfl_069_(001)_(018).pdf
著者 金関 猛|
出版物タイトル 岡山大学文学部紀要
発行日 2018-06-29
69巻
出版者 岡山大学文学部
出版者(別表記) Faculty of Letters Okayama University
開始ページ (1)
終了ページ (18)
ISSN 0285-4864
NCID AN00228811
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 6
Eprints Journal Name jfl
タイトル(別表記) What Are Little Worlds Made of ? : White New York Mandala as Described by Paul Auster
フルテキストURL jfl_069_033_047.pdf
著者 中谷 ひとみ|
出版物タイトル 岡山大学文学部紀要
発行日 2018-06-29
69巻
出版者 岡山大学文学部
出版者(別表記) Faculty of Letters Okayama University
開始ページ 33
終了ページ 47
ISSN 0285-4864
NCID AN00228811
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 4
Eprints Journal Name jfl
タイトル(別表記) Report on the Death of Norihide Abe in China
フルテキストURL jfl_069_019_032.pdf
著者 姜 克實|
出版物タイトル 岡山大学文学部紀要
発行日 2018-06-29
69巻
出版者 岡山大学文学部
出版者(別表記) Faculty of Letters Okayama University
開始ページ 19
終了ページ 32
ISSN 0285-4864
NCID AN00228811
資料タイプ 紀要論文
言語 Chinese
論文のバージョン publisher
Sort Key 3
Eprints Journal Name jfl
タイトル(別表記) Revealing the Truth of the YANSUYA and HUANGTULING Records
フルテキストURL jfl_069_001_018.pdf
著者 姜 克實|
出版物タイトル 岡山大学文学部紀要
発行日 2018-06-29
69巻
出版者 岡山大学文学部
出版者(別表記) Faculty of Letters Okayama University
開始ページ 1
終了ページ 18
ISSN 0285-4864
NCID AN00228811
資料タイプ 紀要論文
言語 Chinese
論文のバージョン publisher
Sort Key 2
Eprints Journal Name jfl
タイトル(別表記) An Empirical Study of Social Skill's Impact on Career Decision Making
フルテキストURL BPEB_17_34.pdf
著者 町田 尚史| 開本 浩矢|
抄録  本研究はソーシャルスキル、進路選択能力および進路選択自己効力感(CDMSE)の関係性について定量調査に基づき分析している。先行研究では、進路決定および進路不決断を規定する要因について議論されてきたが、ソーシャルスキル、進路選択能力、CDMSE の3 要因を取り上げて分析した研究は非常にまれであった。対人関係能力を進路決定の現場では重視しているにもかかわらず、ソーシャルスキルと進路選択との関係性は未解明であった。本研究では、国立大学の大学生44 名を対象にサーベイ調査を実施した。調査結果をBandura による自己効力感理論をベースに定量分析したところ、ソーシャルスキルは進路選択能力およびCDMSE にポジティブな影響を及ぼすことが明らかになった。また、ソーシャルスキルは進路選択能力を媒介して、CDMSE を向上させることも確認された。分析結果からキャリア教育において、対人関係能力を高めるプログラムを導入することが大学生の進路選択行動を促進する効果があるという実践的示唆が得られた。
抄録(別表記)  The purpose of this study is to investigate the relation between social skill, career decision making abilities, and career decision making self-efficacy (CDMSE) using statistical analysis.Although prior research discussed whether people can or not decide their own career and its factor that promote career decision making, the relation between social skill, career decision making abilities and CDMSE is rarely investigated. A questionnaire survey of 44 undergraduate students of Japanese national university was conducted. We analyzed the relation quantitively based on Bandura’s self-efficacy theory. We found that social skill promotes career decision making abilities and CDMSE directly and career decision making abilities partially mediate between social skill and CDMSE. Finally, we discussed theoretical and practical implications and addressed future research.
キーワード ソーシャルスキル (social skill) 進路選択自己効力感 ( career decision making self-efficacy) CDMSE キャリア教育 (career education) 進路選択 (career decision making)
備考 JEL分類番号:M12、M51、M54 Discussion Paper 17-34 本研究はJSPS科研費 15K03664, 15K03710, 17K03928 の助成を受けたものである
出版物タイトル Discussion Papers In Economics And Business Graduate School of Economics and Osaka School of International Public Policy (OSIPP) Osaka University
発行日 2017-12
出版者 Graduate School of Economics and Osaka School of International Public Policy (OSIPP), Osaka University
開始ページ 1
終了ページ 14
資料タイプ 紀要論文
関連URL isVersionOf http://www2.econ.osaka-u.ac.jp/library/global/dp/1734.pdf
言語 Japanese
著作権者 https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
論文のバージョン publisher
著者 藤沢 徹也|
備考 This fulltext will be available in Apr 2019
出版物タイトル Persica
発行日 2018-03-31
45巻
出版者 岡山英文学会
出版者(別表記) English Literary Society of Okayama
開始ページ 43
終了ページ 53
ISSN 0389-7788
NCID AN00004450
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 5
Eprints Journal Name persica
著者 金城 博之|
備考 This fulltext will be available in Apr 2019
出版物タイトル Persica
発行日 2018-03-31
45巻
出版者 岡山英文学会
出版者(別表記) English Literary Society of Okayama
開始ページ 29
終了ページ 41
ISSN 0389-7788
NCID AN00004450
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 4
Eprints Journal Name persica
著者 松浦 芙佐子|
備考 This fulltext will be available in Apr 2019
出版物タイトル Persica
発行日 2018-03-31
45巻
出版者 岡山英文学会
出版者(別表記) English Literary Society of Okayama
開始ページ 15
終了ページ 28
ISSN 0389-7788
NCID AN00004450
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 3
Eprints Journal Name persica
著者 小迫 勝|
備考 本稿は、第39回岡山英文学会(2016年10月8日開催)において特別講演した内容に加筆したものである。 This fulltext will be available in Apr 2019
出版物タイトル Persica
発行日 2018-03-31
45巻
出版者 岡山英文学会
出版者(別表記) English Literary Society of Okayama
開始ページ 1
終了ページ 14
ISSN 0389-7788
NCID AN00004450
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 2
Eprints Journal Name persica
タイトル(別表記) Bulletin of Archaeological Research Center Okayama University 2016
フルテキストURL barc_2016.pdf
著者 山口 雄治| 山本 悦世| 鈴木 茂之| 岩﨑 志保| 白石 純| 南 健太郎| 野崎 貴博| 佐藤 朗| 二宮 和彦|
出版物タイトル 岡山大学埋蔵文化財調査研究センター紀要
発行日 2018-03-28
2016巻
出版者 岡山大学埋蔵文化財調査研究センター
出版者(別表記) Archaeological Research Center, Okayama University
NCID AA11868085
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 1
Eprints Journal Name barc
Pages 86
フルテキストURL kokugo_32_(1)_(12).pdf
著者 又吉 里美|
出版物タイトル 岡山大学国語研究
発行日 2018-03-20
32巻
出版者 岡山大学教育学部国語研究会
開始ページ (1)
終了ページ (12)
ISSN 2189-5414
NCID AN10178265
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 5
Eprints Journal Name kokugo
フルテキストURL kokugo_32_(13)_(25).pdf
著者 岡 実咲|
出版物タイトル 岡山大学国語研究
発行日 2018-03-20
32巻
出版者 岡山大学教育学部国語研究会
開始ページ (13)
終了ページ (25)
ISSN 2189-5414
NCID AN10178265
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 4
Eprints Journal Name kokugo
フルテキストURL kokugo_32_016_028.pdf
著者 小出 真規|
出版物タイトル 岡山大学国語研究
発行日 2018-03-20
32巻
出版者 岡山大学教育学部国語研究会
開始ページ 16
終了ページ 28
ISSN 2189-5414
NCID AN10178265
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 3
Eprints Journal Name kokugo
フルテキストURL kokugo_32_001_015.pdf
著者 木村 功|
出版物タイトル 岡山大学国語研究
発行日 2018-03-20
32巻
出版者 岡山大学教育学部国語研究会
開始ページ 1
終了ページ 15
ISSN 2189-5414
NCID AN10178265
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 2
Eprints Journal Name kokugo
JaLCDOI 10.18926/OLR/55836
タイトル(別表記) Okayama Prefecture Soja City HIKIKOMORI Support Center “One Touch” : Background of Establishment and its Achievement
フルテキストURL olr_020_129_138.pdf
著者 佐々木 恵|
備考 権利擁護研究会 (Okayama Advocacy Research Group)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2018-03
20巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 129
終了ページ 138
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 13
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/55835
タイトル(別表記) Issues of the Master Plan for Promotion of Utilization of Adult Guardianship
フルテキストURL olr_020_107_127.pdf
著者 上山 泰|
備考 権利擁護研究会 (Okayama Advocacy Research Group)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2018-03
20巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 107
終了ページ 127
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 12
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/55834
タイトル(別表記) Wildlife and State Tort Liability Law
フルテキストURL olr_020_089_106.pdf
著者 吉野 夏己|
備考 岡山行政法実務研究会 (Okayama Administrative Law Research Group) 特集「有害鳥獣とどう向き合うか」 (How We Approach Injurious Wildlife Matters?)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2018-03
20巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 89
終了ページ 106
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 11
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/55833
タイトル(別表記) Legal Consideration on Damages of Wild Animals
フルテキストURL olr_020_081_087.pdf
著者 津田 真臣|
備考 岡山行政法実務研究会 (Okayama Administrative Law Research Group) 特集「有害鳥獣とどう向き合うか」 (How We Approach Injurious Wildlife Matters?)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2018-03
20巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 81
終了ページ 87
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 10
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/55832
タイトル(別表記) The Overview of Protection and Control of Wild Birds and  Mammals and Hunting Management Law
フルテキストURL olr_020_073_079.pdf
著者 吉鶴 直斗|
備考 岡山行政法実務研究会 (Okayama Administrative Law Research Group) 特集「有害鳥獣とどう向き合うか」 (How We Approach Injurious Wildlife Matters?)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2018-03
20巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 73
終了ページ 79
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 9
Eprints Journal Name olr