このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15561
JaLCDOI
Sort Key
4
タイトル(別表記)
CHEMICAL STUDIES ON MISASA HOT SPRING (17) RADIUM B CONTENT AND ITS MEASURING METHOD.
フルテキストURL
著者
芦沢 峻 岡山大学温泉研究所化学部
抄録
With a newly devised method of Ra. B determination using Dithizone extraction the author measured the Ra. B contents of Misasa and Sekigane Hot Springs. This method is applicable to the weakly radioactive waters. Radium B content of Misasa Hot Spring rangeS from 3.0 to 7.2×10(-9) Curie units per liter and the distance of its radon soure from the issuing point was estimated to be 3-25土5 minutes.
出版物タイトル
岡山大学温泉研究所報告
発行日
1952-03
6巻
出版者
岡山大学温泉研究所
出版者(別表記)
Institute for Thermal Spring Research, Okayama University
開始ページ
12
終了ページ
14
ISSN
0369-7142
NCID
AN00032853
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc