著者 岡山大学環境理工学部|
発行日 2014-03
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
19巻
1号
資料タイプ その他
著者 岡山大学環境理工学部|
発行日 2014-03
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
19巻
1号
資料タイプ その他
著者 岡山大学環境理工学部|
発行日 2014-03
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
19巻
1号
資料タイプ その他
著者 岡山大学環境理工学部|
発行日 2014-03
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
19巻
1号
資料タイプ その他
著者 岡山大学環境理工学部|
発行日 2014-03
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
19巻
1号
資料タイプ その他
著者 岡山大学環境理工学部|
発行日 2014-03
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
19巻
1号
資料タイプ その他
著者 岡山大学環境理工学部|
発行日 2014-03
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
19巻
1号
資料タイプ その他
JaLCDOI 10.18926/fest/52229
タイトル(別表記) Material design for the ceramics coating with high mold releasability by using molecular orbital calculations
フルテキストURL fest_019_022_025.pdf
著者 難波 徳郎| 藤原 二朗| 崎田 真一| 紅野 安彦|
抄録  To explore the ceramic materials appropriate for the coatings with high mold releasability, molecular orbital (MO) calculations have been applied to the ceramics with NaCl structure, such as TiN, TiC, CrN, etc. Chemical bonding characters were evaluated based on the MO calculations, which were correlated to the experimental surface free energy. The dispersion and polar components of surface free energy indicated high correlation with the bond overlap population of the surface bonds and the net charge of inside atoms of the cluster models, respectively. Among the ceramic materials investigated, MoN had the lowest surface free energy, being expected to be most suitable as the ceramic coating material with high releasability
キーワード Material design Ceramic coating Releasability Molecular orbital calculation
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2014-03
19巻
1号
開始ページ 22
終了ページ 25
ISSN 2187-6940
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005394644
JaLCDOI 10.18926/fest/52228
フルテキストURL fest_019_008_021.pdf
著者 Ichiminami, Fumikazu| Dinçsoy, Meltem Okur| Dinçsoy, Enver Erdinç|
抄録  In this study, we examined the change of rice cultivation in consideration of the global warming. In Japan, rice which is suitable for subtropical zone is grown even in an environment of cool-temperate climate. Since the rice varieties that resist of cold weather have been developed, rice cultivation spread to north parts of the country gradually. Land productivity of rice has also improved markedly. As a result, northern Japan became the main producer of rice. Now, taking not only crop production but also the landscape formation and preservation of the natural environment into account, we should think about the rural society from different aspects.
キーワード Global warming rice cultivation varieties acreage yield Japan
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2014-03
19巻
1号
開始ページ 8
終了ページ 21
ISSN 2187-6940
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120005394643
JaLCDOI 10.18926/fest/52227
タイトル(別表記) Numerical Evaluation of the Approximation by an Influence Function
フルテキストURL fest_019_001_007.pdf
著者 包 紅梅| 笛田 薫|
抄録 For evaluating statistical models one of the most effective criteria is cross-validation. But it requires a large amount of computation. Various alternative schemes are considered to reduce its computation. Modified generalized information criterion is one of those alternative schemes. In this criterion an influence function is used to estimate the parameters of the models. By the numerical simulation we studied the effect of an influence function.  Surveying data of the lake depth are used as the sample data. We estimate the shape of lake bottom as spline surface. The estimated parameters and the estimated depths obtained by two criteria are compared and the effect of an information function is analysed.
キーワード influence function information criteria CV mGIC B-spline
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2014-03
19巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 7
ISSN 2187-6940
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120005394642
著者 岡山大学環境理工学部|
発行日 2014-03
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
19巻
1号
資料タイプ その他
著者 岡山大学環境理工学部|
発行日 2014-03
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
19巻
1号
資料タイプ その他