このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48342
フルテキストURL
著者
柳原 正文 岡山大学
抄録
5-25歳の健常児・者72名を対象に, 三種の弁別課題条件下でP300潜時の加齢変化 の過程を比較した.P300潜時は14歳頃までに急速な短縮を示したが, その短縮速度は課題間 で異なっていた.5-14歳の年間平均短縮速度は,単語弁別の左右釦押し反応を求めた場合17 ms,go-nogo反応では16msであったのに対し, 色弁別の左右選択反応課題では28msであっ た.潜時がもっとも短縮する年齢を二次回帰式から予測すると,単語課題が26歳(28歳)に対 し, 色課題では19歳と5年以上の開きが認められた.加齢に伴う潜時の変化は提示課題によっ て異なることを指摘するとともに, この変化には刺激処理機構の発達が表現されることを考察し た.
キーワード
事象関連電位
P300
加齢変化
発達診断
備考
岡山大学学位論文博乙第2920号
発行日
1995-07
出版物タイトル
脳と発達
27巻
4号
開始ページ
276
終了ページ
281
ISSN
0029-0831
NCID
AN0020232X
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/metadata/6403
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
不明