このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15846
Eprint ID
15846
フルテキストURL
Thumnail 100_31.pdf 1.73 MB
タイトル(別表記)
Effects of pneumoperitoneum on the vectorcardiogram obtained with the Frank lead system
著者
寺坂 律子 岡山大学第一内科学教室
山成 洋 岡山大学第一内科学教室
戸川 潤一郎 岡山大学第一内科学教室
井原 敬子 岡山大学第一内科学教室
小曳 直樹 岡山大学第一内科学教室
萩原 英紀 岡山大学第一内科学教室
松野 繁 岡山大学第一内科学教室
松原 堅 岡山大学第一内科学教室
山田 信行 岡山大学第一内科学教室
吉田 英紀 岡山大学第一内科学教室
斎藤 大冶 岡山大学第一内科学教室
原岡 昭一 岡山大学第一内科学教室
辻 孝夫 岡山大学第一内科学教室
抄録
Vectorcardiograms were recorded with the Frank lead system during laparoscopy. Pneumoperitoneum produced the following significant vectorcardiographic changes: (1) The maximum spatial QRS vector increased in magnitude and shifted horizontally and slightly anteriorly. (2) The L/W ratio of the frontal QRS loop decreased. (3) The scalar data of each X, Y, Z lead of the QRS loop increased. In particular, the increases in R of all three leads and in S of lead Z were significant. These results suggest that the changes in the cardiac anatomic position due to lift of the diaphragma and a decrease of left ventricular end-diastolic volume might produce these vectorcardiographic changes during laparoscopy.
キーワード
腹腔鏡検査
vectorcardiogram
pneumoperitoneum
発行日
1988
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
100巻
1-2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
31
終了ページ
36
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/100/1-2/100_1-2_31/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma