このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14385
Eprint ID
14385
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Problem in the psychosocial development of child who receives child abuse
著者
永冨 徹志 岡山大学大学院教育学研究科
東條 光彦 岡山大学大学院教育学研究科
抄録
本研究は、虐待が与える影響について心理社会的発達の観点から検討を行った。幼児を対象とした調査の結果から、虐待環境から分離し安定した養育環境を与えることによって急激に発達が促される傾向がみられた。さらに、典型的事例の経過観察より、運動能力や生活習慣はほぼ年齢相応にまで回復したが、言語能力や対人面での課題が残っており、いわゆる可塑性については領域によって差があることが示唆された。今後は虐待環境で育った児童の発達の可能性と問題点を明らかにし、被虐待児童のケアを考える上での視点として取り入れていくべきと思考された。
抄録(別表記)
The purpose of this study is to examine the influence to the psychocosial development by child abuse. From the result that an ill-treated chidl was divided by a family, the toddler development tended to recover rapidly by rescuing the infant from child abuse. Furthermore, as a result of follow-up study of a typical case, neither linguistic competence nor the interpersonal relationships have recovered even to the age and the same though moving ability and the life skill almost recovered even to the age and the same. It was suggested that a development difference occurred by afea.
キーワード
児童虐待 (Child abuse)
発達 (Development)
可塑性 (Plasticity)
幼児期 (Infant)
発行日
2007-03-10
出版物タイトル
岡山大学教育実践総合センター紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
7巻
1号
出版者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
出版者(別表記)
Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
開始ページ
135
終了ページ
143
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
rdc