このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14140
Eprint ID
14140
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Essai sur la Reforme de la Formation des Instituteurs en la Troisieme Republique (5)
著者
尾上 雅信 岡山大学大学院教育学研究科 学校教育学系
抄録
本稿では,1879年師範学校設置法の成立過程について,上院における審議の後半部分をとりあげ,概要をまとめるとともに,とくに改革立案・推進主体の言説の特徴を考察した。具体的には,①法案反対論の演説,②法案を支持する公教育大臣の演説,③逐条審議における修正案の内容と提案理由の内容,の3点について概要を示し,それぞれの特徴を検討した。②のジュール・フェリーの演説からは,師範学校の教育の特質を「教授法の教育」「附属学校」での実習を中核とする「教育学的教育」の充実に置いたもので,改革立案・推進主体の構想を具体的に示すものであったことが,あきらかとなった。これらの論議の後,本法案は上院においては修正されることなく可決され,これをもって1879年師範学校設置法は法制的に成立したのであった。
キーワード
第三共和政
師範学校
ジュール・フェリー
教育学
附属学校
発行日
2008-10-25
出版物タイトル
岡山大学教育学部研究集録
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Faculty of Education, Okayama University
139巻
1号
出版者
岡山大学教育学部
出版者(別表記)
Faculty of Education, Okayama University
開始ページ
7
終了ページ
15
ISSN
0471-4008
NCID
AN00032875
資料タイプ
紀要論文
関連URL
http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/13295/
http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/12270/
http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/11182/
http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/10992/
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
bgeou