このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11182
Eprint ID
11182
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Essai sur la Re'forme de la Formation des Instituteurs en la Troisie'me Re'publique (2)
著者
尾上 雅信 岡山大学
抄録
本稿では、1879年師範学校設置法の成立過程について、下院にその骨子を提案した検討委員会の報告(ポール・ベール報告)の概要と特質、ならびにその報告を受けて行なわれた下院における第一回の審議の概要と結果について考察した。ポール・ベール報告は男女の師範学校の設置を各県に義務づけるとともにその実施方策として各県の初等教育事業に関わる特別税で負担する原則を明確にするものであり、その論議過程では各師範学校に附属周学校の付設を義務づける修正案が提案されたことも強調するものであった。その後の第一回審議では、既に設置されることが決定していた女子師範学校のために、委員会提案の法案が暫定的に可決されたのであった。
キーワード
第三共和政
師範学校
教員養成
ポール・ベール
発行日
2007-06-25
出版物タイトル
岡山大学教育学部研究集録
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Faculty of Education, Okayama University
135巻
1号
出版者
岡山大学教育学部
出版者(別表記)
Faculty of Education, Okayama University
開始ページ
147
終了ページ
154
ISSN
0471-4008
NCID
AN00032875
資料タイプ
紀要論文
関連URL
http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/14140/
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
bgeou