このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 10992
Eprint ID
10992
フルテキストURL
タイトル(別表記)
essai sur la Reforme de la Formation des Instituteurs en la Troisieme Republique
著者
尾上 雅信 岡山大学
抄録
本稿ではまず第一に、本研究課題にかかわる内外の先行研究のレビューを行った。その結果、フランスにおける近年の研究動向(問題関心)として、長期にわたり初等教員養成を独占してきた師範学校制度の完全廃止という現今の教員養成改革の背景となる伝統的師範学校体制の限界をあきらかにしようとする潮流を確認した。本稿もこの問題関心を継承しつつ、さらに歴史的に遡及して1879年師範学校設置法の成立過程に関する考察を行うための基礎作業の一環として1879年1月に議会(下院)に提出された法案とその提案理由報告をとりあげ、それらがその後の議会における法律審議の争点を生み出す端緒となったことをあきらかにした。
キーワード
第三共和政
教員養成改革
師範学校
ポール・ベール
発行日
2007-03
出版物タイトル
岡山大学教育学部研究集録
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Faculty of Education, Okayama University
134巻
1号
出版者
岡山大学教育学部
出版者(別表記)
Faculty of Education, Okayama University
開始ページ
11
終了ページ
18
ISSN
0471-4008
NCID
AN00032875
資料タイプ
紀要論文
関連URL
http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/14140/
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
bgeou