このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16806
Eprint ID
16806
フルテキストURL
Thumnail 94_509.pdf 1.57 MB
タイトル(別表記)
TWO CASES OF SPORADIC A TYPE ACUTE VIRAL HEPATITIS WITH ACUTE INTRAHEPATIC CHOLESTASIS
著者
小川 裕道 岡山大学第一内科
山田 剛太郎 岡山大学第一内科
福田 哲也 岡山大学第一内科
兵頭 一之介 岡山大学第一内科
西原 隆 岡山大学第一内科
水野 元夫 岡山大学第一内科
坂本 裕治 岡山大学第一内科
糸島 達也 岡山大学第一内科
長島 秀夫 岡山大学第一内科
抄録
Two cases (a 59-yr-old male and 41-yr-old male) of acute intrahepatic cholestasis in 66 sporadic A type hepatitis patients are presented. They were diagnosed as A type hepatitis by the elevation of IgM type antibody to hepatitis A virus using an HAVAB-M kit. Both cases developed jaundice with typical previous symptoms as the common cold. Serum transaminases returned to normal in 3 or 4 weeks from onset, but serum total bilirubin increased to 20.0mg/dl in the first case and to 17.2mg/dl in the second. Ultrasonography and computed tomography failed to show extrahepatic cholestasis, and corticosteroids were administered. The first case recovered in 2 months and the second case recovered in 4 hospital months. Laparoscopic examination on the second case, 4 months from onset, revealed green-colored liver with many depressions on the surface. Liver biopsy specimen showed the convalescent stage of acute hepatitis accompanied with acute intrahepatic cholestasis.
キーワード
散発性A型肝炎
急性肝内胆汁うつ滞
HAVAB-Mキット
発行日
1982-06-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
94巻
5-6号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
509
終了ページ
517
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/94/5-6/94_5-6_509/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma