このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14610
Eprint ID
14610
フルテキストURL
Thumnail 078_503.pdf 1.28 MB
著者
佐藤 泰雄 岡山赤十字病院第2外科
得能 恒夫 岡山赤十字病院第2外科
木村 穂積 岡山大学医学部第2外科
三原 康夫 岡山大学医学部第2外科
抄録
In Japanese literature only 15 cases of lipoid pneumonia have been found, including this one. Fifty-eight-year-old female was referred to Okayama Red-cross Hospital because of non-productive cough. Exploratory thoracotomy with working diagnosis of mediastihal tumor was done and revealed mediastinal type of squamous cell carcinoma in the lung, accompanied by lipoid pneumonia in the right lower lobe.
発行日
1966-05-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
78巻
4-5号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
503
終了ページ
508
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/78/4-5/78_4-5_503/_article/-char/ja/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma